人気ブログランキング |

2007年 01月 14日 ( 1 )

まる猫、血糖値検査結果

e0072264_19134992.jpg

血糖値検査のため昨日の朝から入院していたまる猫。
今日、病院開始時間の少し前に迎えに行った。
病院についてみると、入口に「本日、明日臨時休診」の札がかかっていた。
どうやら、先生が学会か何かで急用らしい。
ああ、それなのに昨日の晩はまる猫のために病院に泊り込みさせてしまった・・
本当にありがたいことである。

24時間の検査結果はまずまず順調であった。
昨日の朝、インスリン投与後2時間半の段階で、血糖値131。
今使用しているインスリンは、「ノボリンN」という物で、これは投与後8~12時間が最大作用発現なのだ。
だから、2時間半で131だと、その後もどんどん下がり低血糖になる恐れがあるかもしれない、と先生は考えたそうだ。
しかし、病院にいるストレスやまる猫の体調もあり、その後徐々に上がり、夜の注射の前には260になっていた。
ちょっとひっかかるのは、今日の朝390まで上がっていたこと。
夜は4単位と、朝の2倍の量のインスリンを投与しているにもかかわらずかなり高い。

素人ながら私が想像すると、まる猫君、夜は昼の緊張もありようやくぐっすりと寝た→目が覚めた→「あれ?ここはどこ?犬の声がする!あっ!またいつもの場所だ!うわーん、ぺりお~どこ~?」となって血糖値がぐーんと上昇したのではないかと・・・^_^;
看護師さんの話では、まる猫は犬たちの部屋とは別の広い部屋で、ゲージも広いのにして下さっているらしいが。V.I.P待遇みたい。良かったね~♪

まあとにかく、血糖値の推移もなだらかで、高いときもあるけれどおそらく家ではもう少し低いだろうから問題ありません、という事だ。低血糖発作の可能性も低いでしょうと。
ああ、良かった。まずは一安心。
もちろん、油断禁物だがこれからも注意深くみていこうと思う。

しかし毎度の事ながら、病院のにおいをぷんぷんさせて家に戻ってきた後のまる猫は、はち猫に思い切り嫌な顔をされ、猫パンチされたりしてちょっとかわいそう。はちは病院が大嫌いだから仕方ないけど・・
もうちょっといたわりなさい、はち猫君。

【入院の診療代】
再診代500円,入院代2000円,内服薬14日分4200円,血液検査(500×10)5000円,注射器(50×24本)1200円,インスリン1400円,尿試験紙(ウリエース)7000円
計22,365円(税込)
by nihaoperio | 2007-01-14 20:01 | まる糖尿病と闘うぞ!