NHK新語学講座。

あれ以来、中国語へ気持ちを向ける余裕が全くありませんが・・。

NHKの語学講座、新学期になりましたね。
去年は、前期・後期とも全く聴いていませんでしたが、今年はなんとなく景気づけに(?)聴いてみようかな、と。
どんよりとした気持ちの時に、本屋さんをのぞいたら色とりどりのテキストがずらーっと並んでいて、少し元気になったんですよ。
やはりテキストはこうでなきゃ!
いつぞやの全講座、色を統一するようなのは味気ないですもんね。

買ったテキストは4冊。

「まいにち中国語」 

応用編がビジネス会話で興味深かったから。
今週2回分聴いてみましたが、かなり好き。
ヒアリング鍛えるのに、今の私にちょうどいいかも。
わからない単語を調べれば聴きとれるかな、ぐらいのレベル。
「中国がわかる!ビジネススクール」というコーナーが画期的だと思います。
日本語だけど。

「テレビで中国語」

なんといっても藤原紀香だもん!
表紙の紀香さんの不自然な背中反らしポーズに目を奪われます。痛そう。
第1回目を見ましたが、うーん・・・。
今後に期待かな。いやでも多分見ない・・・かな?笑

「英語5分間トレーニング」

テキストの最初に書いてある、「効果的トレーニング法」が読みたかったから。
これを中国語でやってみようかと。
英語はやりませんー。んーんー。(ʃ◉ ◒ ◉)ʃ

「まいにちイタリア語」

これはねー、猫のイラストかわいかったから・・・。
猫がナビゲートしてくれるんですよ。
聴いてみたら、コーナーごとに「にゃー♪」とかいって。
応用編のイタリアのおいしい食べ物のエピソードがたまらなく美味しそうだし、面白いし、でちょっと今はまってます。
イタリア語を聞いてると、のびやかな明るい気持ちになるのがいいですね!
まあ、気まぐれですけどね。

ポケットプログレッシブ 伊和・和伊辞典 ハローキティ版

小学館


↑ひと月ちゃんと聴き続けることができたらこの辞書買う!


しかしまあ、自分のへたれっぷりにうんざりです。
震災で直接被災したわけでもないのに、やたら凹みがちで、毎日しんなりしております。
自分のキャパの狭さに今更ながら、あーあ・・です。
3月は長かった。
家族があれ以来全く休みなく働いてたり、義弟が仙台にこの時期転勤になったり、連絡がいまだつかない知り合いがいたり、電車が半分しか動かなくて毎日すし詰めだったり、計画停電予定でばたばたしたり、余震が毎日来たり、仕事がばったばたになったり、水が放射能汚染されてたり、物がなくなってたりー!
・・ってこんな事、首都圏の人はみんなそうだし、ひとりでくたくたになってるわけじゃないのに、ましてや被災者の方を思うと・・・。
ほんと情けないですわ。
とほほ。

でも頑張る。
[PR]
Commented by EKO at 2011-04-03 08:11 x
ぺりおちゃん、おはよ。
大人も、子供も恐怖がいろいろ残るよね。
中三の子でもうちの子も、ママ友のとこでも、
最初一緒の部屋で寝たり、手を握ったりしたよ。
不安がっているとお互い気持が滅入るから
心に悪い物はみないようにしたり、
友達と出掛けさせたりして、
気持ちの元気を心がけてる。

旦那は東北道が復旧してから2回岩手方面に仕事で行ったよ。
今もその2回目中。
両方お客さんの仕事なんだけど。

今、朝の電車ってまだいつもより少ないの?
私はあの後も昼しか乗らないから。
今、主に私立の学校はあの地震からずっと休みなのよね。
でも新学期から通常通りに戻るから、学生増えるよ。

日中や午前中に買い物出来ないぺりおちゃんは特に品薄感を感じるのだと思う。
今は奪い合いでは無いけど、
朝一に行くと結構ちゃんと並んではいる。
あと、スーパーによって結構違うんだよね。
Commented by nihaoperio at 2011-04-03 08:36
☆EKOちゃん
子供は特にショックが大きいだろうね。
私たちぐらいだと、阪神大震災も覚えてるから、人生2度目の・・っていうのがあるけど。
ほんと、TVや雑誌は不必要に衝撃的な部分を流し続けてるから、見せたくないよね。

おー、旦那様岩手かー。
私の職場でも東北復興支援に行く人が少しずつ出てきたよ。
まだライフラインが整ってないし、現地の様子は語りたくないほどショッキングみたいだし、なんと言葉をかけて送り出していいか悩む。
こんな時でも顧客優先なんだよね・・。
社員の生活よりも、まず顧客で、配給された物資もあらかた客先へあげちゃうから、相当社員はまいってるみたいよ。

電車、私は常磐線だから・・。
なんせ終点は東北地方なので、やっぱり5、6割くらいしか動かないの。
でもまあ、ピーク時の中央線や埼京線よりかは多少ましかな、ぐらいなので大丈夫。

スーパーは最近復活してきた!
納豆とヨーグルトだけは相変わらずないけど。
震災直後はスーパー帰る頃には閉まってたので、仕方なく昼間デパートの食品売り場で買ってたんだ~。ここは穴場だったよ。
でも・・・今月のエンゲル係数は激増だけど・・・。汗
Commented by hao3chi1 at 2011-04-03 20:42
ぺりおさま、余震やら計画停電やら品薄やらもろもろの不安やら、やはりこれも「被災」と言っていいと私は思います。こんなにも終わらないものなのか、と愕然としてしまいますね。
ともあれ、これが日常なのだと割り切って、しぶとく生活していく工夫を続けています。あ、語学もやってますよ。これなくしては、たぶん、立ち直れなかったと思ってます。一番好きなことは、語学なんだ、と再認識する日々です。
Commented by nihaoperio at 2011-04-04 15:21
☆はおさん
そうですよね。程度の差こそあれ、この非日常っぷりは被災ですよね。
長期になりそうなので、この状況に適応していかなくては。
これをきっかけに(と言ったら失礼ですが)、過剰になっていた物をシンプルにしていくよう見直したいと思います。
少し人力以外の物に頼りすぎてましたし、余計な情報を集めすぎていたような気もします。
語学で私も救われました!
そうそうたまに見る「マホボテ占い」で奇しくもこんなメッセージが。(@_@)
http://www.iii.ne.jp/cgi-bin5/uranai/card.asp?
Simplicity ― 簡素
まわりの出来事に翻弄されないで、いつも簡素ですっきりした気持ちでいることが大切です。
何事にも過剰な反応は必要ありませんから、物事を複雑にしないようにしましょう。
ここでは目の前のことを一つ一つこなしていく誠実な姿勢がとても重要です。
その過程で、余分な想像や心配や打算が削り落とされていくことでしょう。
Commented by p3-saito at 2011-04-05 10:28
よし!(私のコメントは平時も非常時もシンプルでそ?^_^;)
Commented by nihaoperio at 2011-04-05 11:04
☆Saitoさん
ありがとうございます!
そこで、もう一声!!笑
Commented by jiaojiao at 2011-04-06 10:05
私は先日「塔の上のラプンツェル」を見てきましたよ。
水が襲ってくるシーンがあってちょっとドキっとしたけど、ディズニー映画に癒されました!
初めて3Dの映画の良さを感じました。
こんな時に映画?と思われるかもしれないけれど、ホッコリとしましたよ。
Commented by nihaoperio at 2011-04-08 09:36
☆jiaojiaoさま
「塔の上のラプンツェル」評判いいですね!
観たいなあ~~。
ディズニー映画は私も好きで(ランドは絶対駄目ですけど)よく観ます。
こんな時、映画を観て別の世界に飛ぶとびっくりするほど気持ちが落ち着いたりするのですよねー。
私も毎晩1作品観てますよ。
・・・ホラーばかりですけど・・・笑 
でも爆笑できるから楽しいんですー。
by nihaoperio | 2011-04-02 21:17 | 語学 | Comments(8)