『土を喰う日々』

秋になって、語学へかける情熱と時間はすっかり料理へとすりかわり、何となく新鮮というか、世界の色が変わったような気分になっている。
空いている時間の大半は、料理本や関連する随筆などを読み、台所に立っては何だかんだと作って楽しんでいる。
部屋もあれこれ模様替えして、料理をしやすくしてみた。(狭い家だけど・・)

でも料理は理論ではない。
食べるもの。体を作るもの。感謝して受けとるもの。

そんな風に思いながら、常に肌身離さず持っている本がある。
以前、Shiraさんに教えていただいた、水上勉の『土を喰う日々』。



この少々古臭く、生真面目な文体で書かれた随筆集には、「食べ物をいただく」ことに関する真の心がつまっている。
氏が子供の頃に老師に教わった「典座教訓」の教え。
命ある物をいただく気持ち、食材に対する扱い方、いただくときの心構え・・・。
そして、旬の食材の料理法なんかも実に魅力的だ。
宝物のような言葉に満ち溢れていて、1ページ1ページ大事にめくってしまう。
しみじみと心の奥に響く名著だと思う。

今、マクロビとかオーガニック主義とかいろいろ流行っているけど、この本を読めばそういう事の髄のようなものがわかるのではないかな、と思う。
『典座教訓』と並んで私のバイブル本だ。

e0072264_19455082.jpg



とはいえ、ストイックに料理をしてるわけじゃないんだけど・・・。(^_^;)
大事なのは気持ちね、感謝の気持ち。



e0072264_1816598.jpg

人の家のベランダで遊ぶ茶とら。
[PR]
Commented by ワン&にゃん at 2009-11-03 19:15 x
医食同源。心も身体も健康に生きて行くには、日々の食事は、とっても大切な事だと思います。
旬の物は、季節を感じるだけでなく、その季節に食べるのが身体にも一番良いと本で読んだ事が有ります。
実りの秋。美味しい物満載ですね~。
そう思うと・・・写真の後ろの畑も、何が生っているのか?気になりますね~(^_^)
秋の日差しを背に受けて、ベランダを自由自在に動き回る茶と兄さんは、きりりっとしてカッコ良いぞーっ!まぶし過ぎる!くま君とりん君のヒーローかな?
Commented by nihaoperio at 2009-11-04 15:06
☆ワン&にゃんさま
口に入れるものでは唯一食事が身体を作っていくんですもんね。
それに、口に入るまでにどれだけの人の手と気持ちがかかわっているか、ということも考えると、感謝していただかなくては、と思います。
畑は今、大根やらねぎやらが植わってますよ~。
寒いのに朝から働いていてすごいなあと思います。

茶とらは自由奔放で楽しそう!
この間は家に入ってきて5時間ぐらい寝ていきました。
我が家の猫たちは大喜びでしたよ。
やっぱり外だと安眠できないのかも・・・。
Commented by Shira at 2009-11-06 15:36 x
茶とら、いい顔してますね。寝ていくというのがかわいい。
意外とお外では弱っちいのかも...。

土を喰う日々、よいですねー。

近所の家では庭のみかんが山ほど実を付けています。温暖化か?!
Commented by nihaoperio at 2009-11-07 06:49
☆Shiraさま
良い本を紹介して下さってありがとうございました。
折に触れては読み返してしみじみ味わっております。
みかんですかー。私の実家でもみかんがよく実をつけていましたが、品種がこの時期だったかな・・・・。
やはり温かくなってきているのでしょうね。

茶とら、そうなんです。
外では滅法弱く、追いかけられては家に逃げ込んでくるんですよ。
野良ファミリーの数が増えてきているので、なかなかのんびり昼寝もできないようで。^^;
Commented by Shira at 2009-11-25 12:58 x
職場の近くに良いお昼場所を見つけました。
今日は...
主菜 セロリと豚の炒め(ごま油が香ります)
小鉢 紫芋のマッシュ(ほとんど素材の味です)
箸休め はすきん♪
レタス・水菜のサラダ
五穀米ごはん
じゃがいもと豆腐の味噌汁

特に小鉢がよいのですよ。白和えとかさつまいものポテトサラダとかにらの胡麻和えとか...。必ず何か小さな工夫があります。

おかずもなかなか。アサリスープの肉豆腐香菜散らしとか、鮭とハスの豆乳煮とか...。

若い調理人が狭いバーの片隅でIH鍋を使って作り出します。献立はその日の朝、天気を見て決めるそうです。
Commented by nihaoperio at 2009-11-25 19:47
☆Shiraさま
わあ、メニューを読んだだけできちんとした仕事をされる食堂だってことがわかりますー。おいしそう~~。
白和え、胡麻和えは、シンプルですけど丁寧に作らないとちっとも美味しくできないですし。
天気をを見て献立を決める、というのも何だか自然を大切にしているようで「典座教訓」に繋がるものがありますね。

>アサリスープの肉豆腐香菜散らしとか、鮭とハスの豆乳煮
献立いただきますっ!!

八重洲にもこういうお店あればいいなあと思います・・・。
(探せばあるかもしれませんが)

by nihaoperio | 2009-11-03 18:21 | 日常のひとこま | Comments(6)