ゾンビオムレツ。

この前Marieさんに紹介していただいた、「ゾンビオムレツ」作りましたよー。

ただ今、巷で大流行中らしいこのレシピ。
もとはクック・パッドに投稿されていたものです。(→こちら

レシピはオムライスだけど、我が家は椎茸と青梗菜を入れたオムレツにしてみました。
墓場っぽいかなあと思って。

試作品だからいまひとつだけど・・・。

e0072264_8102426.jpg


更なるグレードアップを目指し研究しますっ。

皆様もどうぞ~~~。

あ、ちなみにぺり夫はこれを見て絶句してました・・・。( ̄◇ ̄;)





ええと・・・、あとでこの記事見たら、あんまりグロいんで、ちゃんと美味しそうな写真を追加します。

e0072264_9184798.jpg


最近、私のお気に入りスポットになっている、地元の喫茶店。
ビルの地下で、広い空間に観葉植物、壁にはシャガール他の水彩画、由緒正しいブランドの食器、丁寧な応対、という昭和から続くレトロな店なんですよ。
ブレンド680円ぐらいで高い?と思ったら、ポットサービスで3杯分はあります。
今日も行こうかな~。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-10-16 08:12 | 真好吃!

『牡丹亭』行きました。

またまた遊びに行った日記になりますが・・。

坂東玉三郎主演の昆劇、『牡丹亭』、観てまいりました。

e0072264_22204537.jpg



場所は赤坂ACTシアター。
2階席の真ん中の列で、舞台からは遠いのですが、ちょうど真正面の位置だったので見やすかったです。
歌舞伎座の3階席のような感じかな。

昆劇って、なんと600年以上もの歴史があるそうですよ。
楽曲は1500以上もあり、旋律が複雑な上に歌詞は格調高く、しかも蘇州語を用います。
その文学性の高さと優美さ、洗練された芸に貴族たちの間で大流行だったそうです。
清の乾隆帝以降は京劇に押され、だんだん衰退へ向かっていったとか。
そして決定的な文革。
そうですよね~。
文革では京劇の演目も決められていたし、何より幽霊が出てくる劇なんて「鬼劇」って言われて弾圧だったそうですもん。ああもったいない。
でも、2001年にユネスコ世界無形文化遺産に指定されてからは、また関心が高まっているそうです。

さて玉三郎。

美の化身

でした!!

なんとも言い表す語彙が不足していてもどかしいですが。
あまりの神々しさ、気高さに、まばたきするのも惜しいほど凝視してしまいました。
歌舞伎の玉三郎も尋常な「美」ではありませんが、今回の役も。。。
あああああ、まさにアジアの至宝。
そして、あのソプラノ。
玉三郎があんなに美しく歌えるなんて知りませんでしたよ。

e0072264_22212211.jpg


あでやかで美しい衣装も目を奪われます。
きっと手刺繍よね~。
途中登場する花の精、花神達はひとりひとり全部違う色と柄の衣装で、まるで幕内力士の土俵入り(化粧回しね)みたいで楽しかったです。
また中国の演員達の動きが面白くてこちらも堪能しました。

ストーリーはいかにもお芝居らしく、めりはりがあり飽きずに楽しめました。
突拍子もないところがまた面白く。さめざめ泣ける場面もありますよ。
まあ、ジャンルは古典的ホラーね。雨月物語とかに出てきそうな。笑
幸せなフィナーレに続く、最後のカーテンコールも華々しく大感激でした。

e0072264_2231341.jpg


玉三郎は蘇州語をマスターするのに、2年間1日もかかさず音声を繰り返しシャドーイングしたそうです。
頭で覚えるのではなく、身体に染み込ませるって。
演技のために、セリフを覚えるだけではなく、孔子、老子、孟子などの哲学書も本がぼろぼろになるほど読みこなしたって。
すばらしい・・・。

これから行かれる皆様、赤坂駅からACTシアターへ行く途中のすぐ脇のビル、「赤坂bizタワー」で、チケットみせると飲食店の料金が値引きになったり、ドリンクサービスになったりするキャンペーンをやっています!
私は気がつかず、普通にお茶飲んでしまいました。ぶーぶー。๏̯͡๏


[PR]
# by nihaoperio | 2010-10-09 22:31 | 音楽、芸術、催し物

珍しく初日に行ってまいりました!

没後120年 『ゴッホ展-こうして私はゴッホになった』の展覧会。(→こちら

ゴッホの絵はものすごくエネルギーが強くて、弱っている時は絵に負けてしまい非常に疲れます。
でもこの日は、何だかゴッホの気分だったんです。秋だからかなー。

初日でどうかと思ったけど、そんなに混雑していなかったので思う存分ゆっくりと鑑賞できました。(夕方6時過ぎです)

今回、嬉しい再会がありましたよ!
小学生の頃、上野の西洋美術館でやはり『ゴッホ展』があったのですが、その時すごく気に入って、ポストカードまで購入した絵が来ていたのです。

e0072264_2220041.jpg

左側が1976年(昭和51年)のチケット。右側が今回のチケット。



1枚目の再会は『馬鈴薯を食べる人々』
e0072264_2292777.jpg


今回は『じゃがいもを食べる人々』になってたけど、私の中では「馬鈴薯」。
なぜなら、その時初めてじゃがいも=馬鈴薯っていうんだ、って知ったので。笑
こんな地味な絵を、小学生がなぜ気に入ったのか?というと、絵のタッチが当時(今も)愛読している「大草原の小さな家」シリーズの挿絵にどことなく似ていたからです。
なんだかかわいい当時のわたくし。おほほ。

もう1枚は、『ヒバリの飛び立つ麦畑』。
e0072264_2312413.jpg

この絵の具の盛り上がりと、明るさが気に入ってね~~。

懐かしい絵と再会して、瞬時にタイムワープしてしまいました。

それから、衝撃の1枚。
黄色い静物画『マルメロ、レモン、梨、葡萄』。
・・・絶句です。絵は勿論、辺りの空気までゴールドに輝いていて思わず息をのみました。
あれは何?( ꒪⌓꒪)

e0072264_2215259.jpg


晩年のゴッホは精神を病み、自分の耳を切り落としたり、精神病院に入ったり壮絶。
最後は37歳の若さでピストル自殺をします。

でも、絵からは暗さは感じないの。
彼の晩年を文字で見ると悲劇かもしれないけど、もしかしたら、彼は苦しみと向き合いながらも、絵を描く喜びと共に人生を生ききったのかもしれない、と思ったりしました。

1枚1枚、心に響く美術展でしたよ。^^


会場│国立新美術館(東京・六本木)
所在地│東京都港区六本木7-22-2 企画展示室1E
会 期│2010 年10月1日(金)-12月20日(月)
開館時間│午前10時-午後6時、金曜日は午後8時まで ※入場は閉館の30分前まで
休館日│火曜日 ※11月23日(火・祝)は開館、翌24日(水)休館

[PR]
# by nihaoperio | 2010-10-02 22:30 | 音楽、芸術、催し物

iPhone4入手です!

とうとうiPhone4来ましたー!\(^o^)/

いやいや、最初のメール設定が意味不明で半日ふてくされてましたが、なんとか完了。
iPhoneって分厚い説明書がないんですね~。
設定の方法をコピーした紙1枚ぺろーっともらっただけ。
窓口でだーっと説明を受けたものの、ほとんど何が何やらわからないし。
(質問しようにも何言ってるんだか全然わかんなくて、そのまま( ꒪⌓꒪)のまま聞き流した・・)
いまだに、ただでもらった「無線なんとか」っていうのは使ってません。
変な事して動かなくなっても困るし・・・。


さてさて楽しみにしていたアプリ。
まずは無料のものからダウンロードしました。
定番の、「食べログ」「乗換案内」「産経新聞」「radiko」「クックパッド」。
それから「Twitter」と「ちょこっとmixi」。
mixiは使いにくいので消すかも。
それにしても新聞が無料で読めるなんてすごい!
少々読みにくいけど、慣れれば気にならないでしょう。

あと、「PianoMan」っていう、ピアノレッスン遊びみたいなものも。
これ「太鼓の達人」の要領で、指定された鍵盤を叩いて曲を弾くんだけど、はまりましたーーー!!
小一時間ムキになってやってしまいましたよ。

中国語関係では、
「央广手机台」   ・・・  ニュース、ラジオ、ドラマ、映画等
「今日中国」     ・・・  ニュース記事(何となく週刊誌っぽいノリ)
「Huaying」    ・・・  中英辞書(ピンイン有り)
「华语影院」     ・・・  映画、ドラマ
「恐怖故事」     ・・・  怖い話満載!(→こちら)←あれ?このリンク230円だ。無料のがあったんだけど・・。
                「鬼故事」「恐怖事件」「灵异故事」「人鬼情来了」「幽怨故事」という本が
                入っていて、それぞれ15編くらいの話があります。


やー、面白いですね~、iPhone。
これから研究して、学習ソフトなんかもダウンロードしたいと思います。
あ、小学館の辞書欲しいなあ。でも4000円・・・。
おすすめがあったら教えてくださいませー。p( `o´ )q


e0072264_20225369.jpg

e0072264_0395680.jpg

e0072264_0411437.jpg

のら猫茶とら。くま猫、茶とらが好きで好きでたまらないらしく、遊びに来るとついて回ります。

iPhoneにカメラが付いていることをすっかり忘れていました!
これから研究しなくちゃ。なんとなく使いにくそう・・・。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-27 20:28 | 日常のひとこま

中秋节快乐!

一日遅れましたが、中秋の名月でしたね。

夕方、うっすらと雲がかかった満月を見ることができました。
まんまる。

さて恒例の月餅です!去年はさぼっちゃったんだー、そういえば。

e0072264_9154242.jpg

e0072264_9155140.jpg


ちょっと皮が乾燥気味。
ぬらした布巾で包んでおくとしっとりするようです。

今日は義父母上京します!
あいにくの大雨模様ですが3日間、一緒に遊びますー。
本日は両国で大相撲観戦。

ではではお迎えにいってまいります。o(`ω´*)o=3
[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-23 09:19 | 真好吃!

悩みに悩んでいたiPhone乗り換え。

昨日「よし!」と思い立ち、ソフトバンクShopに突撃して予約してきました! ((( *`◇)<炎炎炎

東京八重洲のショップで1週間待ち(先ほど入荷の連絡ありました!2日で入荷!)
地元では2~3週間待ちで「入るかも」という事だったので快挙です。
まあ、場所によっては在庫ありの店もチラホラあるらしいですけど。

あああーー、思いきったなあ。
でも月々の支払いが今使っているauより安くなる上に、機能が天と地ほど違います。
何にどう使うか決まってないけど世界が広がるでしょうね。

何といっても、中国語表示と入力ができるのが素晴らしい!
これからは敬遠してた中国語チャットも気楽にできそう。
ハングルももちろん入力・表示できるので、そろそろ勉強復活させようかな。
無料アプリ使って。


これから現物が届くまでいろいろ勉強しまーす♪

おすすめアプリあったら教えて下さいませ。



e0072264_1535394.jpg

今朝の猫さん。ガツガツガツガツ・・・。


中国語の勉強

『漢語口語習慣用語教程』の予習がかなりボリューミー!
本文と例文のわからない単語調べだけでも結構な量です。

今うまく時間が回せなくて、ほとんど駆け込み&途中リタイア状態で勉強会に向かってしまう状態。
なんとかうまく時間を使わないとなー。
やはり早朝にやる??

夜、家事終わってやりはじめると5分で睡魔に襲われます・・・。
まるで家で勉強するな、と誰かに言われているかのように。(妄想入ってるぞ。危険、危険)

今週末は家にほとんどいないので、また来週も駆け込みだなー。
10月からはしっかりやろう。ಠ_ಠ

『伶人往事』、1人目分を読み終わりました。(8人分の話があるのだ)
今少し休憩して、勉強仲間のおすすめ本、加藤徹の『京劇―「政治の国」の俳優群像』を読んでます。
これ、すっごーーーく面白いよーーー!!
とまりません。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-22 15:47 | 日常のひとこま

『三菱が夢見た美術館』

昨日は父親の古希祝いで、新丸ビルの四川料理レストランで食事をしました。

食事後、そのまま帰るのも・・ということで、何となく散歩がてら近くの「三菱一号館」へ。
ここは、今年の4月にオープンし、先日『マネ展』で大盛況だった今丸の内界隈で噂の美術館です。

『マネ展』はね~、とっても見たかったのですが、あまりの混雑ぶりに挫折しました。
それに最終日近くには、もうすでに酷暑になっていてマネの黒があまりに重そうだったので。

1894年当時の建物を忠実に復元した、というこの美術館。
外観がとても素敵です。

e0072264_833994.jpg

e0072264_8564928.jpg



今開催されている展覧会は、『三菱が夢見た美術館』。(→こちら
三菱財閥が集めた美術品、丸の内に建設計画していた美術館の概要等、興味深い展示です。

館内は、当時のオフィスビルを忠実に再現したというだけあり、およそ美術館らしくありません。
狭い部屋をいくつも出たり入ったりして、なんとなく落ち着かず、作品に集中できませんでした。
また、建築資材も当時のもの、という事で、靴音が響きます!笑

とはいえ、ありとあらゆる作品が集められていてよく言えば(往好里说是)「宝石箱」、悪く言えば(往坏里说就是)「ごった煮」かな。(ちょうど2課に出てきた例文だー!)

どちらかというと、もやもや系(色彩が淡く境界がぼやけているもの)の絵が多くて、あまり私の好みではなかったです。ಠ_ಠ
全体の中では、橋本雅邦「龍虎図屏風」と、波留麻和解(ハルマワゲ)の黒鬼、ルオーが気に入りました。


あ、メインのこの「麗子像」。
e0072264_8491499.jpg


小さい頃の私に生き写しなのよねーーーーー!
今回もまた両親に言われたし。ううううう。確かに似てる。そっくりだ。。。。orz
この絵、ラブリー感を出すためか(違)、右手に花を持たせているところが更に不気味さを増してますよね。


・・・そんな感じの展覧会でした。

併設のカフェ、落ち着いていてくつろげそうだったので、いつか行ってみようと思います。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-19 09:01 | 音楽、芸術、催し物

雷雨!!

昨晩は久しぶりに大大雷雨!!

この世の終わりのような光景にとってもハイになりましたよー!\(◎o◎)/!

窓ガラスが割れそうなほどの振動と雹?混じりの激雨、落ちまくる雷に、私はお祭り騒ぎ、ぺり夫は布団被って半泣き。

あの人たち(笑)といえば、窓辺に整列して楽しそうに見物してましたよ。。。猫って雷怖がらないから。

ようやく秋が来ますね。^^






↑この後ますます激しくなったのでした。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-14 09:49 | 日常のひとこま

坂東玉三郎の『牡丹亭』

来月、坂東玉三郎の『牡丹亭』が赤坂で上演されます。

先ほどTBSで
「坂東玉三郎、究極の愛。新たなる美への挑戦!」
というスペシャル番組を見ました。

昆劇を日本人が演ずる、という想像もつかない大仕事をやりとげた玉三郎。
言葉も習慣も違うし、何より日本人というある種特殊な立場での挑戦。
3年間かけて、中国人もうなる素晴らしい「牡丹亭」を作り上げました。

「どうして牡丹亭をやろうと思ったのですか?」
という質問に対して、
「理由はありません。ただ心から演じたいと思ったから。」
という玉三郎。

伝統芸能を外国の人が演じる困難は、かつて石山雄太という、京劇史上初の外国人である彼の話を聞いてそれはもうびっくりしたことがあります。
インタビュー記事

歌舞伎を中国人や韓国人が演ずるようなものですもんね。
しかも、ちゃんと歌舞伎一座の一員として。

中国で上映された映像を見ましたが、最初は興味と厳しい目で集まってきた観客が、幕が降りた時、涙を流しながら玉三郎の名前を呼び拍手している姿を見て、感動してしまいました。
国が違っても心は伝わるものですね。
昆劇の発祥の地、蘇州では、玉三郎に「蘇州名誉市民」を授与しています。



あああ、見たいなあ~。
チケット高いんだけど、このチャンスを逃すのも惜しい。
一晩考えてみよう。( ̄ー ̄)


そういえば、25年くらい前、玉三郎の「楊貴妃」見た時、ありえないほどどっぷりあの世界にはまったんだった。
思えばあれが中国語に足を突っ込むきっかけになったのかも・・・。


☆クリップ赤坂ACTシアター   10/10/6(水)~10/10/28(木)
  S席:\12,500
  A席:\9,500



[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-12 19:11 | 音楽、芸術、催し物

着々と中国語が街に。

8月からビザ緩和があった影響か、東京駅周辺は前より増して中国人観光客がたくさん来ています。
高島屋などの大手デパートの案内は、中国語体制万全!

ひと月ほど前ですが、秋葉原の駅で中国人の団体旅行客が電車に乗り込んできました。
30人くらいかなあ?
7月下旬、まだ酷暑ではなかったけど、30度はあろうという日です。
その中国人の人達、なぜか冬の装い・・・。
中にはダウンジャケット状の服を着た女性まで!!( ̄◇ ̄;)

えええ~?どこの地方から来たんだろう?熱中症気をつけてー!

と思ってたら、みんなが口々に「很热!很热!」と騒ぎ出しました。
そりゃもう蜂の巣をつついたような騒ぎで。
赤ちゃんもはしゃぎだすし。(泣かずに喜んでた)
脱げばいいのに、みんなそのままで、それはそれは楽しそうに「あぢー!(;-д-)ゞ」と言っては大笑いしてるのです。
旅行ハイかなあ??

でも見てる私も楽しくなっちゃいましたよ。
でも何であんな厚着だったんだろうなあ・・・。

街中の看板も中国語が増えてきました。
九州とか沖縄とかはとっくに中国語やハングルであふれてるんでしょうけど。
いい悪いは別にして(笑)、中国語学習者にとっては興味深いですよね。

秋葉原のミルクスタンドにはこんなのが!
e0072264_9552971.jpg


“豆浆・草莓”、豆乳・いちご牛乳?いちごじゃないよね。でもなんでいちご牛乳??
何より“你好”が笑えましたー!

これからこんなのがどんどん増えそう。
いろいろ習慣の違いで問題が発生してるけど、お互いその国の文化をよく理解しあうチャンスと言えばチャンスかもしれませんね。
どちらも我(が)を通してつまんない争いにならないよう・・・。m9`Д´)



中国語の勉強

『漢語口語習慣用語教程』始まりました。
本文、例文音読してみると、その濃さに圧倒されます!!
こんな慣用句たとえ覚えたとしても、果たして使えるのかな?と思ったり。
不就得了,怎么也得,说得比唱还听好とかー!
例文検索して丸暗記?
いや、実際使ってみるのが一番なのかな。
このテキスト、きわめて中国人の普段の会話(仲間談)らしいので、あせらずじっくり見ていこうと思います。

中国語読書は『伶人往事』。
京劇世界が面白くて、意外に抵抗なく読んでます。
気分によってわからない単語や言葉をすっとばしたり、辞書でいちいち調べたり。
好き勝手な読み方してます。
どうしてもわからない箇所は、丸善行って日本語版を立ち読みする!(本、売れませんように・・)

土日は仲間に借りた『非誠勿擾』(狙った恋の落とし方)を見る予定です。
果たしてホラーじゃない作品を見通せるのか?という心配はありますが・・。♪(_≧∇≦)ノ彡
[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-11 10:14 | 日常のひとこま

中国語読書。

先日、余華の『活着』を読み終えて感慨深く思っていたところ、思いがけずツイッターで知り合った方が、本とDVDをプレゼントして下さいました。

『伶人往事』と『覇王別姫』のDVDです!

e0072264_21292167.jpg


嬉しいわーーーー!\(^o^)/



『伶人往事』は、日本語版では『京劇俳優の二十世紀』という題で発売されています。

京劇俳優の二十世紀
京劇俳優の二十世紀

なんと中国では発禁処分になっているそう。
政治と京劇の絡みはタブーなんでしょうね。

355ページというかなりボリュームのある本ですが、少しずつ読んでみようと思います。

ああ、京劇みたいなあ。
10月に、赤坂ATCシアターで、坂東玉三郎が昆劇『牡丹亭』をやるそうなので、ちょっとピクピク。
こちらをクリック

(上記HPより)

◆「牡丹亭」特別番組
9月12日(日)午後4時30分~54分(TBSにて放送)
「坂東玉三郎、究極の愛。新たなる美への挑戦」
ナレーター:中村獅童

言葉の壁、高音で歌いながらの演技、誇り高い中国人俳優たちとの衝突。
立ちはだかる様々な困難。
上海万博で絶賛を博し、この秋、東京で初上演されるまでの1000日間におよぶ坂東玉三郎の挑戦にカメラは密着した。


これは見なくちゃ!


中国語の勉強

今週から『漢語口語習慣用語教程』に入ります。
テキストですが、私はその日本語版『中国語口語表現~ネイティブに学ぶ慣用語』(東方書店)を使うことにしました。
テキストの紙質(笑)もさることながら、活字が読みやすいのと、日本語訳があるので・・・。
単語を調べる手間がはぶけるのがなんといっても嬉しい。
いや、本当は自力で単語を調べ、訳文を考えるのが最もためになるというのはわかっているんですが、今の私の実力だとこの密度の濃さに負けそうなんです・・・。
ただ、日訳を読んでわかったような気持ちにならないよう、その点を気をつけつつ進めていこうと思います。

難点はテキストが分厚くて重たい事!!
思い切って半分にちょんぎりましたよ。 ☜(゚ヮ゚☜)
美術展のチラシとビニールブックカバーでばっちり。かわいいでしょう?
ブリューゲル展とボルゲーゼ美術館展バージョンです。

e0072264_21423515.jpg

[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-07 21:43 | 語学

毎年開催される、『高野山カフェ』。
今年は東京丸の内で開かれています。
これは、高野山の雰囲気をを都会の人にも味わってもらおうということで、修行体験(写経、阿字観瞑想)、仏教講座、精進料理等のメニューが各店舗で出されたりするイベントです。

去年までは青山だったのでビビリまくりぶーで行きませんでしたが、今年は職場から徒歩5分。
早速仕事帰りのぞいてきましたよー♪

場所は「新丸ビル」7階。
私は八重洲OL(笑)なので、丸の内側は丸善以外めったに行きません。
駅を挟んで向こうへ行くだけで別世界!!
お客さんに以前言われました。
「丸の内OLがガトーショコラだとしたら、八重洲OLはどら焼きだね。」と。(ತ_ತ)
すごい、言い得て妙だな~。

新丸ビル、内装が素敵です。

e0072264_17452342.jpg

エントランス吹き抜け。

e0072264_17455896.jpg

新丸ビルのロゴなのかな?気がつくといろいろな場所にこのデザインが。

目指す7階につきましたが、あら?高野山っぽくないぞー。
いつものとおり、おしゃれなレストランスペースです。

e0072264_17485358.jpg


でもよーく見ると、各レストランやカフェのテーブルに「高野山カフェメニュー」が!
それぞれ精進メニューがあるようです。
おいしそう!おいしそう!!
でも、今回は見るだけなのでぐっと我慢・・・。

体験講座の場所は、梵字が両脇にかかれた細い廊下の途中にありました。
写経以外の体験コースはすべて予約終了ですが、写経は予約不要です。
部屋の中をこっそり覗いていたら、袈裟を着たお坊様に発見されて「今なら30分待ちで写経できますから是非どうぞ。」と勧められました。
お経は理趣経というもので、その中から100文字を書くそうです。
待ち時間30分、写経40分ということで、丁重にお断りしました。
夕飯の支度考えながらあせって写経しても落ちつかないもんね。
写経体験は大盛況で、毎日満員だそうです。5時くらいが一番空いているらしいですよ。

e0072264_17581033.jpg

高野山のゆるキャラ。「こうやくん」。あまりにそのまますぎるネーミングじゃあ・・・。

12日まで開催されているので、もう1度行って「ゴマ豆腐とプルーンのショートケーキ」をいただきたいと思います!(結局食い意地)



中国語の勉強

「中級漢語口語1」は、復習1ヶ月も含めて完了しましたー!
まだまだ吸収しつくしていませんが、やり遂げた感が気持ちいいです。
来週からは「漢語口語習慣用語教程」に入ります。
この夏は復習月だったため、お気楽モードでちっとも勉強をしませんでした。
今度のテキストは濃厚なので、予習をきちんとやらないとちんぷんかんぷん。
今晩新出単語調べよう。

中国語読書『活着』読了しました。
良い言葉が見つかりませんが、すごーーく引き込まれました!
中国語のリズムがポンポンと心地よいのは余華の文体の特徴でしょうか?
中国語そのものがそういう性質なのかなー。
余華の作品、もっと読んでみたいです。
それにしても、悲惨中の悲惨、これ以上の悲惨っぷりはないってぐらいの内容。
それでもどこか明るさがあって、読んだ後に勇気がわいてくるような良い作品でした。

要大的?还是要小的?(母親が大事か、それとも子供が大事か?)
出産時の医生の言葉。こんな使い方するとは興味深い。

你看看我,我看看你。
看看笑笑,笑笑看看。
何だか見ただけで嬉しくなる表現ですね~。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-09-04 18:18 | 音楽、芸術、催し物

ラフマニノフとか。

最近は1日に1本DVDを見ています。
休日は2~3本。
この時間を勉強にあてたら。。とも思うのですが、まあ心のまにまに、って事で。

私が見るDVDと言えば、もうすでに皆様ご承知の通り、「ホラー・オカルト・カルト・歴史」系が中心。
でも、実は芸術家物とか、中世ヨーロッパ物も大好きなのですよ。

今日は『ラフマニノフ~ある愛の調べ』を見ました。




天才の苦悩。
不遇な子供時代のトラウマを抱えて、愛されることを求めながら音楽活動をしていく。
その作曲も初のコンサートは大失敗で、それ以来10年も音符が浮かばなくなってしまう。
そしてロシア革命に翻弄されアメリカへ亡命。
現状に不満をかかえたまま演奏活動をする毎日。

いらいらしながらも、このしち面倒くさいセルゲイにひかれちゃうのよね~。
なんかほっとけなくて。( ̄◇ ̄;)
妻のナターシャの気持ち、ようーくわかります。
結局、その後作曲はどうなったのか、とか、あの女性との関係はどうなったのか、とかいろいろ謎な部分はあるけれど、ラストシーンは素晴らしく感動的でした。
ライラックの香りが漂ってきそうな美しい映像に、日曜日の午後が豊かになった気がします。

・・・あ、でも、これ見終わった後にすぐ、『アシュラ~地獄曼荼羅』っていう、これまたカルトな映画を見てしまったのですが・・・。
こちらはこちらで、こってりインドテイストで歌やら踊りやら楽しかったです。
そして、その後またもう1本。『パラノーマル・アクティビティ』も。
前評判の高さに期待して見たけど、史上最悪の駄作でした。ああ、残念。


あとの2本はまあいいとして、ラフマニノフの映画はおすすめです。
流れる彼の曲も夢のような美しさですよ。
ラフマニノフといえば、『シャイン』も素晴らしかった!大好き。
ああ、彼の曲1曲でも弾けたらなあ~。楽譜見た時点ですでに白目。( ꒪⌓꒪)


『ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 op.43』


[PR]
# by nihaoperio | 2010-08-30 00:34 | 日常のひとこま

くま猫、びびりすぎ!

先日、知人から譲ってもらったソファーと冷蔵庫を家に搬入した時のこと。
今までのものを運び出し、新しいものを搬入する際、ぺり夫と、助っ人一人が作業しました。

作業はほんの5分くらいだったのに、天下のびびりーーーーー猫、くま猫はどこかに隠れてしまって見つかりません!

まあいいや、とほうっておいたら、どこからか

「うぇぇぇぇ・・・・うううぇぇぇ・・・・うぇっうぇっ・・・」

というおびえているのか脅しているのかわからないような声が。Σ( ̄ロ ̄lll)

探したらいましたよ。たんすの上の隙間に。

e0072264_1453781.jpg

このおびえた目を見よ!


仕方なく引張りおろしたのですが、またすぐ部屋の隅に逃げ込み(部屋の角に向かって45度の角度で座る)、1時間くらいして、ようやくギザギザしっぽを後ろ足の間に挟んでびくびくしながら出てきました。| |д・)

まったく、いかつい姿に似合わずびびりすぎ!!笑



中国語の勉強

むー、書くような事やってないけど、一応メモとして。

早勉会のテキスト『中級漢語口語1』は終了し、8月は復習の音読でした。
2月から始めたのに、すでに声調、ピンインを忘れているものが結構あり。
完全に覚えたフレーズ数個(少なっ!!)あり、なかなか感慨深いです。

読書『活着』、1日4ページ~10ページくらいかなー。
主に帰りの電車で読むのですが、途中寝ちゃって。

そろそろ次回のテキスト『漢語口語習慣用語教程』を読もうと思います。
この中国語版テキストの紙質、ざらざらしててわらばん紙みたい。(微妙にテンション↓)笑
みっちりと濃度の高い内容なので、どうやって勉強していくか考えなくちゃ。
ついていかれるかどうかドキドキですっ!
[PR]
# by nihaoperio | 2010-08-27 14:18 | にゃんこ

『活着』を読む。

夏風邪以来、中国語の勉強を全くやってません。(;゚;ё;゚;)

先週の早朝勉強会は、仕事の関係で出席できず、すでにひと月近くも勉強しない状態が・・・。
まったくどうしましょ?
2週間続いた熱が下がると共に、語学熱も下がっちゃったみたいですー。
なんか全然やる気がしないんですよね~。

テキスト類は本棚につっこまれたまま、毎日持ち歩いていた辞書&ノートセットも家に置いたまま、軽くなったカバンを持って通勤しております。

そんな中、唯一中国語にふれているのは、勉強仲間にお借りした『活着』(余華)の本。

東方書店から出ている日本語注訳付のものです。
左ページに中国語文、右ページに単語、慣用句、等の注訳があるので、辞書要らず。
といっても、注訳にない単語がわからないものだらけなんですが・・。

精読するのはしんどいので、わからないとこは適当に意味を予測しながら読んでいます。
最初はとっつきにくくて挫折しそうだったのですが、半分くらい我慢して読んでいたらだんだん面白くなってきて、とうとうはまってしまいました!
悲惨な状況にいる主人公が、妙に飄々としているところとか、たくましい奥さんとか。

小説を読む前に映画を見たのですが、映画では舞台が農村ではなく、街が舞台。
主人公も農業ではなく影絵芝居で生計を立てていました。
どうも、小説は映画よりもっと悲惨らしく、最期は一人になるようですね・・・。
後味悪そう。あ、でもかえってそれでも生き続けるたくましさを感じて元気になるかしら?
それは読後のお楽しみで。

通勤時の電車やお昼休みにちょこまか読み進めているので、まだまだ最後まで読むのは時間がかかりそうですが、しばらくは中国語読書をしようと思います。

中国語は全くの趣味なので、自分に過酷なノルマを課すのはやめました。
つかずはなれず、その時々で一番気持ちよく楽しくやれる方法で楽しもうと思います。
まあ、上達はのぞめませんが。笑

楽しんでやる語学があってもいいでしょ?面倒なこと抜きで。
なんだか中国語を軽いノリでやると喧々囂々になりそうで怖いけど。
暑さに免じて許せ。


☆この本、やたらと「~来~去」という表現が出てきます。なんだかそれを見つけるのが楽しい。(変?)

走来走去 飞来飞去 飘来飘去 跨来跨去 跳来跳去
[PR]
# by nihaoperio | 2010-08-23 00:57 | 語学

神社仏閣ぐるぐる。

終戦記念日の昨日。

神社仏閣をぐるぐる巡って来ました。

5時出立。

朝6時、靖国神社。開門にちょっと間に合わなかった。
すでに多くの方が参拝に来ていた。
会社に「靖国クッキー」買ったけど、果たしてこれ配っていいものかどうか。笑
だって袋ひとつひとつに日章旗と君が代が!素晴らしいぞ。

e0072264_20211446.jpg


e0072264_804314.jpg


朝8時~9時。高幡不動。
護摩焚きは10時からだし、奥殿や大日堂はまだ開いていない。
「ござれ市」という骨董市をやっていたので、剣道着の香りただよう藍染Tシャツを買う。
軍刀とか鉄ヘルとかお地蔵さんとか、いろいろ怪しげな物がいっぱい~。
完全に軍人の格好をしたおっさんとかもいて、興味しんしん。

e0072264_805598.jpg

e0072264_823247.jpg

参道の八百屋さんにいた「メロンマン」。目が光るみたいだった。

11時。甲斐善光寺。
想像してたよりも小ぢんまりしていた。
なんだかあっけらかーんとした気持ちの良いお寺。
地元の方がちらほら来ていた。
長野善光寺を模した巨大な木造の伽藍が見事。
宝物殿に呪われた眼球のない「実朝像」があるけど、気味悪いのでスルー。

e0072264_811125.jpg


11時半。武田神社。
折りしもの「戦国ブーム」でこちらはかなり賑わっていた。
境内に人懐こい鳩と鶏がいて面白い。
巨峰ソフトクリームを食べていたら、市長の挨拶が町内放送で流れ、時報と共に終戦記念日の黙祷の呼びかけ。

e0072264_812671.jpg

e0072264_814285.jpg


12時。近くのお店でほうとうを食べる。
店構えからして全く期待してなかったけど、かぼちゃの溶け込んだ汁がすごくおいしかった。
夏場に食べてるお客さんはほとんどいなかったけど・・。

e0072264_815732.jpg



13時半。釈迦堂PAで運転手休憩。
私はうろちょろ。
PAから歩いていかれる「釈迦堂遺跡博物館」が気になったけど、あまりの暑さに断念。
次回は土偶を作るのだ!

相模湖あたりで渋滞してたので、高速降りて下の道でゆるゆる帰宅。
なんと6時には家に着きました。

長ーい1日だったなあ。
今日は夏休み最終日。
家でのんびりDVD見よう。

仕事も中国語も復帰するの大変だわー。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-08-16 08:06 | 旅・お出かけ

素敵な夏休み2日目。

木曜日は、恒例「早朝中国語勉強会」。
先週は無念のお休みをしたので、今日は張り切って5時半に家を出ました!
先週でテキストが全部終了し、これから1ヶ月は復習です。
お盆休みということで、8人の仲間のうち、参加者は4人。
半年前この勉強会が始まった頃の基本に戻って、音読オンリー。
最近は会話でいっぱいいっぱいで、毎回アセアセしていたので、基本に戻りなんだかとても充実した気持ちになりました。

2週間、中国語を勉強していなかったせいか、仲間の読む中国語の音、自分の口から出る中国語の音に非常に癒されて、ぐんぐん元気に。
ビバ!中国語!\(^o^)/

8時半に終了し、そのまま帰宅するのももったいない。
病み上がりだけど、様子を見つつどこか寄り道しよう~!と、最初に思いついたのは「オルセー美術館展」。
行きたい、行きたいと思ってたらなんと、もうあと数日で終わってしまうじゃないですか!

時は夏休み。終了間際。
どーーー考えても大混雑はまぬがれない。
マネ展はそれであきらめたけど、オルセーは人ごみに押しつぶされても見たい絵があるのよう!
ってことで、御茶ノ水でちょっとコーヒーを飲んでから千代田線で乃木坂へ。

9時に乃木坂駅に到着したら、すでに駅の改札まで列が・・・。
その場でチケットを買い、本を読みつつのんびり待ちました。
が、今日は特別に9時半開館となり、いくらも待たずに列が動き出してラッキー♪
美術館に入るまで30分も待たなかったような気がします。

さて美術展。
人いっぱいだったけど、人より頭1個分でかい私はストレスなく。笑
中が広いので、だんだん人も分散されていき、良い感じに鑑賞できました。
モネ、セザンヌ、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、ルソー、モロー・・・・超有名人の絵が惜しげもなくあります。
そんな中、クノップフやハンマースホイなんかもちょろっと登場して「ハッ」としたり。
病み上がりの体に、これらの豊かな色彩がさえぎるものなく怒涛のように入ってきて、くらくらしましたよ。

ゴッホの「星降る夜」は、星が本当に瞬いていました。
e0072264_19422979.jpg

ルソーの「蛇使いの女」からは音楽が。
e0072264_19424475.jpg

セザンヌの静物画からは果物の香りが。
ゴーギャンの珍しい雪の絵からは冷気が。
モネの水辺の船の絵からは水音が。
明るいシスレーの絵からは歌声が。

何とも至福な時を過ごすことができました。
思いきって行って大正解。
美術品は縁ですから。逃したらまたいつ出会えるかわかりません。

e0072264_19542720.jpg


美術館を出て、さて日本橋へ仏像見に行くか、と向かってはみたものの、やはり無理は禁物と思い直し、上野の「コカレストラン」でタイランチを優雅にいただきました。(辛くて←塩っからくて、悶絶)

帰りの電車でパンフレットを見ていたら、お隣の美しい女性に「オルセー行かれたのですか?」と話しかけられ、しばし美術館話で盛り上がったのも素敵な時間でした。

ああ、面白かった。
明日は仏像見たいな~。仏像力が今不足してるから。

日本橋で仏像(三井記念館)~上野でカポティモンテ、コースかしら。
それとも昼寝・・・・・。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-08-12 19:46 | 音楽、芸術、催し物

夏風邪その後。

先々週の金曜日あたりから夏風邪にかかりましたが、先週は一気に悪化しました。

鼻やのど・咳の症状がよくなってきたと思ったら高熱が!!
水曜日の夜から、38度超えです。
木曜日は仕事を休んで家にいましたが、金曜日はどうにも休めなくて仕事に出たのが更に悪かったみたい。
朝、会社にたどりつくまでに2時間以上もかかってしまいました。
途中貧血で下車したりして。

仕事はもう途方もなく忙しく、お昼休みを取る時間もなく。
食欲ないし、遅刻もしたしで別にかまわなかったのですけど。
仕事中は、体調のことなどすっかり忘れるほどばたばただったのですが、ひと段落した3時半過ぎからみるみる悪化してしまいました。
もうぼーっとして39度は絶対ある感じ。
まっすぐ歩けないし、絶え間なく吐き気が続くし、顔色なんて「モナリザ」みたいに緑黄色みたいな変な色。( ̄◇ ̄;)

ようやく終業時間が来たものの、歩けない!
かといって職場に迷惑をかけるわけにもいかないので、なんとか部屋を出たものの視界がぼやけてよくわからなくなり、これはもう救急車レベルだ!と思い、駅の警察によれよれ倒れこんだのですが、運悪く巡回中で誰もいず・・。
始発を待って、座って30分寝たら少ーし復活したので、夕飯の買い物だけして帰りました。(買い物がつらくて、家まではほぼ2つ折状態で歩いた・・)

ごはんを炊いて、キャベツを千切り(なんかぼーっとして切ったみたいでボール1杯分も!びっくり。全然記憶なし)し、夕飯をなんとか用意して、私はそのまま気を失ってふとんへ・・・・。
夜中熱を計ったら38・9度でしたー!うわーうわー!!

今日は朝一番で病院へ行きましたが、どっちゃり薬を出されたのみ。
抗生物質と胃の薬は飲むけど、後はいらないやー。こんなの出しすぎだと思う・・。

というわけで、先週からよれよれです。
中国語のちの字もやってないぞ。
この土日養生すれば復活できるかな・・・。

皆様もお気をつけて。
夏風邪は面倒くさいですよ~。暑いのか寒いのか熱中症なのかよくわからないから。笑


*8月9日。いまだ38度です。ああ、いくつ予定をキャンセルしたことか。寝たきりの夏休みになりませんようにーーーー。

e0072264_10564832.jpg

私が意識を失っている間に、こんなのが着々と増えていっているのですが・・・。ガンダムわかんないー!
[PR]
# by nihaoperio | 2010-08-07 11:01 | 日常のひとこま

夏風邪ひきました・・。

勉強会の発表が終わって気が抜けたか、冷房の中ばかりで生活していて冷えたか、はたまた飲み会続きでアルコール負けしたか・・・。
なんと、本格的な夏風邪をひいてしまいました!
正統派の風邪で、最初は喉から。次に咳、鼻水、頭痛、発熱(ただし37.5度くらい)です。

いやー、こういうスタンダードな風邪は久しぶりなので、楽しいような(違)ハイテンションな気持ちになってますー。しっかりと寝込むほどではないので、家事をやらなくちゃいけないのがつらいところですが。

中国語の勉強しようと音読しましたが、5行ぐらいで咳き込み、しかも声がエクソシストみたいなので、きっぱりこの週末はあきらめました。(;-д-)ゞ



そこで、この土日は読書三昧しました。

パウロ・コエーリョ
角川書店
発売日:1998-04


読了。
「良き戦いを戦え」。今の私にぴったりなメッセージ本でした。
数年前から気になっていた本でしたが、今のタイミングで読めて良かったです。


エハン・デラヴィ
ヴォイス
発売日:2010-04-15


途中ですが、ルーミーの詩に打ち震えています。
日本ではほとんど知られていないルーミー。
スーフィズムが気になって仕方がありません。しばらくはまりそうだなー。

「おいで! おいで、君が誰であろうとも!
たとえ君が、自らの誓いを千回破ったとしてもおいで、何度でもやっておいで!」




個人的に、藤原鎌足と大海人皇子との関係にずっと興味を持っています。
歴史書は当然ながら勝者の作ったものですから、このような異説と言われる説はとても貴重。
陰謀論などにありがちなエキセントリックな進め方をせず、すみずみまできちんきちんと納得のいく説明があるところが非常に面白いです。
真実はいかに・・・・。


本は基本的に古本屋で買います。
最近では、もっぱら「八重洲古書館」。
八重洲地下街にある小さい古本屋さんですが、毎日新作?が入り、あら?と思うようなものもあったりして。
口惜しかったのは、18000円もする超大判の豪華な「チベット写真集」。
なんと1500円になっていたのです。
お昼休みに見かけて、仕事が終わったら買おうなんて思っていたらもう売り切れてました。
本はまさに出会いと縁だな、としみじみ感じました。

あと10日で夏休み!
さっさと風邪を治して、また今週も頑張って働きましょう。\(^o^)/
[PR]
# by nihaoperio | 2010-08-01 19:59 | 日常のひとこま

毎週木曜日の早朝中国語会。
今週は、私がスピーチをする番でした。
普段中国語を読んでも、口にすることは滅多にないので、悩みに悩み、得意分野で・・・。笑

以下、原稿です。適当にごまかしつつ話しました~。 いざとなると単語とか忘れちゃう。
カンニングしないで話せたので自分的には「良くやったぞ」と。
でも稲川淳二風にできなかったのがちょっと残念ー。
メモとして原稿記録しときます。



スピーチ内容

今天我给你们讲一件有点儿可怕的话。
这是我亲身经历过的事情。

在日本,八月有盂兰盆会。
盂兰盆会,用日语说就是“お盆”。
据说盂兰盆会时候,死人都会回家。不过没有该回的地方的人,会在街上走来走去。

我从小的的时候,在盂兰盆会前,就会常常遇到了一些有点儿奇怪的事情。
比如说,一般人看不见的东西,我看得见,一般人听不见的声音,我听得见等等。
不过,这样的事,我已经习以为常了,不太可怕。
可是去年的事件,我非常怕。

去年八月的有一个夜晚,我刚睡着时,突然全身不能动了。
这就是所谓“金縛り”。用汉语说就是“鬼压身”。
我能说出话来,眼睛看得见。

哎呀!有什么办法?

那时候,我注意到了围着被子上坐下坐了几个不认识的人!
他们都看了看着我。
我闭着眼睛假装没看见了。

不过,突然在我耳朵旁边,某人呻吟起来了。
我非常怕!感到恐慌!

正在那个时候,我能动了。
马上念经就然和掐決念咒(?)后他们才就消失了。

今年还没遇到过这样的事情。我很放心。


日訳

今日はみなさんにちょっと怖い話をします。
これは私が実際に体験した話です。

日本では、8月に盂蘭盆会があります。
「盂蘭盆会」は日本語で言うと「お盆」です。
お盆の時期は、死んだ人が家に戻ってくると言われています。
戻るべき場所のない人は、街中をうろつきます。

私は小さい時から、お盆の前になるとちょっと変な体験をします。
例えば、普通の人には見えない物が見えたり、聞こえない音が聞こえたりなどなど。
でも、このような事はもう習慣になってしまっているので、そんなに怖くありません。
ただ去年の出来事はとても怖かったです。

去年の8月のある晩、寝ようとした時、突然体が動かなくなりました。
いわゆる「金縛り」です。
中国語で言うと「鬼圧身」です。
身体は動かないけど、声は出せるし、目は見えます。

「あらー、どうしましょ?」

その時、布団のまわりに数人の見知らぬ人が座っているのに気がつきました!
彼らはみんな私を見ています。
私は目を閉じて見なかったふりをしました。

でも突然、耳のそばで誰かが呻き始めたのです。
すっごーく怖くなり、怖さであわてふためきました!

まさにその時、身体が動くようになったんです。
私はすぐにお経を唱え、九字を切ると、彼らはようやく消えました。

今年はまだこのような目にあっていないので、ほっとしています。




なんか小学生の作文だな・・・。( ̄_ ̄|||)
本当はもっと気持ち悪く話したかったのに。
・・ちょっとずつ大人になろうと思います・・・。

でもようやーく、終了して一安心。
開放感いっぱいです!!!!
次回は9月だから、ちょっとのんびりできるわー。


e0072264_93506.jpg

また、こんな話~??(byりん猫)
[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-30 09:35 | 語学

人間の食べているごはんを一口もらおうとしているはな猫。
甘えん坊攻撃。( ̄_ ̄|||)




[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-28 11:29 | にゃんこ

「誕生!中国文明展」。

今、上野の東京国立博物館、平成館で『誕生!中国文明展』が開催されています。

e0072264_1811666.jpg


首を長~くして待ちわびていたこの展覧会。
先日わくわくしながら行ってきました。

このHPがまた秀逸で・・・。(→こちら
マスコットのひよこがなんともいえません。(*゚θ゚)
このひよこ、おみやげコーナーに売ってます。あ、ぬいぐるみですよ、もちろん。笑

テーマは中国古代文明。
河南省で発祥した幻の王朝、「夏(か)」。
その文明を、
第1部「王朝の誕生」
第2部「技の誕生」
第3部「美の誕生」
にわけて展示しています。


第一部「王朝の誕生」では、文明の誕生と深い関わりをもつ古代王朝の誕生と展開の歴史を、王朝の権威を示す祭器や財宝によって明らかにします。
第二部「技[わざ]の誕生」では、豊かな暮らしへの願望から、中国文明の特色の一つである高度な工芸技術が次々に生まれていった様子を、精緻な工芸品によって示します。
第三部「美の誕生」では、現実の世界や宗教的世界を表した書画、彫刻などによって、中国芸術の伝統が遠い昔に生まれ、発展してきたさまを示します。(展覧会HPより抜粋)



んんーーーー。素晴らしかったです。
青銅器のみっしり感や、玉(ぎょく)を細かく使った飾板、金と玉のアクセサリー、数々の庶民生活をかたどった焼き物・・・。
一度でいいから本物のあの頃を見てみたい。ドラえもん~、ちょっと来てー♪

中でも圧巻は「金縷玉衣(きんるぎょくい)」!
e0072264_18145689.jpg


古代王朝では、玉は遺体を腐らせない効果があると言われていたそうです。
なんと2000枚ほどの小さな玉の板を黄金の針金でつなげて人型にしています。
これを遺体に着せて埋葬するのだそう・・。
磨かれた玉の美しさもさることながら、家族や近しい人たちは、この美しい衣装を着せられた王様の死をどれほど嘆き悲しんだだろう、と思うと胸がつまるような気がしました。
きっと、脇に座ってなでさすりつつ一夜を明かしたんだろうなあとか。
美しいだけに、ますます悲しみを感じます。

ところでこの金縷玉衣(きんるぎょくい)。
同じものではないかもしれませんが、子供の頃見たことがあります。
チケット調べてみたら(ずっととってあるのですよ~)、なんと昭和54年、同じく東京国立博物館です。
全く、その当時から美術館・博物館めぐりしてたのね~~。(親のせいだ)( ̄ー ̄)

e0072264_18289100.jpg


7月30日(金)に、特別展イベントとして、記念公演「京劇の夕べ-見方・楽しみ方」が開かれるそうです。
夕方、当日受付のみなので、行こうと思ったのですが、職場の飲み会がーー!残念。
ワークショップ「動物紋飾板(どうぶつもんかざりいた)を作ろう!」なんかもあるので、お子様の夏休み工作にいいかもですよ♪


中国語の勉強

「中級漢語口語1」第19課。
お互いが自分の口語練習の方法を発表している回。
口語水準が著しく低い私には、タイムリーな内容で興味深いです。
やはりここでも日本人は録音の音声を聞くのが中心。
アメリカ人の人たちは、町に出て積極的に会話すべし!ということでした。
韓国人は通訳を目指しているから、先生とラジオの正確な発音を聞くのが中心で、さまざまな方言を聞くのは時間の浪費だと。笑
なんだかお国柄が表れていて面白かったです。

さて、半月前から新しく導入された、個人のスピーチ。
なんと今週は私の番です!!!(۞益۞;)
「やりたくない!パスパス!」と毎回叫ぶのもいいかげん飽きてきたので、勇気を出してなんかしゃべります。
仲間の方は「慣れだよ」と言います。
私も本当にそう思います。あと性格。笑
普段はべっらべらしゃべりまくるのに、中国語になるとしょんぼりするのって、①プライドが高い(ちっと思われたり、笑われたくない) ②あまりにできなくて仲間の足をひっぱるのでは?という過度な自意識過剰 ③極端なあがり症 ④本当に控えめで奥ゆかしい日本人 のどれかかと。
私はじゃあ④ってことで・・・。( ̄ー ̄)

いや、そうじゃなくて、やはり慣れなんでしょうね。語彙不足はきっと誰もが語彙不足なんだろうと思いますし。
たとえ正確な文章じゃなくても、単語だけでも口にしてみればいいのかも。
うう、文章考えようっと。(紙に書いていってもいいですよね??)
[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-24 18:34 | 音楽、芸術、催し物

深大寺へ。

気温35度を超えた暑い連休に、調布の深大寺へ行ってきました。

珍しく休日に休みがとれたぺり夫が、「深大寺と高幡不動のどっちかへ行く!」と前日の夜、声高らかに宣言したからです。
最近、私に気を使ってか、それとも本当に好きになっちゃったのか、休みが一緒になるといつも神社仏閣へ行きたがります。
信心深くて良いことね~~。
って違うの。高幡不動なら、門前の怪しいおみやげ物屋で新撰組饅頭を、深大寺なら蕎麦を、が目的みたい。

知らなかったのですが、深大寺、NHKの「ゲゲゲの女房」の舞台だったのですね。
それから連休中は、深大寺初の「ほおずき市」と「手作り市」も開催されていました。
かなりの人混みでびっくり!
10年前に来た時の記憶をたどりつつ、いろんなお店を見ていきました。
ほとんどがお蕎麦屋さん。
ほおずきの屋台はちらほらです。

境内は、灼熱地獄・・・。( ꒪⌓꒪)

e0072264_2041269.jpg


e0072264_20414334.jpg

本殿の白壁が目にしみます。

e0072264_20423185.jpg

百日紅の花が夏らしい。

お隣の護摩堂で、ちょうど護摩焚きが始まるところでした。
護摩迷!のわたくし、びびり気味でしっぽ巻き巻きのぺり夫を強引にお堂の中に引き込み参加しました~!

こちらのお寺は天台宗。
今まで体験したお護摩は全て真言宗だったので、ちょっと作法が違います。(お寺によって違うのかも?)
深大寺は、お坊様がお護摩の火に向かってずっと印を結んでいました。
その妖しくも美しい手の動きに釘付け・・・。うっとり。



お不動様のご真言は、大咒だったかしら?中咒ではなかったです。
ぼーぼー燃え盛る火と、お経とご真言と太鼓。
終了後は、身体がすっかり軽くなってました!!ぺり夫も「おおお、身体が!」とびっくり。
きっと音で細胞の調子が整うのでしょうね~。

その後、境内で開かれていた「手作り市」で猫小物を買ったり、地元の太鼓隊の演技を見たり。
そして、念願の深大寺蕎麦をいただきました!

・・・が、おおはずれのお店だった・・・・。がーん。
こういうのは事前調査をしないといけませんね。
でも、葛餅は美味しかったです。
e0072264_2115537.jpg


最後にほおずきの鉢を買いました。
e0072264_20403368.jpg


風鈴つきで2000円!高いような、普通のような。
まあ、お祭りだからこんなものかな?

そのほおずきちゃん。あっという間ににゃん太郎たちの餌食に!になる前に、外に出しました。
全く油断もすきもありゃしないー。( ・_・)ノ

e0072264_2161648.jpg

[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-22 21:06 | 旅・お出かけ

弓巻き(ゆまき)。

ものすごい久しぶりに弓道具店へ行きました。

私は和弓を3本持っています。
学生時代に2本買い、もう1本は社会人になって弓道を再開した時、学生時代のものがあまりに強弓でひけなくなっていたので新しく買ったものです。

最近は稽古をしていないので、すっかり部屋の片隅で埃をかぶっていました。
ちょうどたんすと壁の間が10cmぐらいあいていたので、そこに立てかけておいたところ・・・。

何気なく見てみたら、なんと弓を巻いている布がボロッボロ!!( ̄◇ ̄;)
南米で発見されたミイラの布みたいに見事にびりびりになっているではありませんか!!

・・・・やつらですよ。ええ、あの爪がするどいあいつらの仕業です。。。( ꒪⌓꒪)
上背のあるたんすに登る為の足がかりにしていたようです。くうううう。

早急に新しい弓巻きを買ってこないと、本体まで傷つけられたら泣くに泣けません。

ということで、今日買ってきました。

場所は、弓道人なら知らない人はいないという有名店、「小山弓具店」。
神田須田町にお店があります。(こちらを⇒クリック

10年ぶりの店内。
一見変わってないようで、よく見るとかなーり商品のラインナップが変わってましたよ。
弓のシャフトが色とりどり。練習用七面鳥の羽の色も色とりどり!!
なんと、真っ赤なシャフトに真っ赤な羽まであってびびりました。破魔矢みたい。
いいのかなー、こんな派手なの・・・。

その他に、的柄のうちわ、弓道キティちゃん、タオル、弽(ゆがけ)ストラップ、ステッカー等々、武道にあるまじき(笑)小物類まで!
さすが小山弓具店。ミーハーなところは相変わらずです。( ̄ー ̄)

さて弓巻き。
たくさんの種類の中から選び、石突もついでに買いました。

e0072264_19314717.jpg

こんな幅の布で、長ーい。

e0072264_19321857.jpg

弓に巻きつける時は、事前にこうやってくるくる巻いておきます。手前のものが石突。

e0072264_19325223.jpg

巻き終わるとこんな感じ。かなり熟練を要します。笑
新人の頃は、うまく巻けなくて苦労しましたよ~。長さ足りなくなったり、ぶかぶかしたりして。

e0072264_19334932.jpg

緑色の弓巻きには、こんなすばらしい言葉が書かれています。
他によくあるのは、「真・善・美」「正射必中」「一射入魂」など。
そういえば学生時代は手作りしたりしてましたね~。
懐かしい。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-19 19:47 | 日常のひとこま

今日は、朝一番で抜歯をしました。
本当は、午後参加したい中国語サークルがあったのですが、抜歯後なので今回はあきらめました。残念!

今日はめずらしく、中作文をしてみました。
今参加している早朝中国語勉強会で、スピーチをしなくちゃいけないからーーー。( ̄◇ ̄;)

もともと中国語は音が好きなのと、小説や新聞、各種情報を得るための勉強を主にしてきたので、自ら発話するのは苦手です。
会話はもちろん、中国語で表現する機会がほとんどありませんでした。
それなのに、今回・・・。ううううう。(号泣)

逃亡しようか?ともチラリと考えましたが、それじゃ進歩がない上に、新しい世界が開けないだろうと、今回は挑戦することにしたのです。
えらいな私ったら。( ̄ー ̄)

文章を作るのに慣れるために、短文から少しずつ書いていきたいなあと。
毎日は無理だけど。

今日の分は、「Lang-8」という相互翻訳サイトに投稿してみました。
これは各種言語を、無料で世界中の人が添削してくれる便利ですばらしいサイトなんです。
http://lang-8.jp/

誰か添削してくれるといいなあ・・・。

e0072264_22371670.jpg

[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-17 22:38 | 語学

ボイドタイム。

今日は目が覚めてから今まで、何をやっても駄目な1日でした。

まさに「ボイドタイム」 ( ゚Д゚)<呪呪呪呪呪呪呪呪呪

すごいなあ。こんなにあらゆる方面からダメだしされ続ける日なんて滅多にないぞ。
ほんとすごかったです。
髪の毛、体調、勉強、仕事、ネットでの言葉のやりとり、家事、電車乗り換えから何からwwww!

自分が世界で一番「バカ」って気分を味わえました。(結構面白かった)

そんなわけで、今日はこの後好きなことだけやって休みます。。。。

1週間ぶりにレンタルビデオも借りたことだし。
「レック/ザ・クライアン」「デッド・サイレンス」「黒い家/エンジビル」「生きる」。
もうすぐ帰宅する家族は、「エクトプラズム」「アナコンダ3」「パラノーマルアクティビティ」を借りてきてくれるでしょう。

はああ、ホラー見てる時って幸せだなあ。



あ~~あ。疲れた。


e0072264_21353690.jpg



中国語の勉強

『中級漢語口語1』 第18課。
2月に初めて、なんともう残すところ2課になりました!
覚えるそばから忘れてしまうけど、インプットされたフレーズや単語も随分あります。
すごく良いテキストだと思います。
18課はスピーチの課なので、長文です。
暗唱は厳しいですが、音読にはいいかも。
今週はちゃんと音読しなくちゃ。昨日はほぼぶっつけ・・・。涙

『活着』余華
お勉強仲間の方にお借りしました。
ここのところ『电车男』ばっかり読んでいて、怪しげな言葉を覚えてしまいそうだったのでよかったです。
全部読み通せるかな・・・。(*_*;
ビデオ「生きる」を借りたので、最初にそちらを見てから本を読もうと思います。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-15 21:37 | ぺりお考える

太萌了!

いまさら感があるかもしれませんが、台湾・中国で「アキバ用語」がはやっているみたいです。
というか、すでに定着しているらしいです。

日本⇒台湾⇒中国ってルートで?


“o(~ー~)o萌え~” をちょっとネットで拾ってみました。

↓こんな文が・・・。

小姑娘太萌了

這孩子太萌了

实在是太萌了吧太萌了吧!

浴衣什么太萌了

这张照片太萌了wwww



うーーん、状況よーくわかりますね!


他にも、

好萌阿
最萌!(めっちゃ萌え~)
我被萌到了。(萌えた~)
小太(ショタコン)
蘿莉(ロリ)

なんて使い方も。面白い。
あ、○○萌え~は、どういうんだろう?
猫萌え~はそのまま「猫萌」かな?

あとでこっそり中国掲示板をのぞいてみまーす♪

そういえば、数年前に話題になった「萌え単」っていう単語集、中国語版も出ています。
大人気だとか?

『萌英語單詞』
興味のある方は調べてみてくださーい♪(・∀・)人(・∀・)

e0072264_9485043.jpg



なんだか『电车男』をぺらぺらめくってみたくなっちゃった。



e0072264_9491116.jpg

りん猫、最萌!


e0072264_949543.jpg

くま猫、太萌了?・・・不・・・。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-13 09:53 | 語学

くま猫三連発。

蒸し暑い~!今年は梅雨らしい梅雨ですね。
あと10日もすると、真夏がやってくるなんて困ったなあ。

暑苦しいこんな時期に暑苦しい黒猫をどうぞ。


e0072264_1492379.jpg


引き出しを開けたら、矢のようにどこからか飛んできて座り込み。
座る場所は、ほっくりほっくりと自分で作っていました・・・。


e0072264_14103550.jpg


そ、そこはお鍋を置く場所なのだが・・・。(>_<)
スチールのひんやり感が気に入っているようですが、たたき出しました!!
「うぇうぇ」抗議の声をあげてたけど無視。無視。


e0072264_14114387.jpg


暑さにダウンか!?
彼女のきく猫が心配そうに見守ります・・・。
猫愛だな・・・。




中国語の勉強

勉強ってあらためて書くほど勉強してません。
早勉会のテキスト『中級漢語口語1』の音読と、以前の課の重要文暗記をもっぱらやってます。
重要文は、全課をまんべんなく覚える、もしくはその場で瞬間作文をするのが効果的だと思うのですが、今は1課文ずつきっちり覚えようという作戦をとってます。(繰り返せば少しずつ記憶が定着するかなと)
中国語の読書は、しつこくまた『厨房』。
何度読む?って思われそうですが、好きなんだもーん。
次は「狼」もしくは「東京塔」、「餃子」のどれか気がむいたものを読む予定。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-07 14:19 | にゃんこ

砂曼荼羅を見る。

東京国際フォーラム内「相田みつを美術館」で開催されていた『ダライ・ラマ法王生誕75年祝賀特別記念行事』最終日に行ってきました。

今日は6日間かけて作った砂の曼荼羅が完成する日、そして破壇(壊す)日でもあります。
これまでも何度かチベット・フェスティバルなどで砂曼荼羅を見られる機会があったのですが、毎回何かしらアクシデントがあって見ることができずにいたのです。
今回こそは!と思って。

会場はかなり狭くて、砂曼荼羅を人垣から覗き込むような形になりました。
が、そこはでかいわたくし、メリットを生かし写真ばっちり撮れましたよ~!

e0072264_2262773.jpg


なんと美しい。
これは大日如来を表わしているそうです。

砂は正確には大理石を細かく砕き、着色したものだそうです。
口に覆いをしたお坊様が小さい金属の筒の穴から少しずつ砂を落として描いていきます。

e0072264_22172241.jpg

砂は色別にきちんと並んでいました。

瞑想の中で観想する心の中の曼荼羅。物質である砂曼荼羅。
2つが重なり合い砂曼荼羅に大日如来(今回は)を招きいれ祈願をした後、大日如来は浄土へ、砂曼荼羅は川へ流します。
きっぱりしててわかりやすいですね。



破壇はあっという間!
崩す前に、曼荼羅の中に入っている仏達を一人一人つまんでおわんの中に入れていく作業があり、なんだか面白かったです。


e0072264_2217839.jpg

ダライ・ラマ睨下の祭壇。


儀式の前に「チャム」という舞踏の奉納がありました。
鹿、骸骨などの仮面がなにやらかわいらしく・・・。
独特の音楽と、悟りを得た高僧だけが踊るのを許されるという特別な踊りを見ていると陶酔状態になります。



「死」を表わす骸骨の衣装。かわいい・・・♪



「大黒天の舞」
チャムを踊るのは修行を積んだ僧侶に限られ、踊る際は仏と一体になる瞑想に入るそうです。(2009年チベットフェスティバルのパンフレットより)
チャムを見ると仏のご加護が得られるそうですよ。^^

バター茶をいただき、ご加持された数珠を1本買い求めてきました。
次回は場所がもう少し広ければな~。笑

ずっと立てひざで武士みたいに構えて儀式を見てたら、足がしびれて大変な苦行になってしまいました。^_^;



チベットがチベット人の国に戻りますように・・・・。心から願います。
[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-04 22:48 | 音楽、芸術、催し物

美術展、上半期総決算。

今年前半の美術展は印象深いものが多かったです。

結構こまめに出かけたような気がしたけど、まとめてみたらまあ普通のペース。
それだけ中身が濃かったのね。

e0072264_21344382.jpg

*江戸東京博物館の「モンゴル展」も行きました。不本意な内容でね~。すっかり忘れてた。^_^;

この中で勝手にマイベスト3を選んでみます。

・・・って考えてみたけど、どれもそれぞれ素晴らしくて甲乙つけがたいっ!
美術はその時の自分の気持ちによってもずいぶん受ける印象違うしね。


なので、印象に残った油絵作品をいくつか。

☆ 長谷川潾二郎の『猫』
ひげが片方しか描かれていないりん二郎の飼猫。

e0072264_21532862.jpg


☆ ラファエロの『一角獣を抱く貴婦人』
塗り重ねられていた絵の具を取るとそこには別の絵が!
このペンダントと袖の深い葡萄色がなんとも美しかったです。

e0072264_22325057.jpg


☆ レンピッカの『緑の服の女』
レンピッカグリーン!憧れの女性です。

e0072264_22335821.jpg


☆ モーリス・ドニの 『内なる光』
宗教画のような美しい絵。日常の中に祈りがある。

e0072264_21565072.jpg
 

☆ ルノワールの『ブージヴァルのダンス』
この女性はあのモーリス・ユトリロのお母さんだそうです!

e0072264_22354572.jpg


ああ、きりないからここらでやめよう。笑
ブラングィンの海賊の絵はちょっと前に紹介したから省略で。

どの絵からもそれぞれの異なる力をもらいました。
今年は特に女性を描いた絵が気になりましたよ。
やはり水瓶座の時代だからかな?

後半もまだまだ素晴らしい美術展が目白押しです。
なんといっても、「オルセー」と「マネ」にまだ行ってませんから!
おお、「カポディモンテ美術館展」も始まってますね。

楽しみ楽しみ。

最後におまけ。
内藤ルネ展で懐かしの邂逅・・・。
このパンダのキャラクター、子供の頃はやったなあ。遠い目。

e0072264_22375326.gif

[PR]
# by nihaoperio | 2010-07-01 22:25 | 音楽、芸術、催し物