<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オンラインレッスンメモ

久しぶりにオンラインレッスンの体験レッスンを受けた。
いろいろ噂の「中国語文化学院」っていう教室。
個人経営でHPや予約等の連絡手段のアナログ感ったらないけど、HPを見る限り内容はかなり真面目で誠実な印象を受ける。

お試しは30分、3人まで無料。
レッスン前のあの途方もない緊張感を3回も味わうのは耐えられないので、一気に1日でお願いした。9時~、10時~、11時~、という間に30分休憩を入れて。

以下ざっと感想。
先生には事前メールで「発音練習をしたい」と連絡しておいた。

☆1人目

最初に、今どんな風に勉強してますか?と聞かれた。
もちろん話す言葉は全く聞き取れないのでチャットの文章で理解。
中国語会話を実際するって、去年のオンラインレッスン以来。
緊張もあり「にーはお」以外、ひとっこともわからない(笑)
なんかいろいろ話しかけてくださったけど、私がずっと「はあ・・」と無言だったので、先生もあきらめたのかピンイン表を使って発音練習に入った。

すみません、先生。
聞き返す言葉も、もう1回言って、も、あいづちも一切浮かばなかった。

そして発音練習。
bo,mo,foみたいなのを1つ1つ発音した。
口の中の形、喉の開き、歯の場所等々、すごく丁寧に教えてくれる。どうやら私はfの音が問題ありらしい。20分くらいの練習だったけど、かなり口が疲れた。
30分ちょうどで挨拶をして終了。

☆2人目

挨拶、自己紹介から。
ちょっと慣れてようやく先生の言葉がなんとか聞き取れるように。
ただ、この先生ものすごい早口で、途中口を挟んで「○○って何ですか?」とか「聞き取れませんー!」とか言わないと、早回しのテープを聞いてるみたいな状態になってしまう。
わからない部分はチャットで。

私が「ずっと本を読んでいただけなので、会話は苦手なんです」と言うと、「何の本?」と言うので、三毛だ、というと嬉しそうだった。
先生も三毛が好きらしい。
それから他の作家を紹介してもらったりした。

その後「中級漢語口語」のテキストを使って練習。
1課かと思ったら12課くらいのところであせる。
単語を読み、これを使って短文を作って、って突然。
ええ、勿論全くできません。きっぱり。
こういうの苦手。頭空白になって何も考えつかない。瞬発力ゼロ。
急に電話ボックス、とか言われてもねえ・・・
そういえば、以前マンツーマンでもやられたけど全くできなかったな。
気まずい沈黙の後、業を煮やした(笑)先生が作ってくれたのを読む。

なんかだんだん面倒くさくなってきて、時計ばっかり気にしちゃった。
本文を超高速で読む先生について読み、特に発音も治されず終了。
多分先生もうんざりだったんだろうなー。ごめんなさい。

☆3人目

学院長先生。
最初の挨拶の後、何か言われた。何かを開け、と言っているみたい。何を??
「何を開けと?」と聞いたら「○×△」と何か単語を。「わかりません」と3回くらい言ったら「メールです」って言われた。
あーあー、そんな単語さえわからない私って・・・涙
あわててメールを開こうとしたら添付の容量が大きいのか全然開かない。
かれこれ5分くらい、「すまん、まだ開かない、ちょっと待って」を繰り返しつつじたばた。
その間、中国語を始めたきっかけなどを適当に話す。
メールを開くと、ピンインなしのエッセイ的な文章だった。
それを「さあ、読みなさい」ってことで、読んでいく。
読みのわからない単語はほぼなかった。
読んで、発音・声調を治してくれる。
音の強弱、舌や歯の位置、くちびるの形、息の出し方等々すごく細かくて丁寧。
軽声の出し方を特に注意された。

次に別ファイルを開く。こちらはピンイン付の会話文。
ピンインあるとガチャガチャ読みづらかったけど同じく指導される。
ここで時間がすでに10分過ぎてたけど終わらず。

最後に先生が「こんな感じのレッスンです。あなたは耳がいいし(はぁ?皮肉?)、発音はちょっと治せば大丈夫。別の先生に教わってください」って。(ここは日本語だった)

ええええ??別の先生に??それは、私はあなたを教えたくないわ、ってことだよね?汗
それとも、別の先生にも、って事???と、ちょっと思い悩みつつ終了。

うーん、いい感じだったんだけど、先生のスカイプの調子が悪いのか音声がひどくなるときがあった。
声が全然聞こえなくなったりして。

とまあ、こんな感じ。

うーん、
月3000円近く出して発音練習は必要なのか?
貴重な土日の半分をレッスン前のひどい緊張で過ごす、そして毎日レッスンのプレッシャーで押しつぶされるのはどうか?
そもそも会話を必要としないのに発音訓練だけするって意味ないんじゃあ?
慣れてきたらこれがモチベーションUPになるかもしれないし、外国人苦手症みたいのも治ったりして。
でもレッスン、ど緊張だけかと思ったけど結構3人目の先生は楽しかったな。

そーねー・・・
とりあえず、今回は体験ってことで。
経済状況危機なんで、やはり月3000円は他の趣味を優先しよう。

というところ。m(_ _)m
[PR]
by nihaoperio | 2013-01-28 21:13 | 語学 | Comments(4)

中国語を再開しよう。

私は常々「中国語は趣味」と言っている。
勉強を始めた頃は、将来自分が優雅に中国語を使って会話したり、本を読んだりしている場面を思い描いていたけれど、やるにつれてだんだん目的は「文章を読むこと」に傾いてきた。
ようやくここのところ、小説を「びびる」ことなく楽しく読めるようになってきた。(もちろん完全ではないし、単語も調べ調べだけど)
あとは語彙力を増やして、文法のあやふやなところを処々チェックしていけば少しずつ理解も深まるかと思える。

で、最初の「中国語は趣味」のこと。
これ、時に中国語学習者の方をとても不愉快にさせてしまうフレーズなのかもしれない、と思う。
語学を学ぶということは、読む、話す、書く、聴く、トータルで語学を学ぶってことだもんね。
その中の「読む」だけに特化するって、ちょっと不自然かも。
もしくは、話せない理由を「読むことが目的なんだ、趣味なんだ」って言い訳してるというか。
なんとなく最近自分でも「ちょっといつまでもそんな事言っててもな・・・」って気になってきた。(遅い、遅すぎる・・)

年が明けて、私のまわりの語学仲間たちが次々と「やるぞ」宣言をし始めたので、私も負けじと!
今年は去年の“まったりモード”から一段階アップしてみようと思う。
オンラインレッスンもお試し受けたままだし。

気負ってもいけないから、とにかく継続。
いきなりいくつも手をつけず、決まった量を毎日やり、徐々に習慣づける作戦を。


・・・って、なんか真面目に書いちゃったな。。。。(-౪-)

e0072264_1904178.jpg

[PR]
by nihaoperio | 2013-01-22 19:15 | 語学 | Comments(8)

明けましておめでとうございます。


e0072264_841339.jpg


昨年後半は美術鑑賞に夢中になり、明けても暮れても美術書を読んだり、美術館へせっせと足を運んだりしておりました。
挙げ句の果てに、衝動的に美術検定2級にチャレンジし、ストーンと落ちました!
(選択問題はばっちりだったのに、穴埋めがへろへろぴー)
久しぶりの試験は新鮮な気分で楽しかったです。

今年は自分が一体何にはまりこむのかわかりませんが、日々楽しく、健康で、機嫌よく過ごせればと思います。
ブログ更新も、のんびりやっていきますよ〜。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。056.gif
[PR]
by nihaoperio | 2013-01-05 08:15 | 日常のひとこま | Comments(2)