<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ねたがなくて・・・。

今日からNHK語学講座は新学期。
みなさんのブログを拝見しては「おおお!頑張れ!」とひそかにエールを送っている。
私は今年度はやらないつもり。(って言い方は変ね)やりません。(笑)

ここのところ、どうも気が抜けて、だらだらとだらしなく毎日を送っているばかり・・・。
そんなことでブログに書く事も見つからなくて。
どうしよう~。

最近食べておいしかったものとか。(サンクスミニストップのチョコパフェ)
e0072264_21215672.jpg


田舎から送られてきたものとか。(でこぽん、あけみ、ネーブル、せとか)
e0072264_21222545.jpg


食べてばっかりだー。(-_-;)



e0072264_21225839.jpg

「朝から晩まで食べてると太るわよ。」(byはな猫)

e0072264_21233536.jpg

「あったかうほー!うほー!うほー!」(byくま猫)

くま猫は、洗濯ピンチの上とか、カーテンレールの上とか、エアコンの上とか、変なところばかりでくつろぐ。
黒いから、夜だとわからなくてびっくりだ・・・。
暗闇の中で「うぇぇ」とか小さい声で鳴いたりね。
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-30 21:31 | 日常のひとこま | Comments(12)

子猫たちももう大人。

去年の7月1日に生まれた子猫たち。
もうすぐ9ヶ月になる。

すでにママより一回り大きくなり、大人の体型になってしまった。
ああ~、小さいのなんてあっという間なのね・・。
ヨチヨチ歩いてたのなんてつい最近みたいな気がするのに。

最近では、少しずつ発情期っぽい行動をするようになってきた。
そろそろ手術しないとかも。(かわいそうだけど)


くま猫とりん猫・・・・。
男同士なのに、なんか怪しい練習をしている。
隣にいたママ猫、はなのパンチ炸裂!!!



部屋がぐちゃぐちゃです・・・・・(-_-)



e0072264_21181613.jpg

「怒られちゃったね」「そうだねー。なんでだろねー?」(byりん&くま)
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-24 21:21 | にゃんこ | Comments(10)

『プラン・ジャパン』から、私が支援していた中国のチャイルドとの契約が終了しました、という連絡が来た。
理由は、「引越しのため」。

そういえば前回来た手紙に、試験に合格して上の学校に進学が決まった、って書いてあった。
多分、その学校がある都市にお引越しするのだろう。

ちょっと寂しいけど、おめでとうー!!ヽ(^。^)ノ
勉強熱心で優秀な子だから、きっと将来憧れの警察官になれるでしょう!

引き続き他のチャイルドを、というお誘いだったけど、しばらくお休みして様子をみてから、と思っている。
今度は中国ではなくて、全く知らないところの国もいいかな、なんて考えてみたり。
また、別の形の支援にするかもしれないし。

また次も楽しい交流ができるといいなあ、と思う♪


e0072264_1553117.jpg

「麻生さんって??」(byりん猫)
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-23 15:14 | 日常のひとこま | Comments(4)


e0072264_942855.jpg
e0072264_9422526.jpg

1968年のフランス核実験(コードネーム:カノープス)時の写真。
真っ暗だが、昼間である。


e0072264_9431096.jpg

ウィグルにおける核実験場。
居住エリアより10kmしか離れていない。



核兵器が落とされた国は日本だけではないって事を、私は不覚にも知らなかった。
日本では全く報道されていないこの情報、たくさんの人に知ってもらいたいと思い、日記に書いてみる。

先日、『シルクロードにおける中国の核実験災害と日本の役割」』というシンポジウムに参加した。

【シンポジウム趣旨】
中国は1964年から1996年までに,ウイグル地区ロプノールの実験場で延べ46回の核爆発を行った。
シルクロードにおける世界で最も不透明な核実験の実態を,核放射線の物理と放射線防護学から透視。
ウイグルの人びとの健康被害と核ハザードは,21世紀の現在も続いている。

講演されたパネリストと内容は以下のとおり。

1.「中国の核実験災害とその問題点」 理学博士 高田純氏
→ 高田教授HP
→ 「日本シルクロード科学倶楽部」
→ 内容詳細は「★おつるの秘密日記 酒と薔薇と愛の日々★」

2.「健康影響の調査」 医師 アニワル・トフティ氏

3.「日本の役割」 国際政治学者 藤井厳喜氏

*櫻井よし子さんも講演を予定されていたが、中国側工作員の妨害により急遽変更に。
 ダライ・ラマ睨下の甥にあたるケドゥープ・トゥンドゥップ氏(現チベット臨時政府議会議員)もご挨拶して下さいました。通訳はペマ・ギャルポ氏。


・・・・・しばし絶句。何という暴挙であろうか!!


核実験とは、なんと自国の人民の上で行われたのだ。
しかも地表爆発型の実験を含め46回も!
中国は、チベット、ウィグル、モンゴル、台湾という文化も言葉も違う国を侵略し、中華人民共和国だという宣言をしているが、その自称自国民を実験材料にしたのだ。
どこの国家が自国民に核を落とすというのだろう!!
しかもウィグル地域に核を落とすときは、シナ内地に核物質が飛散しないよう、東から西に風が吹く日を選ぶという。

ウィグルのトフティ氏がおっしゃっていた。
「自分の国ならば核を落としたりしない。毛外の国だと思うからこそ、そのようなことができるのだ。これは現在進行形の植民地政策に他ならない」と。
実験が行われた年から、ウィグル地域に住む人のガン罹患率が急激に増加した。
中国全土の30%の割合で今現在も増え続けているそうだ。
実験前、ウィグル省に設けられている総合病院のベッド数は40。
それが2年後には2000になったという。
そして被爆者129万人、死者19万人になるという結果が出た・・・。

講演会前に上映された、「Death on the silk road」。
これは、1998年の7、8月にイギリスのテレビ局チャンネル4で放映されたドキュメンタリーだ。
ウィグル人医師が東トルキスタンを調査したものだが、そこには奇病、ガンの子供がたくさんでてきた。
まだ子供なのに痛くて苦しくて「足を切り落として」と言う。
「もう我慢できないの。お父さん、お母さん、さようなら」と泣く。

中国は核実験の被害を公表せず事実を隠蔽し、現地調査も許可しない。
そのため現地の人達は40年以上も放置され苦しみ続けているのだ。

これが正常な国家のやることだろうか?

被爆国であり民主主義国家の先鋒として、日本はこれらの地域の方を支援し、中国のこのような行為に対しては断固立ち向かわなければいけないと思う。

私たちも、事実を知る努力をし、政治に無関心でも投票する時はよーくその人の政策を研究してほしい。
日本から中国へ流れた5兆数千億ものお金。
それが何に使われたのか・・・。

よく考えてほしい。
知らず知らずのうちに、私たちは間接的に加害者になっている可能性があるってことを。

この日は、ウィグルとチベットが手を結び、日本と協力して問題解決に当たっていく、という記念すべき日になった。
私も、自分にできることを模索しながらできることをやっていこうと思う。


『東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)における中国共産党の弾圧』

[PR]
by nihaoperio | 2009-03-21 10:01 | ぺりお考える | Comments(6)

粉物、粉物。

先日、友人からパン用の食材をいただいた。(大感謝です!!ありがとうー!!)
いつもは残り物を投入しているホームベーカリー。
久しぶりにちゃんとした美味しいパンが焼けるぞー!(゜-゜)

まずは、アマニミックス&チョコチップ。
アマニ(亜麻仁)というのは、紀元前から食されている穀物で、α-リノレン酸やリグナン、食物せんいを豊富に含んでいるらしい。
特に、α-リノレン酸はゴマの100倍も!!頭良くなりそう~♪
最近ホームベーカリー仲間の間で非常にはやっているので気になってたのだ。

e0072264_2165498.jpg

うーん。香ばしくて、何もつけなくてもパクパク食べられる。
じっくりかみ締めると、たくさんの穀物の香りが広がって紀元前エネルギー(何だそりゃ?)がわいてくるようだ。


e0072264_2173597.jpg
e0072264_2174540.jpg

これは抹茶パウダー&白いんげん豆の甘納豆。
甘納豆投入が少々早すぎて、豆の形がわからなくなってしまった。
とはいえ、抹茶の苦味と甘納豆の甘さがぴったりで、ちょっと驚くほど美味しい!
お彼岸に実家へ持っていこうかな。



e0072264_218071.jpg

ホワイトデーの日に、ぺり夫が買ってきたバームクーヘン。
ホワイトデーって事は気がついてないみたいだったけど・・・。まあいいか。^_^;
錦糸町にある工場直売で、ビニール袋に無造作に入れてくれるらしい。
それがまたなんとも味があっていい感じ。
すごくしっとりしていて、東京大丸の「ねんりん屋」より美味しかったー!!

今晩は、かぼちゃパウダー入りの食パンを焼く予定。

皆様、何かおすすめホームベーカリーの具があったら教えて下さいませ。
よろしくお願いいたします。<(_ _)>
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-16 21:39 | 真好吃! | Comments(10)

美人の香り。

今月から、本格的にヤングリビング社の精油(アロマオイル)を使い始めた。
マイミクさん(mixi友)に紹介していただき、何本か気になるものを購入。
届いた中に『レディ スクラレオール』という日本未発売の物がキャンペーン期間中のプレゼントで入っていた。

e0072264_2191339.jpg



会社のHPの説明↓

☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ

レディ スクラレオールは、このうえなく優美な香水としてブレンドされました。
お肌に良いといわれ、素晴らしい香りをもつ天然植物のエッセンシャルオイルを存分に使った魅惑的なブレンドです。
レディ スクラレオールは、とても女性にやさしい香りです。

<ブレンド内容>
ローズウッド、ベチバー、ゼラニウム、、オレンジ、クラリセージ、イランイラン、サンダルウッド、スパニッシュセージ、ジャスミン、アイダホタンジー

☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ


そして、スクラレオールと言えば、クラリセージに代表される女性の卵巣から分泌される「エストロゲン」に似た働きをすることで有名。(ああ、懐かしや~、アロマ検定試験・・)
神経を穏やかにしてくれるし、更年期障害にも効くのよ~!


でも、何と言っても、
この上なく優美!そして魅惑的!ってーー!!!
そ、それは是非使用せねば。

次の日、早速つけてみたところ・・・。

“美人の香りーーー!!” (^◇^)

と絶叫してしまった。
つけた瞬間は、ゼラニウムとジャスミンとセージの香りがたっていて「きつい?」と思ったけど、すぐに体温で温められてまろやかになっていく。
時間がたつと、サンダルウッドとイランイランがなんとも優しい柔らかい余韻を残してふんわりと香る。
すぐ消えそうなオレンジも最後までそこはかとなく残っていてけなげだ。

これ、自分を奮い立たせるのにいいかも。
朝つけたら、電車の中で自分が女性だって意識がちょっとわいたもの。(笑)
いつもは自分が女性だなんて事全く考えてないのに。
ぶつかってきたおっさんに「チッ!」ではなくて「ごめんなさい♪」なんて言っちゃった。

今日も苦手な美容院へ行く前につけてみたら、ためらわずにドアを押すことができたし。

香りが引っ張ってくれるっていうのはよくある事だけど、さすがはヤングリビング社。
噂にたがわぬすごいパワフルなエネルギーだ。
1本使い続けたら、美人もどきになれるかもよ!!

楽しみー♪

e0072264_219779.jpg

猫たちはアロマはだめよ~。中にはいいのもあるけど、もうちょっと勉強するまではお預け!
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-15 21:12 | きれい | Comments(10)

地下工作。


松岡 榮志,木村 守
Amazonランキング:252437位
Amazonおすすめ度:



いや~、地下工作ってほどの物じゃありませんが、最近の中国語学習。

ラジオはすっかり中断してしまった。(イヤホンすると耳痛するのが再発したので)

私の最大のネックはリスニングだけど、もうこれはとりあえず放置することにした。
だってわからないものは必死にやっても辛いだけだし、とにかく全然面白くない。
「中国語に触れてれば幸せ」という、徹底的に趣味である語学は、その時その時に自分が楽しいと思えることをやればいいや、と。
たまーに、激勉するのが自分の中でブームになる時もあったりして、そこら辺の波がまたいいのよね~。(^◇^)

今は、ひっそりと↑の本を読んでいる。
これ、2部構成になっていて、1部はひとつの中国語作文に対して、先生と生徒が会話しながら説明するって形式。
例えば、「上海についたら私に電話してください」という言い方を、「こう言えばいいの?」「いやー、それもまあいいけど、ちょっと中国語らしくないね~。」「動詞はああだからこうしてここに・・・」みたいな会話が見開き2ページにわたって展開される。
さりげなく文法事項も盛り込んであるので、肩の力を抜いて読みながらも、ほんのちょびっと頭に入ってラッキー!っていう軽い雰囲気である。

2部は、体育会系!!
ひたすら日本語文がずらずらと並んでいて、その下に書き込めるぐらいのスペースがある。
ただそれだけ。
なんせそれが1025文もよ~!!誰がこんなの全部やるのさ・・・(^◇^)
答えは説明なしの1文のみ。あまりの潔さと、シンプルさに大うけだ。
でも、こういうの嫌いじゃない。
ゲーム本みたいに、ペラペラと問題みたり答えを見たりして楽しめるし。
暗記しようとしたら地獄だけど・・・。

まあ、適当にゆるゆると。
前に日記に書いた「聴読中国語」、耳痛を理由に全然聴かず、文章書き写して自己満足的楽しみに使用している。
字の練習になるし(笑)、単語もちょっと覚えられるし良い感じです。

今年は、中国語学習は優先順位の下位なので、こんな感じで許してー。<(_ _)>
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-13 11:07 | 語学 | Comments(8)

リラックマ・・・。

3月に入り、何かとバタバタ忙しい毎日。
だんだん疲れもたまってきて、何かに癒されたい気分。


そんな気分で東京駅地下街を歩いていたら、「リラックマストア」を発見!
あんまりのほほーんとかわいいので、思わず中に入ってしまった。
あああ~、かわいい~♪あのくま達が山のようにいるー!
すると、店の奥におくるみにつつまれたようなリラックマがいるのを発見!!

e0072264_20325456.jpg


ひゃー!なーんてかわいいんだろう。
思わず抱っこしてみたら、フワンフワンで気持ちがいい。
「欲しいなあ」
と思ったが、これ私のキャラじゃない。強烈にキャラじゃない!!(-_-;)
職場の人に万一目撃されたら、気がふれたか?と大騒ぎになるだろう・・・。むーん。


そうだ!我が家にはフワンフワンが4匹もいるではないか!!




早速帰宅後に、リラックマならぬ「くま猫」をひざ掛けでくるんでみた。

e0072264_20354839.jpg

うふん♡


ややっ!!違う!!何かが違うーーー!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

なんかショックで、他の3匹で試す気がしなくなっちゃった。

やっぱり猫は裸が一番かわいいのね・・・。
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-10 20:46 | にゃんこ | Comments(10)

今日は「サイモントン療法forペットセミナー」の講演会に参加してきましたー!

056.gifサイモントン療法とは?

アメリカの心理社会腫瘍学の権威カール・サイモントン博士が開発したがん患者さんとそれを支える方々のための癒しのプログラム。
簡単に説明すると、イメージトレーニングで心身の治癒を図るというもの。


今回はこれを須崎動物病院主催で、ペットに特化した内容で、

●ペットが病気になったときに前向きに治療に取り組む秘訣
●ペットロスにならないために気をつけること
●死に対する恐怖心の克服
●病気・難病から健康を取り戻すために必要なこと

などを「サイモントン療法」の認定トレーナー、川畑伸子先生が講義をして下さった。

2年前に先代猫を立て続けに亡くして以来、ペットの「病気」「死」という物をよく考えるようになった。 特に難病で余命宣告されたような場合の飼い主のあり方、また亡くした後のペットロスは経験しただけに特に気なっていた。
そこへちょうどこんなセミナーがあるということで、すぐさま申し込んだのだ。

場所はなんと六本木!
お昼をはさんだ1日セミナーだったので、お弁当を持っていくことにした。
昨日焼いたパンと、夕飯の残りの筑前煮。それから熱々コーヒーを水筒に。
何だか朝からピクニック気分~

会場についたら知り合いにばったり!
1年ぶりにお会いして嬉しかった。
同じテーブルに座らせてもらい、なんだか心強くなる。

さてセミナーですが・・。

これがすっごい濃厚で・・・。
午前中は須崎先生の前座。っていってもたくさんの症例からのお話で、とても勉強になった。オフレコが多くてここでは書けないけど、

デトックスは健康なうちから!

がポイントかな。
講座のボリュームがありすぎて時間が足りず、ランチをとりながら講義を聴くというかなりハードなスケジュール。

午後の「サイモントン療法」の講座も、短時間と思えないほど密度が濃かった。
とにかく徹底的なイメージコントロールで、自分自身を本質に戻していく。
「出来事をどう捉えるか?」が重要なテーマだそうだ。

今ある問題を実際に手で書き出し、それを肯定的に捉えた文章に書き直す。
例えば「動物が病気で死んでしまうかもしれない」ならば、「必ずしも死んでしまうとは限らない。自分の力で大きな変化を生み出し、健康を取り戻すことは可能だ。」というように。
ここで「絶対に治る!」というような事実に基づかない仮定は×。
しっかり地に足をつけた考え方をしていきましょうと。

なるほど~。
書き出すのは私はよくやってたけど、こういう風に肯定的に書き換えるっていうのはやったことがなかった。
病気の時にかかわらず、どんなささいな事でも簡単にできるのでこれからやってみようと思う。

肝心なペットロスに対しての対処法は、健全な死生観をはぐくむこと、死後もペットと対話すること、だそう。
ちょっとスピリチュアル方面になってしまい言い方が難しいのだが、

死という物は、動物とのかかわり方が変わるだけで、彼らとの関連性が絶たれるわけではない。

という考え。私はまさにそう考えていたので何だか嬉しかった。
人もペットも、実際に触れ合ったり会話したりはできなくなっても、今度は別の方法で関わることができるのだろうなと思う。
それが目に見えない心の対話だとしても。

目に見える物が真実ではなくて、自分が信じることが真実になると先生がおっしゃっていた。

うーん、言いえて妙だ。先生すごい。坊さんみたい~!

最後に質疑応答があり、全部終わったのは1時間オーバーの5時!
最後の方は疲れて朦朧としてしまったが、大切な事をたくさん学ぶ事ができて良いセミナーだったと思う。

あ~、そうはいってもにゃんこ達、長生きしてちょうだいね~。
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-08 21:52 | 動物のお勉強 | Comments(4)

小確幸な1日。

油断していると、どんどん増殖していく本。
食事は切り詰めても、本だけはどうしても買ってしまう悪い癖がある。

本棚がいっぱいになると、ブックオフへ。
前回は去年の秋だったかな~?
今日は単行本を30冊。

e0072264_2371562.jpg


ちょうどいいバッグがなかったので、風呂敷で・・・。(^_^;)
店は電車で4つ先のとこなので、途中重くて大変だった。

30冊で2700円。
思っていたより高かった。ラッキーだ!
どうぞご縁のある方のもとで役にたって下さい。(忍者図鑑の本とかもあるしさー。)

帰りにベローチェでのんびりカフェオレタイムを。
ちょっともうかったお金でクランベリースコーンっていう新発売のスコーンもつけて。

はああ♪「小確幸」(*^。^*)
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-07 23:14 | 日常のひとこま | Comments(18)