<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ほぼ日手帳が来た。

先日ようやっと来年の「ほぼ日手帳」が届いた。
なぜこんなに遅かったかというと、最初、中身だけを注文していたんだけど、やっぱりカバーが欲しくなり追加注文したから。

今回は、はじめてチェック柄を選んでみた。
去年のレッド、今年のメロングリーンと随分違い、どっしりと落ち着いた雰囲気。
丁寧な字で書きたくなる見かけね。

来年はこれと別にもう1冊、A5サイズのシンプルな物を用意している。
ほぼ日にはスケジュール、中国語関係、夕飯のメニュー(つい癖で・・)、夢日記、等々を記入し、もう1冊には猫関係を書くつもり。(毎日の食事や通院記録、日々の様子など)
どんな内容が書かれていくのか楽しみだ。

e0072264_9442629.jpg

ビニールカバーをかけない方がいい感じ。でも汚れるかしらね~。

e0072264_9452132.jpg

こちらは今年の。カバーにインドの神様をはさみこんだり、チベット国旗をはさみこんだりしたけど、今はレムリア系絵画。常に怪しいな・・・。

来年はどんな年になるでしょう?
予想では、またまた大変化がありそうな・・。(宇宙人とか来そうでしょ?)(^◇^)

今年も残るところあと1ヶ月。
手帳の最後の月を充実させられるように丁寧に過ごしていこう。067.gif
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-27 10:04 | 日常のひとこま | Comments(16)

そら猫ちゃんの里帰り。

連休の最終日、8月31日に里子へ行ったそら猫ちゃんが初の里帰りをした。
あいにくの冷たい雨の中、shrimpさん ご夫妻が、そら猫ちゃんと登場~♪

奥さまは、最近そら猫ちゃんのブログを始められて、我が家では大騒ぎしながらお二人のそらちゃんブログを見ているのだ。
「そらちゃんに会いたいね~。」などとブログを拝見するたびに言っていたら、本当に実現してすごく嬉しいわー。ヽ(^。^)ノ

さて、そら猫ちゃんのバッグを部屋に置いた途端、お母さん猫のはなと、弟猫のりんがタタタッとそばにやってきた。
はなが鼻を近づけていったので、「おおっ!親子の感動の対面だ!」と思ったら、そらちゃんはウーウーシャーシャーしてしまい抱き合う姿は見られず。(当たり前ね)
でも、はなもりんも、威嚇されてもちっとも威嚇しかえさず鷹揚な雰囲気。
やっぱりそらちゃん、3ヶ月間ひとり娘として育ってきたから、こんなでかい猫たちがそばにきたら怖いよね~。
すっかり1匹の猫として独立できてよかったよかった。えらいぞ、そらちゃん。(^^)

そらちゃん、生まれた頃はしましまが目立つきじ柄だったけど、今は地の茶色が目立つ三毛きじ猫になっていた。
ずいぶん大きくなってもういっちょまえの美猫ちゃんだ。

くま猫ときく猫は?というと、きく猫はあっという間に逃げ、たんすと天井の狭いところに籠城してしまった。
無理やり抱っこして連れてきても、瞬時にに逃げてしまう。
こんなに人見知りだったとはね~。先代のまる猫そっくり。
愉快で極悪なくま猫は、みんなのいる部屋の外から、ちらっと覗いては逃げ、覗いては逃げを繰り返し、最後には部屋に入ってくることができた。
もう、なんというか姿かたちもそうだけど、行動が漫画のへんなやつのキャラみたいで、みんな大爆笑・・・。くま・・・。(-_-)

e0072264_1059715.jpg

はな、りん、くま。「昨日はおもしろかったね~。」(by全員)

e0072264_111103.jpg

きく、りん、くま。「あたしは逃げてやったわよ。」(byきく)


緊張と恐怖?で固まっていたそらちゃん。
ずっとバッグに入って小さくなっていたけど、少-しずつ慣れてきたのか、バッグの外にでて部屋のチェックをし始めた。
猫じゃらしにも反応し始めて、本領発揮とまではいかないけど、表情が明るくなって超かわいい♪
りん猫によく似てるけど、やはり女の子。なんともかわいらしいのだ。
耳が大きくて、目がクリクリ。

e0072264_110141.jpg

かわいい~♪
育てる人が違うとこうも変わるのか!くまよ・・・。(-_-)


しかし、猫たちも面白かったけど、ぺりお夫婦の間で一番ツボにはまったのはshrimpさまの猫ばかっぷりです。(すみません)
「かわいいね~、いいよ~その柄、ああああ~超かわいい♪」とか言いながら写真をとりまくるお姿は素敵でした。

そら猫ちゃん、本当にいいお家のお嬢さんになれて良かったね~。
雨で寒い日でしたが、楽しい時間を過ごせて幸せだった。

どうもありがとうございましたー!!

e0072264_1171595.jpg

「無印良品」でブラウニーセットがあったので作ってみたのですが、ちょっとパサパサー!
次回は牛乳を生クリームに変えて挑戦ですっ。

[PR]
by nihaoperio | 2008-11-25 11:19 | にゃんこ | Comments(4)

大食いだ・・。

先日、八重洲地下街の小さな古書店で『小さな家の料理の本』を見つけた。
500円でいそいそ購入♪

e0072264_8285326.jpg


これ、「大草原の小さな家」シリーズに出てくる料理レシピがたくさんのっているのだ。
子供の頃、本を読んでは出てくる料理に憧れて、あれこれ想像したり、適当に作ってみたりして楽しんだものだ。
ひきわりとうもろこしのパン、バニティケーキ、青いかぼちゃのパイ・・・物語を思い出してワクワク016.gif



三連休の昨日、本に出てくる牡蠣のスープと人参のクリーム煮を作ろうかな、と思ったのだが、結局お昼は「男の料理-超大量焼きそば」(ぺり夫作)、夕飯は和食になってしまった。

e0072264_8352495.jpg

焼きそばにどんぶりめしを食べる、「ザ・関西人」。

e0072264_8354195.jpg

牡蠣のスープになるはずの牡蠣は、台湾風卵焼きになってしまった。

e0072264_8355043.jpg

沢庵もてんこ盛り。

満腹になりました。
今日はアメリカンな料理を作るぞー!
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-23 08:40 | 真好吃! | Comments(11)

小野先生、素敵な例文をありがとう!!019.gif

中国語ブログ仲間の間で話題沸騰?のこの例文。

井里钻出来了一个女鬼。

e0072264_10553762.jpg

电视里钻出来了一个女鬼・・・・。

こんなイメージで、瞬間的に覚えられた!やったー!ヽ(^。^)ノ





↑これ、『リング』の日本版とハリウッド版のMIX。画期的♡
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-21 11:23 | 語学 | Comments(9)

12月の初めにある、Dr.バーバラ・フュージェのワークショップに参加することになった。

彼女は、オーストラリアで動物のホリスティック療法のパイオニアと言われているそうだ。
ざっと経歴を見ると、
獣医鍼師免許
獣医植物医療免許
獣医カイロプラクティショナー免許
オーストラリアン・カレッジ フィトセラピー(植物療法準修士) ・・・・
と押しもおされぬ専門家中の専門家。


ホリスティックはスピリチュアルと混同してしまいがちだけど、いろいろな方のお話をきいてみると、きわめて実際的なもののようだ。
個々人で体調も環境も違うのが当たり前のように、対処する方法もそれぞれ違ってくるし、この症例にはこれ!という決めつけがないので、「手の施しようがない」「余命」という言葉が出てこないような気がする。(個人的な考えですが)

私は昨年、糖尿病の猫の闘病を8ヶ月経験したが、その猫を亡くし、また間をおかずもう1匹の猫が急死した後にずっと考えていた。
亡くなったのは誰のせいでもないが、少なくとも寿命を縮めたのは私だと。

現代医療の治療を行ったのはもちろん正しい。
ただ、全て病院まかせにしてしまう前に自宅でできることがあったのではないかと。
医者が猫を診るのは長くても30分くらい。その他の23時間30分は、飼い主と一緒にいるのだ。
病院での30分では気がつくことのできない、小さな兆候や猫からのメッセージをキャッチするのは飼い主の他ないではないか。
動物は本来自己回復能力が人よりあるし、「こうだから、こう」って四角四面にコンピューターみたいにはいかないのだ。
特に原因のわからない慢性疾患の場合、症状が出ている部位に対する投薬による対処療法は体をますます駄目にしていくのではないだろうか。
体全体から、そしてその猫の精神面、環境面から、悪い箇所に影響を与える原因を見ていくほうがよりよいのではないだろうか?


食事制限で療法食のみになる前に、手作り食で体調を整えれば・・。
病院にいくと血糖値が急上昇するのは通院のストレスもあったのだから、インスリン注射もう少し待つべきだった・・。
普段投薬を嫌がらない猫が、あんなにも投薬を拒否したのは、薬で体が悪くなることを察知していたからではないか・・。
小さな咳をした時に、胸水に気がつくべきだった・・。
歩けなくなった時、皮膚が裂けてきた時、胸水、腹水で呼吸もできなくなり酸素ボンベ生活になった時、別の医者に相談だけでもすることができたではないか・・。
思えば思うほど、自分の無知加減、人任せのいい加減さに腹がたって腹がたってしかたがなかった。
今でも考えると落ち込む。

あ、話が深刻になっちゃった。(笑)


それ以来、先代の猫たちに学びを得て、今のにゃんこ隊はとってもナチュラルに暮らしている。
ワクチンは打たず(手術時、入院時は別)、食事は手づくりorオーガニック?、緊急の場合以外は病院へ行かず、極力手をかけず、猫は猫らしくあれ!という感じ。

今回のセミナーは、
①犬・猫をパッとみただけで体調不良を察知できるようになろう。
②本には書けない、家庭でも「実際に」できる実践ホリスティックケア、という内容。

スピリチュアルな方面からのアプローチではなくて、体調不良を事前に察知できるテクニックや、ハーブ、アロマ、食事などを教えていただけるようだ。

ああ、これこれ、まさに今知りたい内容満載~♪
まだちょっと先だけど今からすっごい楽しみ。
なんと講義内容のDVDもいただけるの。
じっくりどっぷり勉強してこよう。

最後にひとつ。
「ペットは人間と同じく生き物だ」ってことかな。おもちゃじゃなくて。
そう思いません??058.gif
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-20 15:45 | 動物のお勉強 | Comments(4)

つぶやき(針仕事)

e0072264_11342745.jpg


大掃除をしていたら、むかーし作ったミニサイズのテディベアを発見。

そういえば昔はテディベア作りに夢中になってたんだっけ。
まる猫を拾った9年前から、ほとんど針仕事をしなくなっちゃったな。
針と糸に突進してくるからね。

猫と針仕事の両立は非常に難しい・・・。むーん。(-"-)
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-19 11:38 | 日常のひとこま | Comments(4)

今年最後のテキスト

「まいにち中国語」12月号のテキストが発売になった。
今年最後のテキスト。
なんとなく冬色っぽいかな?

e0072264_11285061.jpg


ラジオ講座、なんとかかんとか続いている。
9月からだから、3ヶ月か~。(゜_゜) シミジミ・・・
本当にいまやこの講座のみの中国語勉強だけど、テキストの使いようによっては結構いろいろなことができて楽しい。
まだやってないけど、例文の日本語訳をパソコンに入力して、作文用の練習問題を作ってみたい。

小野先生今月はおとなしかったので、12月ははじけて欲しいわ。
来週からの漫才劇で何かしてくれそうな気がしません??ヽ(^。^)ノ


e0072264_11292111.jpg

↑知人から教えてもらった「田母神論文」の中国語版。マスコミたちは大はしゃぎね~。(-_-) 
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-18 11:34 | 語学 | Comments(0)

整理整頓決行。

ぺり夫の転職に伴い、すぐ引越しになりそうだったが、どうやら年内はないようだ。

今のマンション、3階だてで世帯数も少なく、住民のほとんどが老夫婦とか、親子2人とか、子供のいない夫婦とかでとってもこぢんまりしている。
おそらく2人暮らしを想定した作りなのだろう、すべてがとってもコンパクト。
田舎から義父が泊まりに来たときは、あまりの狭さに絶句していた。
私たちがでかいからなおさらね~。^_^;

近所同士仲がいいし、駅が近く環境もいいので、狭さは問題なしだったんだけど、なんといっても猫4匹・・・。少々スペース的に厳しくなってきた。
ちょこっと引越したいかも?と思いつつ、はな猫へのストレスを考えるともう1年くらいは住んでいたほうが安心だ。

そこで、この土日に「猫がより過ごしやすくなるように。」と「だらしなく澱んだ空気を払拭するぞ!」をテーマに大整理を決行!
まず、押入れの中身を全て引っ張り出し、いらないものを捨て、とっておく物を新たに箱詰め。

e0072264_1091710.jpg

3匹はTVの上に避難。りん猫、遅れをとる・・・。

我が家は物が少ない、と思い込んでいたが、広げてみたらあるわあるわ、とてつもない不用品の山になってしまった。
一番のネックは私の本なんだけど・・・。
ほとんどの文庫本は以前処分し、先日も単行本を何十冊とブックオフへ持ち込んだにもかかわらず、まだまだ。
だってね~、栗本薫の「グインサーガ」全100巻の予定が、123巻になってもまだ続いてるんだもん。
きっと200巻はいくと思うし、これだけは捨てられず・・・。(-_-)
あとは、ぺり夫の野球のユニホーム関係。一体何チーム所属してるのよ・・・。(-_-)

e0072264_9585049.jpg

掃除中、捨て猫ごっこをしていたはな猫&くま猫。楽しかったみたい。

なんと1日がかりで、可燃ゴミ12袋、不燃ごみ7袋になった!!
あ、でもうちの地域のゴミ袋っていまだに紙袋なので、普通のビニール製ゴミ袋だったら6袋ぐらいになったかも。

感謝しつつ、お礼をいいつつゴミを全て捨て、かなりスッキリした。(感謝して処分するのがコツです!)
部屋の見た目はそんなに変わらなくても、押入れの中が片付いている、と思うと気持ちがいいものだ。

あああ~、今度引っ越す時は、大型の家具を思い切って手放そう。
そして、兼好法師のようにすがすがと暮らすのだ!
や、暴れん坊猫たちがいたんだっけ・・・・。(-"-)

e0072264_959423.jpg

カラスたちの大群が~!かっこいい~♪

e0072264_100176.jpg

カラスちゃんたちにくぎづけのりん猫。
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-17 10:13 | 日常のひとこま | Comments(8)

武道家復活計画!

こんな本を衝動買いしてしまった。ヽ(^。^)ノ

『魂をみがく武道 日本の伝統 明治神宮至誠館 』(英訳、DVD付)

e0072264_11525472.jpg


明治神宮至誠館開設35周年記念に発売されたようだ。
この写真集、本屋さんで見かけて全身鳥肌が立った。
相手と対峙したとき、的と対峙したときの一瞬の間。
それが明治神宮の緑と共に封じ込められている写真。
そこに添えられた明治天皇の御歌。
うおおおお~!これこれこの感じ。と、しばらく忘れていた感覚を思い出した。


ご存知の方もいらっしゃると思うが、明治神宮内に「至誠館」という武道場がある。
参宮橋よりなので、普通に参拝しているとちょっとわかりにくいかもしれない。

わたくし、ちょっとご縁があって、大学卒業後2年ほどどこの武道場の門人として弓を稽古していたのだ。
何の気なしに、会社が近かったって理由で入門したんだけど、すっごい世界だったわー。
至誠館っていえば、全国の武道家たちの憧れの道場。
野球でいえば甲子園ってとこかしら。

学生弓道あがりでポッと入門したものだから、実際弓をひくって以前に、挨拶、礼儀作法、立ち居振る舞い、着付け等々えらい勢いで叩き込まれた。
さすが由緒ある神社の道場だけあって、稽古前、後の神前礼拝や(道場に入る前から作法があり、きちんと座って礼拝)、神社行事のお手伝い、など普通の道場とは違うことを経験できたし。
「あなたがいると騒々しい!」とか「稽古中にゲラゲラ笑うな」とか師範によく注意されたけど、和気藹々と楽しい時間を過ごすことができた。
朝6時半からの寒中朝稽古に参加したり、お正月の巫女さんバイトなんかもやったなー。
(会社の上司とばったり出会ってあせったけど)

などと、DVDを見ながら懐かしく思い出した。
そこをやめた後(あんまりさぼったもんで破門よ!破門。この時代に・・・)、地元の市民道場とか、住吉大社とか(ここは流派違いで通わず)、体育館付属のとことかいろいろ参加したけれど、やはり1度至誠館で稽古してしまうと、どこも物足りなくて続かないの。

あああ~、弓ひきたいなー。
やはり私は着物に袴で弓をひいてる時がすんごい幸せなのよー!
明治神宮、通えないことはないけど家からはちょっと遠いし。
一番のネックはあの厳しさ。またふざけすぎて雷が落ちそう。(笑)
うーん、1度見学行ってみて「行く!」っていう直感が降りてきたら再入門しようかしら。
来年は武道家復活か??
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-14 11:53 | ぺりお考える | Comments(10)

きく猫、手術しました。

はな猫に先駆けて、小学生?のきく猫が避妊手術を受けた。
本当は、はなを先にするはずだったが、肝臓数値に問題があり調整中なので、2度目の発情が来たきく猫を、という事になったのだ。(くま猫とラブラブモードなのも心配だったし!)

昨日の朝入院し、午後手術。そして今朝迎えにいった。
昨日は1日気が気でなかったが、問題なく順調に済んだそうで一安心。
摘出した子宮と卵巣を見せてもらったけど、結構大きいのね~。(@_@;)

帰宅後は、ごはんもいっぱい食べ、腰はひけてるものの普通に歩いているし、高い所に乗ったりもしているので大丈夫そう。
頭の何倍もあるエリザベスカラーがうっとうしいらしく、ガンガンあちこちにぶつけながら歩いているのがちょっと笑える。
昨晩から、きく猫を探していたくまも、ほっとした様子。

e0072264_1030196.jpg


カラーをつけたままのごはんの食べ方もすぐさまマスター。

e0072264_1030267.jpg


ゆっくり休んでもらいたいのに、はな猫にシャーシャー言われたり、子猫隊にスッタカスッタカ追いかけられたり大変だわ~。
さて、私はこれから出社しなくては。
留守中心配だけど、夕方までみんなぐっすり寝ててくれるといいなあ。(-_-)

きくお疲れ様。058.gif
[PR]
by nihaoperio | 2008-11-13 10:38 | にゃんこ | Comments(2)