<   2007年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

中国語をはじめて4年。
その間、自分が発音している中国語を客観的に聞いたことがなかった。
唯一、学習はじめの頃、単語以前の発音練習の時にちょっとやっただけ。
いつも参考にさせていただいているブログ、「中国語を使いたい--効率的学習法を求めて」で、Shiraさんが、自分の発音を聞く事がどれほど大切かを繰り返し述べられている。
そうだそうだ、と思いながらも録音機材がない、とかいつかやろう、などと一向に埒があかず。

しかし、今の私は進化した。
「やろうかな?」と思ったことは、今すぐ実行する、がモットーだ。
それが、自分にとって良い事なら。

そこで、先日買った「トークマスターⅡ」の登場~♪
パンフレットに、教材の声と自分の声を交互に聞くことができる、という説明があったのを思い出し、早速挑戦してみた。
操作は、意外に簡単だった。繰り返したいフレーズの後に(録音/レッスン)ボタンを押し、そのままトークマスターに向かって自分で発音する。そしてまた(録音/レッスン)ボタン。
これだけで、教材のフレーズ、自分の発音したフレーズ、を何度も自動リピートして聞く事ができるのだ。
使った教材は、NHKラジオ中国語講座応用編の、高原さんのスピーチ。
高原さんの声の方は少し癖があるようだったので、李洵さんが読んだものにした。

結果は・・・・
「うっわー!!!」
だった。なんともたよりなーく弱々しい発音。これじゃあ、通じないわけだ。
単語ひとつひとつの音は、自分で思ったよりもきれいっていっちゃなんだけど、普通に発音できている。
ただそれを文章としてつなげていくと、大きなリズムにのらずぶつ切りになってしまうのだ。
「n」と「ng」の区別もあいまいになりがち。
やはり、日本人だなー。(しかも関東人。関西の言葉は比較的はっきり発音するから)
中国語は、音の抑揚が強いし、有気音・無気音がはっきりしている。
日本語のように口をあけずに発音できるような言葉じゃないんだ、ってあらためて認識した。
これからは、多少大げさでも声調や有・無気音を意識して練習していこう。
くっきり、はっきり!<(`^´)>

それにしても、この勉強法もっと前からやっておけばよかった。
毎回こうして自分の発音チェックをしていれば、変な癖がつく前に矯正できたかも。
すごく楽しかったので、今度は中国語ジャーナルのラジオドラマでやってみたいと思う。
やはり、感情がこもっている会話だと真似しやすそうなので♪
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-30 10:08 | 語学

近頃の茶とら君

マンション猫の茶とら君。
近頃は、すっかり我が家も茶とらのテリトリーの1つになってしまった。
e0072264_1132731.jpg

人の家でおおあくびをする茶とら。

毎晩、私の帰宅を畑や、1階の家のベランダで待ち構え(茶とら用にクッションが置いてあるのだ)、3階まで一緒についてくる。
玄関のドアをあけるやいなや、部屋の中にまっしぐら。
ひととおり縄張りチェックをした後、爪とぎで爪をとぐ。
私がカリカリの袋を出すと、今度は一目散に外へ行き、「にゃうにゃう」催促。
ほんの少ししかあげないけど、美味しそうにペロリと食べる。

この前は、涼しくて気持ちのいい夜だったので、外廊下に座り込んで月を見ながら茶とらと30分くらい遊んだ。となりで箱すわりして、時々私のひざに手をかけてくる。うう、かわいい~♪
e0072264_1137452.jpg

涼しい風に吹かれてくつろぐ茶とら。

マンション中の住民にかわいがられ、向いに住む大家さんにもかわいがられ、美味しい生活なのだが、やはり厳しいのらの世界。
こんな美味しい生活をねらう別ののら猫もちらほら。

e0072264_11424528.jpg

以前登場したさばおや、
e0072264_11433087.jpg

近頃ちらほら現れるシャムお。
他にも、白黒の牛お君や、ぶちのでぶお君などもいる。

昨日の晩は、なわばり争いだろうと思われる大喧嘩の声が聞こえてきた。
誰だかわからなかったけど、もちろん茶とらを応援しちゃう。

今日は雨だから、多分307号室でくつろいでいるんだろうなー。
土曜日だからシャンプー&ブラッシングも。幸せだねー、茶とら。(^_^)
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-29 11:58 | にゃんこ

秀真(ホツマ)文字?

e0072264_10595676.jpg

少し前、寝入りばなに突然こんな文字が現れた。
見たことあるような、ないような・・・・
何か古い和紙みたいなものにかかれていた。
「わわあ」と思ったが、しばらくして忘れてしまった。

そして先週。またしても登場!
今回は、ちょっとズームアップしていた。
2度も続いたのでさすがに興味がわき、「古代文字・神代文字辞典」を立ち読みして調べてみた。
そうしたら、ありましたよ!そっくりそのままの古代文字が!!

どうやら「秀真(ホツマ)文字」といって、縄文以前からある日本固有の文字らしい。
ひゃ~、こりゃびっくり。それがなんでまた出てくるかなー。(゜o゜) 
詳しくは調べてないからわからないが、捏造説などもあるようで興味しんしんだ。

一体何のメッセージを送ってきてるんだろう?わくわくわくわく♪
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-28 11:22 | 精神世界か?

10月からの中国語

さてラジオ中国語講座の「耳たこ中国語」も今日で最終回。
きちんと聴き始めたのは、トークマスターを購入してからなので2ヶ月弱だが、今までになく細かい所に工夫がこらしてあって、初心者の方もずいぶん力がついたのではないかと思う。

今週は特別編の「力だめし」。
発音された単語、ピンイン書き込み、単語の意味等々、基本の「き」のチェックだ。
学習歴4年のわたくし。
「楽勝だろう。」と3回分まとめてやってみた。
しかし・・・100点→91点→85点、と回を追うごとに正解率ダウン。^^;
集中力のなさもさることながら、見直しをする、という重要な事を怠っていたせいだ。
答えを記入して満足してしまい、すぐさま答え合わせをするっていう・・・
結果をすぐ求めるっていうのが私の一番の欠点だなー。気をつけようっと。

10月からは、入門編・応用編とも以前の再放送だ。
せっかく習慣づいたラジオ講座なので、引き続き聴いていこうと考えている。
ただ、この応用編すごく良かったけど、文法解説が主なので語彙力UPが難しいかな、と思っている。
例文は、文学作品などからいくつか出されているけれど、ちょっと現実感がなかったような・・・

この前の「C.TEST」を受けて、文法力のしっかりとした基礎と語彙力不足がわかったので、10月からはそこを焦点にしたいと考えている。
今のところ候補として、
「誤用から学ぶ中国語―基礎から応用まで」(白帝社)
「トレーニング中国語-練習中心」(白水社)←これは無謀かな・・・
のどちらかを、毎日コツコツやってみようかな、と。

無理をすると続かないし、かといって多少の時間を割かないことには、だらだらそのままだし、そこら辺が難しい。
楽しい&眠い・・でもちょっと頑張るか、ぐらいのところでやっていこう。(^^♪

*ハングルは噂のキゾー先生だったので、おためしにひと月きいてみるつもり。
あこがれのトルコ語は、なんと10月から「語楽紀行」で再放送!やったー!
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-27 09:58 | 語学

中秋節おめでとう!

今日は中秋節。(旧暦の8月15日)

月餅を作り、お花を飾って気分はすっかり秋。
そして、偶然にもはち猫の四十九日でもあるのだ。(猫だけど)
今頃は2匹で月見をしてるのだろう。

e0072264_20404557.jpg

平安時代、唐から伝わってきたと言われる「秋明菊」。なよなよとはかなげな感じが秋らしい。

e0072264_20412744.jpg

e0072264_21513100.jpg

蓮のような雰囲気がほとけっぽくて素敵。お花屋さんのお兄さんに名前を聞いて唱えながら帰ってきたのだが、途中のら猫ちゃんと遊んでいるうちにすっかり忘れてしまった。^^;

e0072264_20451895.jpg

オーブンから出てきたばかりの月餅たち。よく焼きすぎちゃった。

e0072264_20455288.jpg

中身は、木の実餡。おいしくいただきました。


e0072264_2046577.jpg

おまけ。「人面月餅」。「悪魔のいけにえ」のレザーフェイスみたいだ!キモイ~。
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-25 20:54 | 真好吃!

横浜ぶらぶら

連休なか日の本日。はるばる横浜へ行ってきた。

中秋節でにぎわっている中華街に行きたかったし、ちょうど、みなとみらいのパシフィコ横浜で開催されている『ヨガフェスタ with ヒーリングスペース』に、お友達のはなんさんがアニマルコミュニケーションで出展しているので、ちらっとのぞきがてら。

中華街の駅には1時くらいについた。
「ああ~なつかしの中華街よ。」
と2年前まで住んでいた横浜の街を思いつつ地上に出たら、そこはなんと渋谷スクランブル交差点状態・・・・(ーー;)
ちょうどお昼時っていう時間帯もあって、食堂という食堂の前は長蛇の列、列、列。
まあ、今日は食事が目的ではないから良かったものの、みんな根性あるのね。

さて、早速目的の食器屋さんへ直行した。
中秋節用に月餅を作ろうと思っているので、その型がないかなーと。
しかし・・・あったにはあったけど、6000円!!!
「太贵了!便宜一点儿行吗~?(ToT)」
な気分だったけど、まさか2000円くらいになるわけないし。
仕方ない。今年も去年と同様「栗まんじゅう」風月餅だな。

がっくりしつつ、後はいつものぞくお店をチョコチョコ見てまわった。
どこのお店も「中秋節月餅フェア」の張り紙があって、いろいろな月餅がてんこもりだ。
きれいな形の月餅は、見ているだけでワクワクしてしまう。
うわさのパンダまんのお店は、何件か増えていてびっくり。
「横浜大世界」では、違うパターンのパンダまんも売っていた。

そして、いつもの食材屋さんで中華食材を買い込んだ。これで約2000円。安い!
e0072264_20371954.jpg


すっかり満足したので、ヨガフェスタへ。
かっこいいヨガウェアを来た、スタイルのいい人達をかきわけかきわけ、はなんさんのブースへ行った。
さすがは、はなんさん。朝からセッションの予約がびっちりだ。
お昼も食べられずちょっと気の毒・・
そこで、ちょっとおしゃべりをして、頼んでいたぺり夫のブレスを受け取った。
e0072264_2122151.jpg

素敵でしょう~?
ぺり夫の写真を見てもらい、今必要なパワーを持つ石を組んでもらったのだ。
今や天然記念物の糸魚川翡翠&ルチルクォーツ。かなりパワフルな力を持っているそう。
すごいなー。ありがとうございます。

往復4時間のプチ遠足だったけど、気分転換になって楽しかった。
さて、これから月餅作りに入りまーす♪(^^)/
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-23 21:04 | 旅・お出かけ

KUSOって?

私の心の中の弟、王力宏。
e0072264_1882598.jpg

この間発売されたニューアルバムの中のタイトル曲、『改変自己』がノリノリであんまり気持ちがいいので、一緒に歌ってやろうと思いついた。(もちろん誰もいない時の鼻歌で)

会社帰り、某コーヒーショップで、ネットで調べた歌詞を「ほぼ日手帳」に書き写していたのだが・・・
歌詞の中にKUSOという文字が!

「へっ?」と思い、英和辞典で調べたけどない。
ピンインかと思って中日辞典で調べたけどなし。
広辞苑で「クソ」って調べたら、もちろんまきまきのあれが・・・^_^;

とりあえず書き写したけど、気になって仕方がない。
帰宅後、早速ネットで調べてみたらありましたよ!「KUSO」が!

(以下Wikipediaより)
KUSO文化(悪搞文化)とは中文圏で使われるアニメや漫画、ビデオゲーム等のパロディを中心とするインターネット文化の総称である。KUSOとは日本語の糞であり、クソゲーに由来している。また、このことはとんでもない事象や、ショボい物を表すのにも使われる。この定義のKUSOは日本のWWWサイトに訪れる台湾人の間で言われはじめ、香港から中国全体に広がった。

ほほーーーーーう!
日本発だったのね。しかもあの「クソゲー」から来てたとは。
実はひそかにゲーマーのわたくし。
適当なソフトを買ってきては、「ええい、クソゲーめ!」と叫び、すぐさま売りに出す、という生活をしていた事もあるのだ。^m^

いろいろ調べていたら、なんと『「KUSO」厨房』なる番組を発見。
日本の愛エプのパクリみたいな内容だけど、面白そう。

ちなみに、リーホンの歌詞はこんな感じ。

♪今早起床了 看镜子里的我 忽然发现我发型 睡的有点kuso

しかし、女子が使っていい言葉なのかどうかは謎だ。
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-22 18:27 | 語学

とんだ小者っぷり。

私は背が高い。

今までにつけられたあだ名といえば、「トーテンポール」「マサイ」「長ねぎ」「でいだんぼー(巨大な妖怪“だいだらぼっち”のなまったもの)」「ビッグフット」「アマゾネス」等々。(`´)

会社でラジオ体操の時にジャンプしてたら、普段まじめで冗談など言わない課長に、「ぺりおさん、天井つきやぶるからやめてよ。」と言われた。
受付の時に、立って応対していたら小さめのお客様に「でかすぎる」と説教されたりも。
そうそう、結婚式の時ヅラかぶって鳥居の前で写真撮ったら、なぜかうまい具合に鳥居と同じぐらいのサイズで撮れてしまったり。
「恐怖・聳え立つ花嫁」像だったよ・・・円谷映画に出演できそう。

ああああ~!!でかいの嫌。もっとこじんまり、か細ーくなってみたい~!!
洋服だって、一般の9号じゃ手足がつんつるてんになっちゃうし。
サイズが増えたといっても、まだまだ9号が中心なのだ。ちっ。

そんな中、唯一便利な事がある。
この前、久しぶりにジーパンを買いにいったのだが、ちょちょっと試着してそのままレジへ
GO!
そう。でかい私は裾のお直しをしなくても良いのだ。
サイズ直しの列を見ながら、「ふふん、どうよ?」とほくそえむわたくし。
はああ。こんな所で小者っぷりがばれるわね。^_^;

でも、小さくなってみたいよー!
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-19 20:43 | 日常のひとこま

試験の反省。

語学ネタが続きますが。

日曜日の「C.TEST」終了後、こわごわ自分の間違いぶりをチェックしてみた。

・・・思いもよらず正解している箇所もあったけど、なんと、正解か不正解かがよくわからないっていうのが!!どんだけ情けない頭なのよーーー!!(ToT)

本当に今回は、準備不足、勉強不足が露呈した試験だった。
試験を受ける際の黄金の鉄則、

①事前に、過去問を時間どおりに解いてみる。
②試験用紙が配られたら、できそうな箇所からやり、わからない所は後回し。
③とにかく集中力。

をすっかり忘れていて、時間配分を考えず、律儀に最初からやってしまい最後はマッハでとくはめになってしまった。もったいない。

試験としては、リスニングは量・内容共に、実生活にためになりそうな感じがした。
あれだけ次から次へときかされればね~。
問題文を1度だけしか読まない、という1発勝負な点など聴くぞ!という覚悟が決まりそう。

文法は、とにかく量。基本的な構文さえ覚えていれば、そんなに難しいわけではないのだが、とにかく悩んでいる時間はない。
確信をもって「これ!」って選べるような基礎体力が絶対に必要だ。

それから、ごくごく当たり前のことなのだが・・・『鉛筆』。
問題量が多いので、マークシートの塗りつぶしに思いのほか時間がとられてしまった。
すっかり試験をあなどっていた私は、あろうことにいつも使用している「製図用シャーペン」2本しかもっていかなかったのだー。線が細細でしたわ・・・・(T_T)

まあ、今回の試験ではショックを受けたけど、おかげで中国語の勉強に対して前向きな気持ちになれたので良かったと思う。

ちょうどタイムリーな事に、NHKで『関口知宏の中国鉄道大紀行』を放送してたし。
この番組ちゃんと見たの初めてだったけど、いい!
関口君みたいな人が近くにいたら絶対に惚れるな。(夫、すまぬ)(*^_^*)

今日は、NHKの新テキスト発売日だし、また気分新たに頑張りましょう♪
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-18 11:33 | 語学

試験終了!

『C.TEST』、本日終了~。
お仲間の皆様、お疲れ様でした。

が、いやもう~。まいった、まいりましたよ。(>_<)

試験会場の大学、地図どおりに行ったら門ががっちり閉じられてるわ、回り道して脇から入ったものの案内板ひとつないわ、おそるおそる校舎に侵入し(張り紙さえないのだ)、うろうろしてやっと教室を発見したものの身動きできないほど狭いわ、後ろの男性は存在そのものが騒音!っていうような方だわ・・・・・

って、そんな事よりも、問題が難しいよー!
半年間勉強をさぼったツケが見事にあらわになってしまったわ。
ヒアリング60問のうち、最後の方はもう「は?これ宇宙語ですか?」っていうくらい何もわからなかった。問題文を1回しか読まないっていうのも、すごいプレッシャー。
ベラベラしゃべりまくる声をポカーンとして聞き、マークシートはA~Dまでバランスよく埋まるよう適当にチェック。あ~、何てあほうなんだ私。

大体、絵を見て正しい答えを選ぶっていうの。一体何の絵?っていうのもあったし。
e0072264_2039753.jpg

↑この乗り物何?ベスパ?車?バイク?オープンカー??

文法問題は、80問と量がたっぷり。
わからない問題はバッサバッサ切っていかないと全問見ることができないかも。
私はもちろん時間ギリギリ。
最後の、ばらばらに並んだ文節を正しい文章に書き直す10問は書きなぐりだし、長文問題6問も斜め読み。
じっくり読む時間があれば、そんなに難しくなさそうだったのになあ。
e0072264_20533432.jpg

↑こんな感じのがずらずらと。

はあ~、もういいや。終わっちゃったんだし。
自分のへたれっぷりが十分わかっただけでも良かったよ・・・・(;-_-) =3
こりゃもう、E,Fレベルどころか、レベル外の「中国語やる気あんのかよ!」評価で返ってくるだろうなあ。5週間後が楽しみだわ。ふん。
全く、中・上級レベル受けようかな、なんて考えてた自分が恐ろしい。

というわけで、散々な試験だった。
次回は12月だって。

「ふっ・・・(苦笑)」( ̄∇ ̄;)  

[PR]
by nihaoperio | 2007-09-16 21:19 | 語学