<   2006年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

なんだか・・

フセイン元大統領の死刑が執行されたそうだ。
何だか割りきれないなあ。
果たしてそれでいいのだろうか。
う~ん、何だかショックだ。
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-30 12:18 | ぺりお考える | Comments(16)

釜飯みたいなケーキ♪

e0072264_921680.jpg

クリスマス用に、とジーゲス・クランツの釜飯風ケーキを買ってみた。
ぞうの柄がアジアチックでかわいい。(^_^)
器は後で十分活用できそうだ。
e0072264_9212148.jpg


中は、甘さ控えめのマロンクリームと、チーズクリームがたっぷり!
他に、チョコレートケーキ、チーズケーキ、丹波黒豆&渋栗があるようだ。
面白いので、ちょっと手土産にいいかもしれない。

お正月用に、もうひとつ買ってみよう♪
(本当は器がもうひとつ欲しいのだ)
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-28 09:42 | 真好吃! | Comments(7)

MAY YOU BE BLESSED

たまには、ゆったりと静かにこんな映像で日頃の疲れを癒しましょう。(^_^)

*英語勉強したくなります・・・・
  関係ありませんが、モンゴル語もちょっと気になりますね~
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-27 13:38 | 日常のひとこま | Comments(0)

あたふた、あたふた。

先週末から、何かとあわただしい。

まず、まる猫への注射がうまくいかない。
液漏れさせたり、刺す箇所を間違えて出血(後で内出血していたし)させたりしてしまう。
そうなると、当然血糖値は下がらず、尿チェックすると尿糖がでている。
がーん、である。

しかし、うまくいったらいったで体調が良くなるのだろう、食欲旺盛になる。
規定量では全然足りず、「ご飯出せ!」の大騒ぎだ。もちろん、あげない。
するとなんと、食事中のテーブルにスタッと飛び乗り、いかを咥えて逃げたのだ!
取り上げると、「フーッ!」などと威嚇し、あげくのはてに、こたつ布団にたっぷり嫌がらせの粗相をした。
この粗相、3日続き布団が残り少なくなってしまった。(-_-;)

こたつの上掛けは大きいので浴槽にお湯をはり、布団をつけ、重曹や洗剤をいれてクイックルワイパーの棒で突付き洗い。
絞ろうにも重いし、全身ずぶぬれになりながら洗濯機に無理やり詰め込んだ。
すごい重労働だった・・
他の布団は洗濯機で洗えるので問題ないが、こたつ布団はまいったなー。
ただ今、家中洗った布団だらけである。

そして今度はぺり夫がノロウィルス状態だ!
深夜に帰ってきて、食事後1時間くらいしたら、「おなか痛い、気持ち悪い」と言いだし、トイレに引きこもり。
でも、次の日は朝5時に出かけるから、4時半に起きねば、などと言う。
夜中トイレに行くたびに、私に「今何時?ちゃんと起こしてよ。ああ、くるしいよう~。」などとと言うので、全然寝られなかった・・・・(-_-;)
ふらふらのぺり夫が出かけた後、家中のノブや水栓などをアルコール綿で気休めの消毒。(効果ないけど)
ああっ!そうこうしているうちにインスリンの時間だよ~。尿チェックもしなくては。でもしてくれなーい!あたふたたたた・・・・

もうっ!みんなしっかりしてくれー!!
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-26 11:05 | 日常のひとこま | Comments(12)

大根づくし2

e0072264_9471375.jpg

さて、大根づくし第2弾。
クリスマスという事で、ちょっとパーティー気分の夕飯にしてみた。

NHKの「功名が辻」の総集編を見た後、ぺり夫が借りてきたDVDを見た。
高倉健の「単騎、千里を走る」と「デッドマンソルジャーズ」だったのだが、当然のごとく「デッドマン~」をセットされてしまう。ああっ、高倉さま~!

うーん、灰色の顔をしたデッドマン(ゾンビ?)ちゃんがドイツ兵達をかんでいた。(-_-;)
クリスマスなのに~。
せめて、雪だるまが人参の鼻で人を刺しまくるっていう「キラースノーマン」にしてほしかったぞ。


(ちらし寿司、まいたけと白菜の味噌汁、大根と人参のなます柚子入り、昨日の大根と厚揚げの煮物をバター醤油で焼いた大根ステーキ←これおいしい!、しいたけの佃煮、梅干、のりの佃煮)
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-25 09:58 | 真好吃! | Comments(6)

大根づくし

e0072264_9265775.jpg

昨日、近所のおじいさんに大根をいただいた。
畑の脇を歩いていたら、「大根持っていきなよ。煮るとうまいぞ~」と声をかけられたのだ。
そして、畑の大根をよいしょっと引っこ抜いて手渡してくれた。
すごーい!葉っぱつきの見事な大根だ。(^o^)
あまりのでっかさに、お風呂場に持ち込みシャワーで洗った。

夕飯は大根づくし。(ちょっと食べかけの写真でお見苦しいですが)
大地の恵みをいただいた気分だった♪

e0072264_9373455.jpg


(大根と大根葉と厚揚げの炊込みご飯、豆腐のお味噌汁、大根と厚揚げの煮物、とりむねをカリカリに焼いたのに大根おろし&ポン酢、大根と柚子の浅漬け)
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-24 09:38 | 真好吃! | Comments(12)

虎屋のひとくち羊羹

e0072264_9245058.jpg

取引先の業者さんに、虎屋の羊羹をいただいた。
羊羹って、1棹あってもなかなか食べきれるものではないが、これはひとくちサイズ。
タバコ大の箱に、2本ずつ入っている。
何か甘い物を少し、という時にちょうどいいのだ。(^_^)

味は5種類で、黒糖、抹茶、小倉、珈琲、白小豆。
さすが、天下の虎屋でどれもおいしい~♪

今日も、夕飯の後、濃いお茶と一緒に1本食べよう。
何だか、これだけの事で非常に幸せな気分になるぞ。

はっ、でも、今はクリスマスシーズンではないか!
まあいいか。ホトケ好きだし・・・^_^;
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-22 09:40 | 真好吃! | Comments(10)

ゆるやかに・・

今年は、ゆるゆると自分の人生の変換期を迎えているようだった。
ちょうど30代の最後の年、というのも関係しているのだろうか?

とにかく本をよく読んだ。
大体、私は凝り性なので、1人の作家の物や、関連した本を固め読みする傾向にあるのだが、今年はちょっと異常だ。
仏教、宗教、第二次世界大戦、台湾、精神世界・・一体どうなっているのか。

10月終わり、20年ぶりにシャーリー・マクレーンの「アウト・オン・ア・リム」に再会した。
学生時代、目からうろこをボロボロ落としながら読んだ本だ。
たった2ヶ月前の事なのに、どうしてまた手にとったのか、全く思い出せないのだ。気づいたら、読みふけっていた。不思議だなー。

これをきっかけに、ブライアン・L・ワイス博士、ニール・ドナルト・ウォルシュ、エンリケ・バリオス、エドガー・ケイシー、ドリーン・バーチュー等20冊以上も読破。(病的だわ。ちなみに今はトルストイ「人生論」)
これらの本を読み、あらためて自分が今まで心に温めていた、人生に対する考え方は正しかったのだ、としっかりと認識できた。
特に、ニール・ドナルド・ウォルシュの一連の本は、何者かによって読まされたのだ、とはっきり感じる。(本にもそう書いてあったけど)
だから、人に読むようにすすめない。読む時期がきたら、読むようになっているのだろうと思う。

今の時代は、20年前と違って精神世界について話しても、敬遠されるようなことはなくなってきた。
ごく自然に「前世」、「輪廻転生」なんて単語が会話に出てくる。
オウム事件の頃など、そういう話になるとすべて「宗教だ。あぶなーい。」で片付けられてしまった。霊=お化け=怖い=浄霊するいかさま霊能者、みたいな図式もあったなあ。
今は、「オーラの泉」なんて心温まる番組を堂々と放送している。
私はこれはいい傾向だと思う。

まあ、詳しくは述べないけれど一人一人が心に思う力は、考えているよりもずっとパワーがあり、みんなが良い思いを抱いて生きていれば、全世界も向上していくという事だ。
他人も自分もみな同一なのだ。

読んだ本は、「ぺりお書店」においてあります。(^_^)

ああ、それからもうひとつ。
いろいろ体質的な事や、思うところあり、だんだん肉食ができなくなってきたのも変化のひとつだ。
ただ今、ゆるゆるとベジに移行中・・・・(日本では厳しいけど)
どうか責めないでね♪
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-21 14:07 | 精神世界か? | Comments(9)

さて、覚悟はできたぞ。

e0072264_9595945.jpg

昨日、検査入院していたまる猫が退院した。
夜の9時に病院へ行く予定だったので、会社の忘年会を抜け出し、ダッシュで向かった。途中、電車が事故でとまったりして結局30分も遅れてしまい、かなりあせりまくり。
昨日休みだったぺり夫と一緒に先生の話を聞いた。

まず、インスリンの投与量。
朝7時半に2単位。夜7時半に4単位。
単位というのは、インスリン量の量詞。(あれ?日本語でも量詞っていうんだっけ?)
1日6単位はかなり多い気がして不安になったが、通常の猫の2倍の体重のまる猫にとっては、少なめな量だそうだ。

今後、1番気をつけねばいけないのは低血糖発作だ。
ほとんどの人が1度2度経験するそうで、過度に恐れる必要はないが注意深い観察と、適切な処理が重要だそう。まる猫の近くに、常に砂糖水を置いておくよう指示された。緊張、緊張・・
とにかく命を落とす危険があるので、ここは気を引締めていかないと!
これからは、朝にも注射をするので留守中に発作を起こさないよう細心の注意が必要だ。

これからやる事。
①朝晩インスリン投与の前の尿チェック。(尿糖が陰性だったらインスリンを控える必要も有り)
②朝晩定時にインスリン投与。
③毎日の飲水量、尿量チェック。
④食事の徹底管理。
⑤記録つけ。

うーん。結構ハードかな?
とにかく時間の制約があるので、しばらく慣れるまでは寄り道、飲み会厳禁だ。

でも、私がインドア人間でよかった。仕事も頑張ればほとんど残業ないし。
会社では、上司のご家族に糖尿病の方がいらっしゃる、という事でまる猫のことも理解してもらってるし。
ぺり夫が平日休みだから、夜の注射を打ってくれるかもしれないし。(本人曰く。自分の採血時に気を失うほどだから、とてもできない。だって)
先生は実に親身なすばらしい方だし。
なかなかに、介護の条件が揃っているではないか。

もうこうなれば、覚悟は決まった。
先生とぺり夫と連携してまる猫が気持ちよくすごせるよう、突き進んでいこうっと♪
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-20 10:40 | まる糖尿病と闘うぞ! | Comments(10)

はち、不機嫌

e0072264_10482862.jpg

昨日からまたまる猫が検査入院した。
はち猫が朝ご飯を食べているすきに、こっそりまる猫をバッグに入れ出かけたのだ。

昨日家に帰ったら、はち猫がものすごーく怒っていた。
抗議のニュアンスを含んだ大声で、いつまでも私の後について「にゃおぅん~、にゃおぅん~!」と鳴きわめいている。

どうやらこういう事らしい。

①どうしてまる猫がいないの?僕は今日1日ひとりぼっちでつまらなかったよ。
②最近、ぺりお達ちっとも僕と遊んでくれないじゃない。
③とにかくおなかがすいたんだよー!!

そう。まる猫が入院してインスリン注射時間を考えなくていいので、久しぶりにカフェ勉をし、いつもより1時間半くらい帰宅が遅くなったのだ。
ひとりで待ってたはち猫は寂しかったんだね。^_^;
それに、最近はまる猫ばっかりにかかりっきりだったし・・
申し訳ない。

はち猫は、その後1時間ほど騒いでいたが、膝に乗せている間にようやく落ち着いて寝てしまった。

今日は、まる猫が帰宅するので、2匹でゆっくりくっついて寝られるよ~♪
[PR]
by nihaoperio | 2006-12-19 11:00 | にゃんこ | Comments(6)