カテゴリ:旅・お出かけ( 34 )

中国語はとバスツアー

GWに、中国語はとバスツアー(「中国語でご案内するバスツアー 皇居・浅草と川下り」)に参加してきました。
連休で帰省された、ちゃいこさんと、Sさんと3人です。
ええと、ちゃんとした内容はちゃいこさんのブログでお読み下さい(笑)

バスに乗り込む時、おもむろにガイドの男性が「×〇△□◎▼??」と質問を!
(うわっ!この人なんか中国語で言った!さすが中国語ツアーだ!でも全然わからぬ!ヽ(`Д´)ノ)
と、白目になってたらすかさずちゃいこさんがお返事を。
おお、さすがです。たよりになります、ちゃい子先生。これでツアーは安泰。
どうやらお昼のお刺身を食べられない人は煮魚に変更する・・という内容だったようです。
しょっぱなからびっくり。
席は2人ずつで、ちゃいこさんは中国人の方のお隣で、私とSさんは2人で、という席順。
ガイドさんは南の香り漂う聞き取りやすい発音で、流れるように説明をしています。

なんとなくわかるようなわからないような。
最初、固有名詞がとにかく慣れないので聞き取りにくかったのですが、パズルのように漢字がぴたっとはまると、だいたい説明が理解できてくるではないですか。
このはまった感じがとにかく快感!

ふと「ぢあんふーむーふー」って言葉が耳に飛び込んできました。
何?このマジカルワードみたいな言葉??しかもゴロがいい感じ!
・・・・・・・・・あれだ!あれあれ。
「江戸幕府!」
もう、これに気づいたら妙にうけてしまい、その後しつこく連呼しては喜んでおりました。

皇居二重橋を散歩して、またバスにのり、東京駅〜秋葉原〜上野〜浅草へ。
ガイドさんが浅草寺の説明をしていた時、「秘佛」って言葉が。
私が「秘佛!秘佛!」と喜びいさんで連呼していたら(怪しげなの大好き)、すかさず隣のSさんが、
「秘仏っていうけど、本当はもう腐ってドロドロなんだって・・」
っていう耳より情報を!!(゚o゚;;
もうわたくし、それに心奪われてガイドさんのその後の説明全然聞いてませんでしたよ。
知ってました?浅草寺の観音様は腐ってドロドロ・・・(笑)

浅草では1時間ほどのフリータイムがありました。
仲見世で揚げ饅頭食べたり、刀剣屋(!)みたり、あれこれお参りしているうちにもう残り時間が20分くらいしかなくなってました。
すると、ちゃいこさん、「もつ煮とビール!」と。
早速私たち3人、もつ煮通りのお店に直行し、生ビールにもつ煮、韓国風キムチのもつ煮を注文。
その時点で残り10分!
やー、でもちょっと嘘みたいにおいしい煮物でびっくりしましたよ。
「とん平」というお店で、結構有名みたいです。
マツコデラックス風の豪快なママさんがいらっしゃいました。
今度浅草行ったらまた寄ってみよう。
せっせと食べ、ビールいっき飲みし、集合場所まで走る走る。(酔う酔う)

e0072264_2259534.jpg


そしてそのままお昼の「かに道楽」へ。
結構ゴージャスなランチでした。
中国人の皆さん、バスの中でもそうだけど食事中も静かでお行儀よく、なんだか日本人ツアーみたい。
イケメンの若い兄ちゃんは、ちゃんと喫煙できるかどうかガイドさんに聞いてたし。
私としては、もっとはちゃめちゃな感じかなあ、と面白い事件を期待してたんですけどねー。(^-^)

食事の後は隅田川下り。
こちらは完全にフリータイムで、ガイドさんの説明もなし。
私たち3人は外も見ずにおしゃべりタイムになりましたー。
教材紹介してもらったり、魔道師的な事をして遊んだり。((ΦωΦ)フフフ…

下船したらバスで駅まで行って解散です。

あっという間だったなあ。
よく知ってる場所のツアーだったけど、想像してたよりずっと面白かったです。
交流という点では、今回は全くといっていいほど交流しなかったけど、しようと思えばいくらでもできる環境だと思います。
富士山へ行くツアーなどまる1日だと、また雰囲気違うかもしれませんね。
ガイドさんの説明もまとまって聞けるし、ちょっとした異文化体験でした。

中国語勉強もすっかりご無沙汰でしたが、これのおかげでほんのり再開する気持ちになりましたし。(単純ですねえ)
たまには気分転換にいいかもしれませんよ。中国語学習者のみなさまもぜひー。
[PR]
by nihaoperio | 2013-05-17 23:00 | 旅・お出かけ

神保町古本まつり。

神保町の古本まつり・ブックフェスティバルへふらっと行ってきました。(リンクはこちら

混雑してるだろうし、給料日前だしどうしようかな、と朝ちょっと悩みましたが、天気の良さに背中を押されまして。
10時半過ぎについたのですが、すでにすずらん通りは大混雑!
通りにずらりと並んだ各出版社のブースの前は鈴なり状態です。

しかし、まず目指すは東方書店!
店の前のブースは、いかにも「中国語野郎」って雰囲気の男性がたが取り巻いてました。
隙をねらって一番前へ。
そうしたら、なんと!
ずーーーーっと欲しかった「東方中国語辞典」があるじゃないですか!しかも新品!
値段は5000円。
2割引でもちょっと高いよな・・・と思いつつ、店の方に値段を聞いてみたら、
「あ、それ1000円でいいよ。どうせ返品する分だから。ほら見て。中のページが1枚折れてるだけなんだけどね。日本人細かいよー。」
と。笑 
ええ、もう速攻で買いましたよ。
初版でしたが、構いません。(すみません、まだ初版しか出てないみたい)
長年欲しい、欲しいと思ってたので。
同じく「東方広東語辞典」もありましたよ。

もう大満足して、あとはブースを端から端まで見て歩きました。
北朝鮮グッズとか女子パウロ会、ベースボールマガジン社、国書刊行会、軍学堂はじーっくり見た!

本だけでなく、食べ物の屋台が充実してるのにびっくりしました。
各店が屋台を出してるんですね。
ティーハウスタカノの紅茶までありましたよ!
でもさすが神保町。アジア料理が目立ちました。
私はシディークのトムヤムクンラーメンを立ち食い。(ほほほ)
牛肉や羊肉の大きい串焼きをジュージュー焼いてるのは迫力だったなあ。

お気に入りのオカルト&浮世絵専門古書店、原書房。
e0072264_19275920.jpg


お気に入りの、池波正太郎も通ったという「古瀬戸珈琲店」。
e0072264_19291035.jpg


裏通りの可愛い古書店。
e0072264_19333540.jpg


あー、面白い。
神保町はお気に入りスポットが多すぎて、1日だと回りきれないなー。

そして最後に有名なこの通り。
この雰囲気は変わらないで欲しい!
e0072264_193572.jpg


フェスティバルは明日まで、古本まつりは11月3日までなので、もしかしたらまた行っちゃうかも。
[PR]
by nihaoperio | 2011-10-29 19:41 | 旅・お出かけ

「京劇―中国人の心を知るヒント」【講師】加藤 徹(中国文化研究者)実演/魯大鳴(京劇俳優) へ行ってきました。

講師の加藤徹氏は、前回の日記に書いたNHKカルチャーラジオ『中国古典のスターたち』の講師をされています。
また、魯大鳴氏は、NHKテレビで中国語にずっと出演されてますよね~。
そのお二人が講座をされるなんて行かないわけにはいきません!

場所は京橋の中央公論新社です。
まずは早朝勉強同志(笑)と、ずっと気になっていた『ダクシン』でランチ。

e0072264_834152.jpg

やわらかな味でおいしかったです。(写真の青唐辛子&ミント入りの青いソースは微妙~)


講座は、まず魯大鳴氏の「变脸(変面)」から始まりました。
変面とは、四川の川劇(地方劇)発祥の顔の早変りの芸です。
布製の面を何重にも被っているのはわかるのですが、いつどうやって変わるのか全くわからないんですよねー。
口でプッと吹いているのか、糸でひっぱってるのか、本当に瞬時で次の面が現れます。
ビデオにとって検証してもどうしても解明できなかったという幻の芸を間近で観ることができて大感動でした。
今回は10枚の面の中に、日本の歌舞伎と能の面が入ってました。

京劇に関することわざは、みんなで中国語読みして授業みたいでしたよー。
魯大鳴氏の発音の美しさにうっとり・・・。

台上三秒钟,台下三年功。
一天不练自己知道,两天不练行家知道,三天不练观众知道。


などは、京劇の学校で常に言われているそうです。
語学でもあてはまりますね。

京劇メイクをモデルさん(編集者さん)を使って実際見せてもらったり、歌や型、劇中のセリフなど、興味深いことばかり。
特にメイク後、被り物をする前に頭を布でしっかり巻くのですが、頭部の感覚がなくなるほどきつくて、舞台に立つ直前に巻かないととっても我慢できるものではない、というお話。
顔全体をキュッと吊って凛々しい顔にするためらしいですが、なんだかもっと良い方法が今ではあるんじゃないかな・・とか思いましたよ。笑
モデルになった方も30分くらいでギブアップしてはずしてもらってました。

e0072264_8435160.jpg


印象に残ったのは、「中国人はまず枠組みありき」という事でした。
京劇はもちろん、普通の生活内でも。
中国の美意識は、枠があり、予定調和の中で物語が進んでいくということです。
政治家でも、おのおののキャラクターをしっかり演じる?といいますか、役割認識しているような。
知性の人、感情の人、意志の人。雅~俗。
京劇でもしっかりと分類されて、最初に役割を師匠から決められるとずっとそれを演じるそうです。

・・・日本の政治家のようにやたらぐにゃぐにゃへらへらしてしていない、というのがわかりやすかった・・・。


加藤氏の軽妙なトークと(芸人!芸人!)、盛りだくさんの内容であっという間の2時間半でした。
今度は実際の京劇を見たいなあと思います。

それにしても「变脸」の仕組みはどうなってるんだろうー?
[PR]
by nihaoperio | 2011-07-31 08:48 | 旅・お出かけ

素晴らしい冬の晴天の中、茨城県の大洗へ行ってまいりました。
初日の出特集の雑誌で見かけた、海の中に立つ鳥居を見にいったんです。

場所は「大洗磯前神社」。

海に面した古い神社です。
1年に1日かな?海から昇る朝日が海の鳥居、二の鳥居を抜け拝殿まで一直線に通るそうなんです。
その瞬間を捉えようと、たくさんのカメラマン達が集まるとか。

確かに海の鳥居から拝殿までは本当にまっすぐ!
産まれたての太陽を受け止める神社なんでしょうね。
一度日の出を見てみたい。


e0072264_14404261.jpg

独特の装飾がほどこされた拝殿。

e0072264_14451220.jpg

鳥居から海が見えるよ!

e0072264_14513894.jpg

この階段を下りてきて、、、

e0072264_1442451.jpg

海にたたずむ神磯の鳥居。神々しくて言葉を失います。

こんな風景を見ると、日本の地に生まれてきたことの感謝に打ち震えます。


この後は現世に戻って(笑)、海鮮市場であんこうのから揚げ食べたり、干物を買ったり、回転寿司を食べたり・・・。

ついでにお隣の水戸にも足をのばし、フライング咲きの梅と青空を楽しんできました。
水戸偕楽園内にある、「好文亭」住みたいなあ・・・。

e0072264_14484827.jpg


e0072264_1449155.jpg

[PR]
by nihaoperio | 2011-01-23 14:53 | 旅・お出かけ

初詣。

初詣に行ってまいりました。

何となく西新井大師へ出向いたのですが、あまりの混雑ぶりと、なにやら現世利益を求める人の念みたいな物が(笑)濃厚に渦巻いていて、2人して気持ちが悪くなってしまいました。
e0072264_9425463.jpg


そこで、ふと思い出した、地元にある野田の「櫻木神社」へ。
ここは最近雑誌などでたまーに取り上げられることがあります。

住宅街の中にひっそりと建つこの神社。
境内に1歩入ると、空気がガラリと変わります。
すごく明るくて華やか。

「藤原鎌足公五代の後胤で、冬嗣公三男の嗣良公(良方公という説も)が、この地に居を移した時、この処に桜の美しい大木があり、公がこれの木のもとに倉稲魂命と武甕槌命の神を祀ったのが始まりです。」
(神社HPより)

とあるように、古い古い歴史を持っています。
またこの藤原鎌足ゆかりの・・・というところが、個人的に縁浅からぬ物を感じますね~。

境内、いたるところに桜のモチーフが。
e0072264_9432175.jpg

e0072264_9445277.jpg

e0072264_9451713.jpg


ご朱印帳やお守り、破魔矢も桜の柄で華やかでしたよ~。

拝殿の美しいこと!
e0072264_9482666.jpg





境内ではUFOに吸い上げられる人が!!!・・・・・・・・嘘です・・・・(゚益゚`) y-~~
e0072264_9581295.jpg



静かで、とても気持ちがよく、すっかり気に入ってしまいました。
桜の咲く時期に、また行ってみたいと思います。

良いお正月でした。
[PR]
by nihaoperio | 2011-01-05 09:59 | 旅・お出かけ

またまた神社巡りをしてきました~!

最近はやりの「パワースポット」巡りじゃありませんよ。笑
あれはちょっと苦手ー。
パワーストーンじゃらじゃらつけた人が踊ってそうだし、怪しい瞑想とかしてそうだし、「感じるわ!」とか叫んでそうだしー!ヽ(*`Д´)ノ゙

今回は、富士山本宮浅間大社。

この神社、実は2年前に夢に出てきたのですよ。
絵巻物風の色鮮やかな俯瞰図がバーンと出てきて、「来い」と誰かが。
目が覚めて、ネットで調べたらまさにその俯瞰図通り。
赤々しい鳥居や拝殿、池・・・びっくりびっくり。
すごいネタだったので、ぺり夫にさんざん自慢したんだった・・。
それで今回、「富士宮焼きそば」ついでに行ってみようという事に。

その日はあいにく曇り。
しかも、御殿場で大きな事故があり、御殿場から裾野までは前の晩から通行止めでした。
下の道をゆるゆる走りながら、雲がかかる富士山を堪能。
渋滞もなく、朝9時頃には到着です。

e0072264_1123062.jpg

e0072264_1124629.jpg


まあ~、美々しい神社!
さすが、絶世の美女神、木花之佐久夜昆売(このはなのさくやひめ)がご祭神というだけあって、何もかもがキラキラです。
コンパクトな弓道場もありましたよー。いいなあ、いいなあ。

e0072264_2033622.jpg

e0072264_1131116.jpg

赤い鳥居と富士山と青空が、なんとも晴れやかな気持ちになります。

e0072264_1132867.jpg

念願の「富士宮やきそば」。麺がしっかりしてて美味しい~。

富士山見るなら「由比」でしょう!と、次は由比へ。
桜海老を買い、桜海老うどんを食べ大満足でございます。(食べてばっかりだ)

e0072264_114618.jpg

e0072264_1134176.jpg

由比のパーキングから見る富士山好きなんですよね~。



まだまだ時間があったので、じゃあ相模一宮寒川神社へ行こう、ということに。

e0072264_1144190.jpg

e0072264_115353.jpg

ここは、空気がものすごいですよ!
1歩境内に入っただけで、あきらかに変わります。
男性らしいというか、キリリと清浄で汚れがまったくない真っ白な美しい気。
歩いているだけで自動クリーニングされるような気がします。


いやー、なんとここレイラインの中心スポットなんですね。
レイラインって大雑把にいうと、夏至、冬至、春分、秋分の時に、太陽が昇って沈むまでの道筋なんですが、その時必ず寒川神社を通るそうなんですよ。
だから、この神社は「八方除」としても有名なんだそう。
まあ、いろいろな説があるみたいですけど。

レイラインはイギリスが発祥で、地球上いくつもあるそうですけど面白いですよね~。
中国だと「龍脈」っていうみたい。
ピラミッドとか、重要な構造物がきっちりライン上に存在してるのって本当に不思議。

うーん、古代、ものすごい巨大な人がいたのかもね。
上から見て、線上に正確にポッポッポッって印つけたのかも。でないと納得できないー。


そんなことで、なんだか苦手な(笑)パワースポット巡り風の1日になりました。( ̄ー ̄)
[PR]
by nihaoperio | 2010-12-22 11:20 | 旅・お出かけ

今日は、土気(とけ:千葉県外房線沿線)に先週オープンした、「ホキ美術館」へ行くはずでした。
こちらの美術館、日本初の、いや世界でも珍しいリアリズム(写実)絵画専門美術館なのです。
それだけでなく、建築も独特で超現代的といいますか、とにかく外観だけでも「ぎゃー!」と言いたくなるような個性的なもの。
場所はとってもマイナーですが、実はわたくし、以前近くに住んでいたので非常に懐かしいのです。
家からも1時間くらいで着くし。

そんなわけで、朝からいそいそ出かけたのですが・・・・。

土気駅でバス乗り間違えましたーー!!( ̄◇ ̄;)

「あすみが丘ブランニューモール行」に乗らなくてはいけないのに、なんと同じ番号のところから別の行き先のバスが出ていてうっかりそれに・・。
途中で気づいて降り、まあ朝早いし、ってことで適当にぶらぶら散歩がてら目的地へ向かうはずが・・。

10数年くらい前までは湿地帯や荒地だったここら辺、すっかり住宅地になっていました。
住宅の様式も各国仕様のまちまちな物で、カントリー調、英国調、スペイン調、ログハウス、純日本家屋、現代建築の権化みたいなもの、と飽きません。
そういえば、バブルの頃ここら辺にあった「チバリーヒルズ」群はどうなったんだろう??
なんとなく物質的格差のような物を感じつつ(笑)、まったりと散歩。

「さて昭和の森が見えてきたので、もうすぐだな。」と、これがいけなかった。
せっかくiPhoneがあるのに、まあ大丈夫だろうと森にどんどん足を踏み入れちゃった。
なんだか緑を見ていたら止まらなくなってしまって。
こうなるともう駄目です。
わー、きれい、とか、わー、気持ちいい、と思っているうちにあっという間に迷子。

e0072264_17564170.jpg

e0072264_17565897.jpg

e0072264_17571295.jpg


iPhoneでようやく確認したら、もう手の施しようもないほど遠くに来てしまってました!
戻るのもあまりに遠い、先はよくわかんないけど、山を抜ければなんとかなるだろうと。
それから、えんえん、えんえん、2時間半ですよ!
車しか通らない山の中。
歩いている人なんてひとりもいません。
車すら途切れたりすると、全くのひとりぼっちに・・・・。(ʃ◉ ◒ ◉)ʃ
猫がぺしゃんこになってたり、いまどき珍しい暴走族を見たり、巨大げじげじを見たり、狂い咲く桜を見たり、なんだかドラマティック。

結局、大通りに出てもバスはもちろんタクシーもなく、店もなく、のどかな日本の農村を見ながら「本納駅」という駅に辿り着いたのでした。

ええ、もうホキ美術館へ行く気力などなく、まっすぐ帰りましたよ。笑
来週再挑戦しようかな。
足の裏が剥けました!軟弱だな。

e0072264_1817955.jpg


こんなルートで。
緑の☆が目的地の美術館。
青がバス。赤が歩いた道。12キロちょっとかな。
あほだ~、本当にあほだ。笑
[PR]
by nihaoperio | 2010-11-07 18:17 | 旅・お出かけ

神社仏閣ぐるぐる。

終戦記念日の昨日。

神社仏閣をぐるぐる巡って来ました。

5時出立。

朝6時、靖国神社。開門にちょっと間に合わなかった。
すでに多くの方が参拝に来ていた。
会社に「靖国クッキー」買ったけど、果たしてこれ配っていいものかどうか。笑
だって袋ひとつひとつに日章旗と君が代が!素晴らしいぞ。

e0072264_20211446.jpg


e0072264_804314.jpg


朝8時~9時。高幡不動。
護摩焚きは10時からだし、奥殿や大日堂はまだ開いていない。
「ござれ市」という骨董市をやっていたので、剣道着の香りただよう藍染Tシャツを買う。
軍刀とか鉄ヘルとかお地蔵さんとか、いろいろ怪しげな物がいっぱい~。
完全に軍人の格好をしたおっさんとかもいて、興味しんしん。

e0072264_805598.jpg

e0072264_823247.jpg

参道の八百屋さんにいた「メロンマン」。目が光るみたいだった。

11時。甲斐善光寺。
想像してたよりも小ぢんまりしていた。
なんだかあっけらかーんとした気持ちの良いお寺。
地元の方がちらほら来ていた。
長野善光寺を模した巨大な木造の伽藍が見事。
宝物殿に呪われた眼球のない「実朝像」があるけど、気味悪いのでスルー。

e0072264_811125.jpg


11時半。武田神社。
折りしもの「戦国ブーム」でこちらはかなり賑わっていた。
境内に人懐こい鳩と鶏がいて面白い。
巨峰ソフトクリームを食べていたら、市長の挨拶が町内放送で流れ、時報と共に終戦記念日の黙祷の呼びかけ。

e0072264_812671.jpg

e0072264_814285.jpg


12時。近くのお店でほうとうを食べる。
店構えからして全く期待してなかったけど、かぼちゃの溶け込んだ汁がすごくおいしかった。
夏場に食べてるお客さんはほとんどいなかったけど・・。

e0072264_815732.jpg



13時半。釈迦堂PAで運転手休憩。
私はうろちょろ。
PAから歩いていかれる「釈迦堂遺跡博物館」が気になったけど、あまりの暑さに断念。
次回は土偶を作るのだ!

相模湖あたりで渋滞してたので、高速降りて下の道でゆるゆる帰宅。
なんと6時には家に着きました。

長ーい1日だったなあ。
今日は夏休み最終日。
家でのんびりDVD見よう。

仕事も中国語も復帰するの大変だわー。
[PR]
by nihaoperio | 2010-08-16 08:06 | 旅・お出かけ

深大寺へ。

気温35度を超えた暑い連休に、調布の深大寺へ行ってきました。

珍しく休日に休みがとれたぺり夫が、「深大寺と高幡不動のどっちかへ行く!」と前日の夜、声高らかに宣言したからです。
最近、私に気を使ってか、それとも本当に好きになっちゃったのか、休みが一緒になるといつも神社仏閣へ行きたがります。
信心深くて良いことね~~。
って違うの。高幡不動なら、門前の怪しいおみやげ物屋で新撰組饅頭を、深大寺なら蕎麦を、が目的みたい。

知らなかったのですが、深大寺、NHKの「ゲゲゲの女房」の舞台だったのですね。
それから連休中は、深大寺初の「ほおずき市」と「手作り市」も開催されていました。
かなりの人混みでびっくり!
10年前に来た時の記憶をたどりつつ、いろんなお店を見ていきました。
ほとんどがお蕎麦屋さん。
ほおずきの屋台はちらほらです。

境内は、灼熱地獄・・・。( ꒪⌓꒪)

e0072264_2041269.jpg


e0072264_20414334.jpg

本殿の白壁が目にしみます。

e0072264_20423185.jpg

百日紅の花が夏らしい。

お隣の護摩堂で、ちょうど護摩焚きが始まるところでした。
護摩迷!のわたくし、びびり気味でしっぽ巻き巻きのぺり夫を強引にお堂の中に引き込み参加しました~!

こちらのお寺は天台宗。
今まで体験したお護摩は全て真言宗だったので、ちょっと作法が違います。(お寺によって違うのかも?)
深大寺は、お坊様がお護摩の火に向かってずっと印を結んでいました。
その妖しくも美しい手の動きに釘付け・・・。うっとり。



お不動様のご真言は、大咒だったかしら?中咒ではなかったです。
ぼーぼー燃え盛る火と、お経とご真言と太鼓。
終了後は、身体がすっかり軽くなってました!!ぺり夫も「おおお、身体が!」とびっくり。
きっと音で細胞の調子が整うのでしょうね~。

その後、境内で開かれていた「手作り市」で猫小物を買ったり、地元の太鼓隊の演技を見たり。
そして、念願の深大寺蕎麦をいただきました!

・・・が、おおはずれのお店だった・・・・。がーん。
こういうのは事前調査をしないといけませんね。
でも、葛餅は美味しかったです。
e0072264_2115537.jpg


最後にほおずきの鉢を買いました。
e0072264_20403368.jpg


風鈴つきで2000円!高いような、普通のような。
まあ、お祭りだからこんなものかな?

そのほおずきちゃん。あっという間ににゃん太郎たちの餌食に!になる前に、外に出しました。
全く油断もすきもありゃしないー。( ・_・)ノ

e0072264_2161648.jpg

[PR]
by nihaoperio | 2010-07-22 21:06 | 旅・お出かけ

鎌倉大仏に会う。

美術館を出たのは1時半。

そのまま帰るのはもったいないなあ、どっか行こうかな、と平塚駅構内の「ベックスコーヒー」でランチを食べつつ考えました。

e0072264_2036821.jpg


おいしそうでしょうー?
なぜにベックスコーヒー?ですが、なぜかここ空いてて明るくて、朝見たときお昼はここだ!と心に決めたのですよ。

うーん、平塚に近いところっていったら、やはり鎌倉!
北鎌倉で禅&仏像&質実剛健を味わうか、海岸あたりを散歩して海を見て心広やかになるか・・・。

うむ、でもやはり鎌倉と言えば「大仏」だ。
今日は大仏オンリーで行こう!と決めました。ああいう大きい仏見ると元気になるもんね。

そこで、ぺり夫に「今から鎌倉の大仏に行くぜ!」とメールしたら、なんとなんと「俺も今大仏の前で仕事中!」という返事が!

工工エエエエェェェェェェェェ(゜Д゜;ノ)ノェェエエエエ工

何それ?すごい偶然。こんな時、ホラーな縁(えにし)を感じます・・・。

長谷駅で待ち合わせして、仕事がちょうど終了した夫を無理やり引きずって大仏へ。
いい天気なのと、長谷寺のあじさいシーズンなのとで、長谷の道はアメ横並みの大混雑。
ちょっとご無沙汰しているうちに、やたらとソフトクリーム屋さんが乱立していました。

e0072264_20422194.jpg

大仏やほー!やほー!!

大仏様に青空が映えて美しい。
この大仏様は右斜め下から見るのが一番男前?かな。
左側だとえらが目立ちます・・。
とはいえ、バランスがとれた美しいお姿。好きだな~~。

駅へ戻る途中の「恵比寿屋」で、蒸かしたての名物夫婦饅頭を。
お酒の香りただよう生地がふかふかで美味しい。
e0072264_20471665.jpg


そしてこちらも名物?ガチャガチャで出した大仏スーパーボール!!
罰当りね。しかもすでに猫のおもちゃ・・。笑
e0072264_20495964.jpg


海岸沿いで見かけた素敵なアクセサリーショップ。
e0072264_20492572.jpg


久しぶりに海岸のある海(港じゃない海)を見て、大感激でした!
海のない県で育ったので、海みると喜びます。

鎌倉、またゆっくり行きたいなあ。今度は観音様にも会わなくちゃ。
[PR]
by nihaoperio | 2010-06-13 20:54 | 旅・お出かけ