地下工作。


松岡 榮志,木村 守
Amazonランキング:252437位
Amazonおすすめ度:



いや~、地下工作ってほどの物じゃありませんが、最近の中国語学習。

ラジオはすっかり中断してしまった。(イヤホンすると耳痛するのが再発したので)

私の最大のネックはリスニングだけど、もうこれはとりあえず放置することにした。
だってわからないものは必死にやっても辛いだけだし、とにかく全然面白くない。
「中国語に触れてれば幸せ」という、徹底的に趣味である語学は、その時その時に自分が楽しいと思えることをやればいいや、と。
たまーに、激勉するのが自分の中でブームになる時もあったりして、そこら辺の波がまたいいのよね~。(^◇^)

今は、ひっそりと↑の本を読んでいる。
これ、2部構成になっていて、1部はひとつの中国語作文に対して、先生と生徒が会話しながら説明するって形式。
例えば、「上海についたら私に電話してください」という言い方を、「こう言えばいいの?」「いやー、それもまあいいけど、ちょっと中国語らしくないね~。」「動詞はああだからこうしてここに・・・」みたいな会話が見開き2ページにわたって展開される。
さりげなく文法事項も盛り込んであるので、肩の力を抜いて読みながらも、ほんのちょびっと頭に入ってラッキー!っていう軽い雰囲気である。

2部は、体育会系!!
ひたすら日本語文がずらずらと並んでいて、その下に書き込めるぐらいのスペースがある。
ただそれだけ。
なんせそれが1025文もよ~!!誰がこんなの全部やるのさ・・・(^◇^)
答えは説明なしの1文のみ。あまりの潔さと、シンプルさに大うけだ。
でも、こういうの嫌いじゃない。
ゲーム本みたいに、ペラペラと問題みたり答えを見たりして楽しめるし。
暗記しようとしたら地獄だけど・・・。

まあ、適当にゆるゆると。
前に日記に書いた「聴読中国語」、耳痛を理由に全然聴かず、文章書き写して自己満足的楽しみに使用している。
字の練習になるし(笑)、単語もちょっと覚えられるし良い感じです。

今年は、中国語学習は優先順位の下位なので、こんな感じで許してー。<(_ _)>
[PR]
by nihaoperio | 2009-03-13 11:07 | 語学