楳図かずおで中国語学習?

中国語ゆるゆる勉強宣言をしたところ、ちょうどタイムリーに注文していた中国語版漫画が届いた。

e0072264_8443469.jpg


楳図かずおの名作『神の左手、悪魔の右手』。

うわーい!ヽ(^o^)丿

中身はこんな感じ。

e0072264_8201912.jpg


面白そうでしょ?でしょ?

楳図かずおの作品って擬音が非常に多いのでどうするのだろうと思っていたら、手書きで書かれている物が多く、そのまま日本語だった。(「ブスッ」「ゲゲッ」「ヒィィィィ」「ギャッッ」など。)

この人の漫画は、ただ気持ち悪いだけではなくて、しっかりとストーリーが練られているし、なんといっても言葉遣いがきれいなのだ。
だから、中国語になっていても違和感なく、シンプルで非常にわかりやすい。

この前、彼の「恐怖への招待」というエッセイを読んだ。
こういっちゃなんだけど、すごく物事を真摯に深く考える人なんだなーと驚いた。
恐怖を描くという事に対してここまで多角的に、分析的に考えているとは。
だから、ただ単にグロテスクな物を見せて怖がらせるだけの底の浅い作品にはならないのだな、と感心した。
今年は「赤ん坊少女たまみ」も映画化されるし、ますますの活躍を期待してしまう。

この本の帯書きに、「警告」とあって、18歳未満の人に貸したり売ったりしちゃだめよ、みたいな事が書かれている。
小学校低学年の頃から愛読している私って・・・。(-_-)
[PR]
Commented by ゴルゴなおきち at 2008-06-15 13:16 x
外国語版のマンガって本当に勉強になります。
絵が日本の絵なので、親しみやすいですし。
私も何冊も購入しております。これも十分に勉強の1つです。
ちなみに、「稲中卓球部」の中国語版にも18歳未満は
禁止みたいなことが書いてありました。
規制が厳しいのかもしれません。

あと、軽く自慢しますが、楳図かずお先生を
私は2回ほど目撃しました。
吉祥寺に住んでいらっしゃいます。
街中をフツーに買い物していたりします。
カラフルなおうちをつくられることで
少しニュースになりました。

ぺりおさん、楳図かずお先生ファンならば
楳図かずお邸を年に1回ほどでも
参拝すべきです!!!!!!!
Commented by nihaoperio at 2008-06-15 22:31
>ゴルゴさん
あああ~っ!
「稲中卓球部」の中国語版にするか、これにするかすごい悩んだのよ~。
でも何で稲中が18歳未満禁止なのかしら?下品だからかなー。

吉祥寺の楳図邸見学がてら、おしゃれなカフェでお茶を飲みつつ楳図漫画を読むのが、私の今年の目標のひとつです。
今度どこにあるのか教えてー♪
本人に会ったなんていいなあ~。
Commented by たけいし at 2008-06-16 09:57 x
うわー二人とも楳図漫画ファンなの!
私は子どもの頃読んで(うちの実家本屋だから)、夜トイレに行けなくなって以来だめです・・・。

って、恐怖物は全部だめなんですけどね。
Commented by nihaoperio at 2008-06-16 20:35
>武石さま
ご実家本屋さんですか~!
それはうらやましい。(^o^)

今から30年くらい前って楳図漫画第1期黄金時代でしたよね。
「蛇女」とか「ミイラ先生」とか「恐怖」とか。
なぜか学級文庫にいっぱいあって、みんなで争って読んだものでしたよ。
今思うとなんであんな本があったんだろう・・・。

来週持って行きましょうか?ふふふ。
Commented by rororo at 2008-06-17 06:43 x
そのようにして、ぺりおさんの中国語には恐怖・怪奇・絶叫の語彙がふえていくのですね。ぜひ中国人と会話してください。おもしろそうじゃないですかー。
Commented by nihaoperio at 2008-06-17 14:09
>rororoさま
恐怖・怪奇・絶叫モードで中国人と会話したら楽しそうですね~。
ずっと、変な顔しながら身振り手振り&怪奇擬音で会話が続いたりして。
中国ってホラー部門がものすごく遅れているので、教えてあげたいですー。何しろ、人間がホラーですもんね。^^;
Commented by まるりん at 2011-11-01 19:19 x
大好きな作品です!今日はDVDも借りて映画版を鑑賞予定。マンガの中国語バージョンほしいです。どこで買えるのですかー?
Commented by nihaoperio at 2011-11-26 08:41
☆まるりんさま
お返事遅くなりまして申し訳ありませんでした。
この本、「yesasia」というサイトで購入したんですよ。
http://bit.ly/sSUZ4S
中国語版漫画が結構あって面白いです。
「神の左手、悪魔の右手」は名作ですよね!
私も大好きです。
by nihaoperio | 2008-06-15 08:40 | 語学 | Comments(8)