なぜ上達しないのか?

中国語の勉強をはじめてから5年がたった。

当初の予定では、5年後には日常会話はばっちりのはず。
ところが、実際は勉強はじめて2年目ぐらいからずっと同じレベル。

町で中国人に道を聞かれても満足に説明できないレベルだ。
自信をもって答えられるのは時間くらいか?(-_-)

聴き取りもさっぱり。
いまやってるラジオ講座で、1週間のスキットをまとめて放送するのだけど、それがかろうじてわかるくらい。
しかも、ちょっと油断してるとわからなくなる。

こりゃやっぱり才能無し??(^◇^)

まあ、5年っていっても毎日ガリガリやってたわけじゃないし、休んでた期間も相当あるから一概には年数だけでは判断できないけど。


でも思った。いいんじゃないのって。
そもそも私が中国語をはじめたのって、理由がないのだ。
歩いてたら急に「中国語やろう」ってふっと頭に浮かんで、そのまま教室へ、というおかしな流れ。
仕事で使うこともなし、中国へ行く予定なし、中国人と交流する気も全然なし。

じゃあ何でやるの?って言われたら、そう。
「好きだから♪」なのだ。
あの発音を聞くのが好きだし、漢字が並んでるのも好き。

そうねー、しいて言うなら語学という捉え方ではなくて、外国の音楽って捉えてるのに近いかな。
意味わかんなくても、音を聴いているのが楽しいのだ。
こりゃ上達しないでしょう。

だから、私の学習は発音重視。変な発音は聞いてて気持ち悪いから。

あっ!怒らないで~!中国語学習者のみなさん。^_^;

こういう人がたまにいるって事で勘弁して下さいませ~。
[PR]
by nihaoperio | 2008-06-13 11:25 | 語学