まいにち中国語

相変わらず、中国語はTV講座とラジオ講座を聴くのみのゆるゆるぶり。

TVは5月からテキストを購入し、ドリルをやったり、日文→中文等を適当にやっているが、6月からはラジオのテキストも購入することにした。

こちらは毎日の練習問題の書き込み欄が大きいところ(そこか!)と、なんといっても毎日最後に出てくる「ことわざ」が気に入ってしまって。
月に20個ことわざを覚えたら、半年後は120個。
これ強みになるわ~。

5月は聴くのみだったが、たまに単語の漢字が思い出せなくて、昼休み本屋さんでテキストを見たりした。
昨日など「商店」shangdianが思い出せず、ほとほと情けなくなってしまった・・・。^^;
まったくもう~。

でも、书店の「shu」の発音の再確認ができて良かった。
ラジオでは「shu」が「ショウ」に近い音で聞こえたので、「あれ?」と思い実際自分で発音してみたら、私のは「シュウ」に近い。
よく考えたら、私の発音は口の丸め方が甘く、どっちかっていうと蛸みたいにチューッて形になっていたからだった。
音読からちょっと離れただけで、発音ってすぐに悪くなってしまうのだなと反省した。

来週からは、TV・ラジオ共テキスト有で勉強できる。
当分は新しい物を買わずに、これらをきっちり吸収していこうと思う。
楽しみ。^^

e0072264_1132670.jpg

↑猫らしくあじをねらう現場。

*はな猫に妹か弟ができそうです。(もちろん猫)急な展開にますますびっくり!
どうなる、ぺりお家!!!そして茶とらとの関係は!!!

[PR]
Commented by 630叔叔 at 2008-05-31 14:05 x
ことわざのほうは、おそまきながら
チチンプイプイってやつをやってますんで
chaikonさんのときと同様、遊んでやってください。

日本で言えば
あの人、やけに諺とか昔話を会話に引っ掛けてくるね
っていうぐらい、
中国では諺や成句や故事を使うんでしょうねぇ。

ってことはってえと、そういうのを言葉の
四方八方に散りばめれば、中国人っぽくなれる
そういう寸法ですね。

ところで、猫たちは互いの猫語は通じているのでしょうか?
それともボディランゲージで誤魔化してる?
Commented by nihaoperio at 2008-05-31 19:50
>叔叔さま
チチンプイプイありがとうございます~♪
学習させていただきます。^^
叔叔さんは、中国のお友達と話をする時に、成句とか故事とか使えるようになりましたか??
中国の小説とか読んでると、若い人同士でも頻繁に使ってますよね~。
日本人が日本語の会話で使うのとはまた違うニュアンスなんでしょうね。

猫達は、お互いに何か猫語でしゃべったり(ウニャ!ニャゴミャーみたいの)、手でチョイチョイ相手を触ったり、いろいろな方法で会話してるみたいです。
見てると面白いですよ~♪
Commented by rororo at 2008-05-31 21:51 x
ほら〜、やっぱり勉強してんじゃん…
雲南会B組としての誇りはないのか、ぺりお。(なんて因縁つけたりして…笑)

はなちゃんに長男・長女かと思ってどきっとしました。まさかね、まさか。
Commented by nihaoperio at 2008-06-01 08:42
>rororoさま
きゃー、本当に「ちょっと」だけですよー!^^;
雲南会B組としての自覚は重々・・・

はなちゃんはまだ娘ですよ。(多分)
実は今日の午後、新入りを迎えに行ってきます。
どうなることやら~。
by nihaoperio | 2008-05-31 11:07 | 語学 | Comments(4)