葡萄の樹の下で。

中国のチャイルド君から3度目のお手紙が届いた。
2月の日付だから、2ヶ月で届いたようだ。早いなあ~。
私は、なんだかんだとまだ2回しか彼に手紙を出していない。
短くてもいいから、たくさん出した方が嬉しいよね。
この春こそ出そう。今から書くぞ。(頭の部分)

この手紙に面白い事がかいてあった。
中国の七夕についてなのだが、牽牛、織女が7月7日に天の川の橋を渡って出会うのは日本と同じ。
そこに、「もし葡萄の樹の下で耳をすませば、牽牛と織女のプライベートな会話が聞けるかもよ!」って。(゜-゜)

何だかほほえましい~♪
お母さんに聞いて、一生懸命書いたんだろうなあ。

今から出すと、つくのは早くて6月。
黄金周と梅雨について書いてみよう~。(^^)/
[PR]
by nihaoperio | 2008-04-14 00:54 | 語学