自分の発音を聞いてみた。

中国語をはじめて4年。
その間、自分が発音している中国語を客観的に聞いたことがなかった。
唯一、学習はじめの頃、単語以前の発音練習の時にちょっとやっただけ。
いつも参考にさせていただいているブログ、「中国語を使いたい--効率的学習法を求めて」で、Shiraさんが、自分の発音を聞く事がどれほど大切かを繰り返し述べられている。
そうだそうだ、と思いながらも録音機材がない、とかいつかやろう、などと一向に埒があかず。

しかし、今の私は進化した。
「やろうかな?」と思ったことは、今すぐ実行する、がモットーだ。
それが、自分にとって良い事なら。

そこで、先日買った「トークマスターⅡ」の登場~♪
パンフレットに、教材の声と自分の声を交互に聞くことができる、という説明があったのを思い出し、早速挑戦してみた。
操作は、意外に簡単だった。繰り返したいフレーズの後に(録音/レッスン)ボタンを押し、そのままトークマスターに向かって自分で発音する。そしてまた(録音/レッスン)ボタン。
これだけで、教材のフレーズ、自分の発音したフレーズ、を何度も自動リピートして聞く事ができるのだ。
使った教材は、NHKラジオ中国語講座応用編の、高原さんのスピーチ。
高原さんの声の方は少し癖があるようだったので、李洵さんが読んだものにした。

結果は・・・・
「うっわー!!!」
だった。なんともたよりなーく弱々しい発音。これじゃあ、通じないわけだ。
単語ひとつひとつの音は、自分で思ったよりもきれいっていっちゃなんだけど、普通に発音できている。
ただそれを文章としてつなげていくと、大きなリズムにのらずぶつ切りになってしまうのだ。
「n」と「ng」の区別もあいまいになりがち。
やはり、日本人だなー。(しかも関東人。関西の言葉は比較的はっきり発音するから)
中国語は、音の抑揚が強いし、有気音・無気音がはっきりしている。
日本語のように口をあけずに発音できるような言葉じゃないんだ、ってあらためて認識した。
これからは、多少大げさでも声調や有・無気音を意識して練習していこう。
くっきり、はっきり!<(`^´)>

それにしても、この勉強法もっと前からやっておけばよかった。
毎回こうして自分の発音チェックをしていれば、変な癖がつく前に矯正できたかも。
すごく楽しかったので、今度は中国語ジャーナルのラジオドラマでやってみたいと思う。
やはり、感情がこもっている会話だと真似しやすそうなので♪
[PR]
Commented by gilko at 2007-09-30 13:01 x
まずは、殷さんの耳たこフレーズはいかがでしょう?(^o^)

(雄叫びを、ぺり夫様に見られないようにご注意くださいませ)
Commented by 630叔叔 at 2007-09-30 15:45 x
速報
 ゆうべ、いうか、今朝、元の派遣先の同僚及びパート女史面々とのダーツパーティの二次会で行ったカラオケBOXにて、私、とうとう中文歌デビューいたしました。
 鄧麗君の愛人・つぐない・会わずに愛しての3曲!
 画面に漢字(繁体字とカタカナのふりがな)が表示されますが、私は漢字のみをみるようにして、ときどき解らない部分はカタカナをみて、どうにかこうにか、初見で歌うことができました。っていうか、曲のメロディラインに確固たる自信がなかったので、日本語のカラオケをみんなで歌って、その直後に中国語バージョンを歌うという順序で歌ったので、曲として成立しやすかったです。
 ははは、三曲目は「時の流れに身をまかせ」を狙ったのですが、「幾時・・・」という訳に惑わされてクールファイブの曲(をテレサが歌った曲)が出てしまいました。日本語版→中文版という順でパターン化してたのに、読み違いをして読解力のまずさを露呈してしまいました。
 ただ、「逢わずに・・」は二時間ぐらい前に自分でも偶然歌った曲だったので、どうにかパート女史たちにはばれずにすんだようです。
 瞬時に読んで歌うのって、通訳を頼まれているようでとても面白い体験でした。
Commented by Shira at 2007-09-30 21:30 x
おお。すばらしいキーワードが!
「くっきり、はっきり」
「すごく楽しかったので」

私が言いたかったのはコレなんですよ。決して苦行なんかじゃないでしょ~。
Commented by まゆの at 2007-10-01 06:28 x
自分の言っているのを聞くって大切ですよね。私は怖くて出来ませんが。設備もないですし。しかしラジオドラマを聞ける教材もあるのですね。早くそういうものを活用できるレベルになりたいものです。
Commented by rororo at 2007-10-01 20:25 x
きのうJRの通販雑誌「Train Shop」を車内で見ていたら
見つけてしまったのら~「カラオケ練習機」!
マイクをすっぽり覆う機械で口元をふさぎながら思いっきり歌うと
外に音が漏れずに伴奏と自分の声がヘッドフォンから聞こえるの。
おろろ…中国語の発音練習にぴったりだわ~!と思ったのはわたしだけ?
Commented by nihaoperio at 2007-10-01 21:57
>gilkoさま
そ、それは・・・・・思いもよらぬすばらしいアイデアですね!
特にあの早口言葉の時のなんて大傑作でしたもんね。
よし。やつの目の届かないところでこっそりやってみよう。
(別の意味で見られるとまずいです。絶対喜んで真似すると思う・・・)
Commented by nihaoperio at 2007-10-01 22:00
>叔叔さま
おおっ!中文卡拉OKデビューですね!
「つぐない」は知ってます。他のは聞けばわかるかな・・・・?
うわさによると、これってすごくいい勉強になるらしいですよね。
中国語で歌いきったとき、みんなの目が「ハート」になってませんでしたか?^m^
私は、カラオケは苦手なので家でひとりこっそり歌っております♪

Commented by nihaoperio at 2007-10-01 22:04
>Shiraさま
ありがとうございます。ようやく実行に移せました。
こんなに楽しいとは、思いもよらぬ事でした。
話し方の素敵な女優さんの後をついて繰り返していけば、ますます励みになりそうです。
くっきり、はっきり、なのですが、つい大きな声を出せばいいや、っていう風になりがちです。小さな声でもくっきり、はっきりができるようになりたいなあ、と思っております。
Commented by nihaoperio at 2007-10-01 22:08
>まゆのさま
私も自分の声を聞くのは恥ずかしいな~としりごみしていましたが、いざ試してみたら興味の方が先に立って、思いもよらず楽しかったです。(内容はめためたでしたが)

「中国語ジャーナル」と「聴く中国語」という月刊誌が、今発売されている2大音声教材雑誌です。
ニュースやドラマ、エッセイ、インタビュー、問題集などなど盛りだくさんの内容なんですよ。もちろん、聞いただけでは半分もわからないので、読むのが中心ですけど・・・^^;
Commented by nihaoperio at 2007-10-01 22:10
>rororoさま
それは買っておしまいなさい!
そして、ブログに内容をupするのです!<(`^´)>

なーんて。一体全体どんな感じなのか、想像するととんでもない機械が浮かんできます。(防毒マスクみたいのとか)
本当に音漏れしないのかなー。
伴奏つきで、中国語を朗読ってかっこいいですね。
Commented by wangbaに今夜はお泊り叔叔 at 2007-10-02 03:33 x
自宅から2時間の場所の現場の仕事が
今日は16:00~24:00 明日は9:00~17:00
なのでwangbaに今夜はお泊り。
派遣会社登録社員はつらいよ。だね。
でも、きのう、ついにヘッドセット買ったよ。980円。
というのも、中国朋友から音声メールが(というかメッセ内で受信)
届いたからなんです。
留学から帰国したばかりの彼女、
英語の学習にとつにゅうしたのだけれど、
ついつい日本語にふれたくて、聞きたくてたまらなくなる
っていうんです。
うん。おいらもがんばらねばねって。
そう思った。
Commented by nihaoperio at 2007-10-03 09:27
>叔叔さま
お仕事お疲れ様です。
季節の変わり目、体調をくずされないようお気をつけ下さいね。
ヘッドセットって、チャット用ヘッドホンみたいなものですか?
一瞬、すごく怪しげなのを想像しちゃいましたよ~。(笑)
音声メールはもちろん中国語ですよね?
ああっ、叔叔さまがどんどん進化していく~!
またその続きなどお暇なときに教えてくださいませ。
Commented by L-monger at 2007-10-04 01:06
ぺりおさん、自分音声の録音始められたのですね、よかった、よかった。私は最近中国語でやってないのですが、今度またちょこっとだけ再開する予定です。ともにがんばりませう。

えー、相原茂先生が中国でホテルのフロントに問い合わせをしたとき、ふつーに中国語をしゃべってたら、一緒に来た友人が「そんなに喧嘩腰で話さなくても」と言ったそうです。だいぶ語調が「くっきり、はっきり」した言葉なのですね~。面白い。
Commented by 630叔叔 at 2007-10-04 07:44 x
今日は豪邸からの( ハハハ )アクセク。
アクセク?うん、確かにそうだ^^;
寧波の帰国朋友とは、音声、実現しました。
相手方にヘッドセットがないので、
スピーカーから私の声が中国中に響き渡ったそうです。(吸牛)
親御さんに聞こえてしまうぅと躊躇するから、親の年を尋ねたら、私より四つも年下。「なら何にも問題などなかろう!」と、音声を開始。
ああ、相手方はマイクがない!音声メ~ルは、学校で録音したものらしいです。
私の発音。外人ってわかるそうです(あぁ、私はついに外人になることができました。進歩といえば進歩でしょ)。でも上手だと誉めていただきました。
よ~し、これから音声でおしゃべりしまくるぞぉ~。あいや、ボイスキャストだ、ブロードバンドだ、LSIだ!(途中から意味が解らなくなっている自分)。
24エチュードを読み上げて、ヤフーにあるオジログに登録して、中国朋友から袋叩きにされてみようかな。そんな気になりました。
老人っぽく話したほうがいいかなぁって真似して聞かせたら、自然のほうがいいって。若く聞こえるそうです。(よ~し、彼女みつけるぞ~。\(_ _+)beki !)
Commented by nihaoperio at 2007-10-04 13:15
>るもんがさん
とうとうやりましたよ!(大騒ぎ)
トークマスターを開発してくれた人に感謝してしまいました。
えんえんとリピートしてくれるので、自分のあやしい発音が嫌でも耳にこびりつきますね・・・・
でも、私が今更いうのもなんですが、この方法は初心者必須ですね。やるとやらないとでは、その後の発音にすごい差がつきそうです。

相原先生の発音って結構マイルドだと思っていたのに・・・・
でも、いざネイティブの発音をそっくりコピーしようとすると、かなり「くっきり、はっきり」しないといけないのですよねー。
けんか腰?って言われるようがんばろうっと。
Commented by nihaoperio at 2007-10-04 13:25
>叔叔さま
やりましたね!とうとう音声デビュー、しかもスピーカーを通して響き渡らせるとは!(^_^)v
ちゃんと通じるところがすごいです。
これからどんどん音声チャットの世界へGO!ですね。
しかーし、叔叔さま・・・なぜに老人の声っぽく???
笑っちゃったじゃないですか。
私も機会があったらおばあさんっぽくしゃべってみようっと♪
by nihaoperio | 2007-09-30 10:08 | 語学 | Comments(16)