10月からの中国語

さてラジオ中国語講座の「耳たこ中国語」も今日で最終回。
きちんと聴き始めたのは、トークマスターを購入してからなので2ヶ月弱だが、今までになく細かい所に工夫がこらしてあって、初心者の方もずいぶん力がついたのではないかと思う。

今週は特別編の「力だめし」。
発音された単語、ピンイン書き込み、単語の意味等々、基本の「き」のチェックだ。
学習歴4年のわたくし。
「楽勝だろう。」と3回分まとめてやってみた。
しかし・・・100点→91点→85点、と回を追うごとに正解率ダウン。^^;
集中力のなさもさることながら、見直しをする、という重要な事を怠っていたせいだ。
答えを記入して満足してしまい、すぐさま答え合わせをするっていう・・・
結果をすぐ求めるっていうのが私の一番の欠点だなー。気をつけようっと。

10月からは、入門編・応用編とも以前の再放送だ。
せっかく習慣づいたラジオ講座なので、引き続き聴いていこうと考えている。
ただ、この応用編すごく良かったけど、文法解説が主なので語彙力UPが難しいかな、と思っている。
例文は、文学作品などからいくつか出されているけれど、ちょっと現実感がなかったような・・・

この前の「C.TEST」を受けて、文法力のしっかりとした基礎と語彙力不足がわかったので、10月からはそこを焦点にしたいと考えている。
今のところ候補として、
「誤用から学ぶ中国語―基礎から応用まで」(白帝社)
「トレーニング中国語-練習中心」(白水社)←これは無謀かな・・・
のどちらかを、毎日コツコツやってみようかな、と。

無理をすると続かないし、かといって多少の時間を割かないことには、だらだらそのままだし、そこら辺が難しい。
楽しい&眠い・・でもちょっと頑張るか、ぐらいのところでやっていこう。(^^♪

*ハングルは噂のキゾー先生だったので、おためしにひと月きいてみるつもり。
あこがれのトルコ語は、なんと10月から「語楽紀行」で再放送!やったー!
[PR]
by nihaoperio | 2007-09-27 09:58 | 語学