美しい暮らし

最近、部屋の整頓や、自分自身の外見のメンテや、食事などの手を抜いていた。
部屋の隅のほこりを見てうんざりしたり、鏡で自分の顔をみてびっくり仰天したり、体調を悪くしたり、やはり手抜きはすぐに結果として現れる。

この前帰省したとき、久しぶりに会った義父に、「うわあ~!すっかり老けておばあさんになったよ。あんた、不幸を全部しょってるって顔しとるわあ!」とびっくりされた。

「ちっ、やはりそうか・・・・」(ーー;)

このところの自分の衰えようには我ながらすごいな、と思っていたのだ。
駄目じゃないかーーーー!
ほったらかしで落武者のようになっていた髪も、美容師の義母が2日に渡ってカットしてくれた。かたじけない、母上。

部屋も客観的な目でチェックしたら、とんでもないインテリアだの(洋間なのに超和風座布団とか)、枯れかけた植物だの、ちょっと引っ掛けてずーーっとそのままの服だのでごちゃごちゃ。
食べる物が肉体を作るとしたら、目から入る風景は精神に影響するのだと思う。
美しくない空間で過ごしていれば、その変なオーラがくっついて自ずと人にそれが伝わってしまいそう。

食事もね~。この頃かなり手抜きしていたのだ。
夜中の甘い物のセーブもなかなかできず、パクパクと。

よし。今月中に生活を整えて、美しくすがすがしい生活を取り戻そうではないか。
幸い、ぺり夫は8月まで出張だし。帰ってきてびっくりさせるのも面白そう。

ええと・・まず掃除、いらない物を捨てる、座布団カバーを作る(買う?)、植物の手入れ、玄米菜食、顔マッサージ、ヨガ、中国語、良い音楽を聴く、ピアノを弾く・・・・・

ああっ!こんなにやるのかー。
美の追求って厳しい。(T_T)
[PR]
by nihaoperio | 2007-07-21 18:24 | 日常のひとこま