スピリチュアルって何?

「スピリチュアル」という言葉は、いまやすっかり定着した感がある。
*spiritual=精神的な、魂の、超自然的な

でも一体スピリチュアルって聞くと何が浮かんでくるだろう?
オーラの泉、江原さん、前世、天使、オーラ見えちゃった????
なんとなく違和感・・
いや、いいんだけど(こういうの大好きだし)、もっとシンプルに普通の事なんじゃないかな、と最近思ったりする。

去年あたりから、こういう精神世界的な、スピリチュアル系の本をたくさん読んだ。
40冊は下らないんじゃないかな~。
本当に、ミーハー的な軽いノリの面白いのから、四苦八苦しながら読んだ難解なのまで手当たりしだいに。

そして納得した。
"結局は全部言ってることは一緒だ。”って。
小説になっていても、エッセイでも、どれもこれも表現方法が違うだけで芯の部分は同じ。
宗教の真髄はただひとつなのを、キリスト教や仏教、イスラム、ヒンズー等々表現の形式や伝達方法が違っているのと一緒なように。

芯は何かって?
それは「愛」ですね。(ああっ!引かないで~。本当に誰もがそう言ってるんだもん)
自己への愛、他者への愛。
そして、自己も他者もひとつだって事。
「情けは人のためならず」ってことわざそのままだ。
そしてそして、それならば、ひとりひとりが良い思いを抱き、幸せになっていけば全体が少しずつピカピカ輝いていくってわけだ。

他人は他人じゃなくて自分なのだから、悪口を言えば自分に言っている事になるし、傷つければ自分を傷つけてるのと同じ事。
考えてみれば、そういうことすると自分の心がシクシク痛むではないか。

おおおお~、スッキリ♪
なんだか、もうこれ以上そういう本は読まなくてもいいかもしれないな、と思った。

ってそう思ったから買ったわけじゃないんだけど、おすすめ本。↓
e0072264_10474365.jpg

レジのバイトの子が、「袋にお入れします・・(ブフッ)か?」と途中吹き出していた。
すっごい面白かったけど、遊びに来た父親が目を輝かせて持って帰ってしまったよ。

やーん、せっかくいい事書いたのにぶちこわしだわ~。^_^;
[PR]
by nihaoperio | 2007-07-04 10:56 | 精神世界か?