範夫ちゃん♪

先日、実家の母から荷物が届いた。
「何だ、何だ?」と思ったら、なんとそれは『山崎範夫のミシン』!!
私がいつもいつも「ミシンが欲しい」と騒いでいたのを覚えていてくれたらしい。
非常非常感謝である。

この『山崎範夫のミシン』は、通販生活のランクで常に上位に位置している大人気ミシンなのだ。
何でも、簡単・丈夫・シンプルで誰でもすぐに使えるらしい。
いやー、でも、もっぱら手縫い専門でミシンなんてさわるの何十年ぶりだろう・・・^_^;
果たして使いこなせるかどうか心配だが、とにかく何か作ってみなくっちゃ。

布(といってもテディベア用のばかり)を詰め込んだ箱をガサガサしていたら、いつ買ったのかわからないホビーラ・ホビーレのスカートやワンピースの型紙が出てきた。
うーん、これに挑戦してみるか。
でも、今月のNHK『おしゃれ工房』にのっていたチャイナカラーブラウスにも心惹かれる。Ψ(`▽´)Ψ

って妄想ばかり膨らむのだった・・・・
[PR]
Commented by すみれ at 2007-02-13 16:08 x
お忙しくても、自分の時間を捻出される姿が、とっても素敵です♡
それにしても、親の愛情は、本当に感謝ですよね。
私も、父に感謝しっぱなしです。

素敵な作品が出来上がったら、写真アップ希望です♪
Commented by crescent at 2007-02-14 01:14 x
あっー、ミシンが!
ミシン楽しいですよ♪私の宝物は猫とミシンと布です(笑)
作品はもちろん山崎ミシンの使い心地もぜひupしてくださいね。
楽しみにしてます♪
Commented by nihaoperio at 2007-02-14 09:51
>すみれさん
ありがとうございます。
私の場合、単なる現実逃避って面もあるんですよ~(^^ゞ

そうですね。親の愛情ってありがたいなあと思います。
自分が誰かに対してそこまでの感情をもてるか?と考えると・・・
作品はながーーーーーーい目でお待ちくださいませ。(どきどき)
Commented by nihaoperio at 2007-02-14 09:54
>crescentさま
いつも、crescentさんの作品には目が釘付けです!
ソーイング超初級者の私から見るともう神業ですよ~。
もう今となっては、ファスナーさえきちんとつけられるかどうか、って状態なんです。
まずは、平たくて四角い物(マットとか雑巾とかブックカバーとか)から作ってみたほうがいいかもしれません。
今週末には動かしてみたいと思います♪
Commented by 630叔叔 at 2007-02-15 00:37 x
まずは、おじょうきん。それから、おリボン。そのおりぼんを使って、お買い物袋、それから、リュックサックと進むと良かろう。
針を曲げぬこと、怪我をせぬこと。
あ、死体と・・・じゃないワ!
下糸を切らさぬこと。
居眠りをしないこと。
さぁ、がんばってみよ~~~~う!
あ、糸と布と厚さと硬さによって、糸の圧力調整もせんといかんね。
Commented by nihaoperio at 2007-02-16 10:39
>叔叔さま
はっ、もしや叔叔さまはミシンにも詳しいのですか!
恐るべし。
ミシンの死体と(おっと)下糸って何だかやっかいだった記憶があります。
針ももちろん折ったことありますし。
久しぶりに不気味は作品を作って見ますね。^_^;
Commented by 630叔叔 at 2007-02-17 02:29 x
例えば、デニム生地(ジーパン生地)で、袋の取っ手になるおりぼんを、ねじれないように縫えたらたいしたもんです。
まず、両側を5ミリぐらい折り返して縫い付けます。
そのへりが裏の中央になるように裏に折り返して縫う。(左右片方ずつ縫うんだよ)
折り目が袋にならぬよう、折り目から5ミリぐらいのところをずっと縫う。
などとやると ようやくのことおりぼんができます。でも初心者は何本かDNAみたいに捩れたおりぼんができてしまいます。
生地にストレス(むだなひっぱり)を与えないようにまっすぐ縫うのが難しいのです。生地を送るカムと同じ速度で布を引っ張るのがコツかもしれません。
天国のうちのおやじから「ひっぱるんじゃなくて押すつもりでするんだんべがな」と叱られそうです^^;
また、左右から折るときの方向性が中心線に対して直角に折らないと、それもねじれの原因になります。これも、布を送るカムと同調するのがコツということになります。ね。
Commented by nihaoperio at 2007-02-17 19:36
>叔叔さま
あっ、やはりプロだったのですね!
リボンなんて難易度の高い物は後回しになりそうです。
アイロンとしつけ糸を使いまくりますよ。ああ、でも手縫いをしちゃうかも。
このミシンは超スローモードがあるらしく、それが初心者にはいいらしいです。
それにしても、布と糸が絡まって針が折れるショックっていったらないですよねー。(T_T)
Commented by hao3chi1 at 2007-02-19 21:27
おおー、有名な山崎ミシンを手に入れられたのですね。うほー。私も欲しくて仕方ないのですが、母が買ったミシンがあるので、もはや買い替えることもできず。(特に目立って使いにくいところもないので。)本当に通販生活に書いてあるみたいに、気楽にすらすら縫えるのですか。ぜひぜひ、使用後感想をアップしてくださいませ。
Commented by nihaoperio at 2007-02-21 15:31
>はおさま
私も通販生活を見るたびに気になっていたのですよ。
シンプルなラインといい、体験談といい、いいことづくめですよね。
作りたい物は頭の中にいろいろ計画されているのですが、まずは糸と布を手に入れなくては!
落ちついたら使ってみるので、使用後感想気長にお待ちくださいね♪
Commented by 630叔叔 at 2007-02-22 00:16 x
さぁ、想像してみてください。
スリッパ入れ。口が巾着みたいになっているやつ。てんてんと穴をあけてかがって紐を通すのではなくて、袋状に紐通しがあるタイプの巾着。
裏地もあるんだよ。表にも裏にも縫い代が見えないつくりだ。
さぁて、どういう順序で縫えばいいんだ?第一裁断は?布の方向性は?裏地と表がブカブカと離れちゃうように創るか、それとも裏地と表地が離れないでいるふうか?それによっても違ってくる。
 裁断して、縫うにしても、表面と裏面をどう向けたり重ねたりして縫えばいいんだ?
 こうなってくると、位相幾何学だね。メビウスの輪はどういう構造か?それを半分たてに切るとどういうものになる?脱いだセーターのポケットから10円玉が落ちないように裏返すには? というような位相幾何学の力をつかって考えよう。
 夜布団に入ってからかんがえてみよう。寝不足にならぬようにね!
縫うって面白いですよね。
 あ、ぺ氏は設計関係だっけ。お手の物だねきっと。・・・・   退散
Commented by nihaoperio at 2007-02-22 10:49
>叔叔さま
位相幾何学だなんて~!えーん。(>_<)
そんな事考えたことありませんでしたよ。
柄の見え方がいい感じに裏をつけてましたし。
確かに衣服なんかは伸びる方向は考えないといけないですね~。
というか、裏地のついた洋服なんて作ったことないです。

袋物は昔よく作りましたけど、今でも順序覚えてるかなあ。
底は輪で、脇を縫った袋を2枚作って重ねて、口を折って三折りして縫って・・・・
何とかできそうな気がしてきましたよ!(^o^)丿

メビウスの輪?
縦に真っ二つ????(゚o゚) 二重くるくるになるとか。(あほです)
セーターも謎でーす。縦半分にひっくり返せるかなあ・・・
Commented by 630叔叔 at 2007-02-23 02:54 x
例えばね、裏地と表地を同じ素材で、しかもそれぞれ裏と表の区別がつかない生地だとしよう。4枚の長方形の生地を重ねて、周囲をコの字に縫ってしまったとしよう。
すると、縫い代は今は外に出ているね。
これを真っ正直に裏返すと(右に2枚左に2枚持って、セーターぬぐみたいに裏返す)、どうなる?縫い代は上履き入れの中にできますね。
この縫い代が、表にも、そしてスリッパを入れる袋の中にもできないようにするには、どうしましょう。
 セーターを脱ぐようにひっくり返すとき、右に2枚左に2枚という風にもたないで、1:3でもってひっくり返してみよう。みごとに、表にも縫い代がなくて、上履きを入れる袋の中にも縫い代がない袋が出来上がります。
 この出来上がりを想定して、最初に4枚を重ね合わせるときに、表地と裏地の順序と裏・表をセッチングすればいいわけです。解るかな?わかんねぇだろうなぁ・・・。
 オレが表地であいつが裏地だったころ、やつは意固地だった。ゆふや~けこほやけへの~あかはとんぼほ~~
Commented by nihaoperio at 2007-02-23 10:30
>叔叔さま
おお!わかりましたよ。
裁縫というより、普通にひっくり返すお話だったのですね。ふむふむ。

私が中学生~高校生の頃って、女子学生の間でキルティングの袋にひもをつけたきんちゃくバッグが大流行していたんですよ。
彼氏に作ってあげて、ひそかに柄違いのお揃いとか、イニシャル付きとか。私はおくてで純情だった(本当ですって!)ので自分の分しか作らなかったけど。
ああー、懐かしい。
by nihaoperio | 2007-02-13 10:21 | 日常のひとこま | Comments(14)