布好き(日本編)

布が好きで、家中いろんな場所で活躍している。
今回は、和の布。

去年、京都の「掛札」さんで運命の木綿風呂敷に出会い、私の中で「風呂敷旋風」が巻き起こってしまった。
いかにも京都の老舗という感じのお店で、風呂敷が次々とバッグになったり、長い筒を巻いたり、大きな物を包んだり、と想像もつかない変幻自在を繰り広げてくれたのだ。
外国のお客様が「ミラクル!」と叫んだそう。でも納得だ。

そんなわけで、今うちにある布ミラクル達。
e0072264_10343497.jpg

↑今日これから手土産に持っていく、ものすごーくおいしい日本酒2本。(掛札さんの風呂敷)

e0072264_10371510.jpg

↑ざる豆腐のざるをちりめんの袱紗で包んでみた。

e0072264_10392999.jpg

↑友人がプレゼントしてくれた、いのしし柄手ぬぐいをティッシュケースに。

あきたら、ほどいてしまえばまた元通り。布って便利だ~。
[PR]
Commented by すみれ at 2007-02-04 03:34 x
すごく素敵♪
色んな使い方が出来るんですね。
手ぬぐいって、なんか懐かしいなぁ。
今は持ってませんです。
Commented by rororo at 2007-02-04 08:28 x
いいですね。精神的にゆとりのある大人の暮らしですね~(本心だからね)。次は更紗編かな?
ちなみに、仕事場でのわたしはタオラー。寒いので首にタオルを巻く、ガウンの代わりにバスタオルを巻き付ける。腰に巻けばアジアのサロン風に。布って便利。(ちょっと違うか…)
Commented by gilko at 2007-02-04 10:17
素敵っ! ちょっとした技でこんなに形が変わるとは、日本の大切な道具ですね。私も常備していて、旅行に行くときは必ず持っていき、洋服を包みます。一番使い易いです。和の包み方、知っておく価値有りですね。
Commented by nihaoperio at 2007-02-04 21:46
>すみれさま
ありがとうございます。
風呂敷や手ぬぐいって、無限の可能性があるみたいです。
最近は本なんかも出ていて、見ているだけで楽しめます。
この前、お店で手ぬぐいを見ていたら、きれいな薔薇模様のがありました。
結構、デザインが現代的な物が多かったので、姫系のインテリアにも似合うかも!(^^)/
Commented by nihaoperio at 2007-02-04 21:49
>rororoさま
本心なのですね?太谢谢您啊~♪
タオラー・・・・(ーー;)
首にタオルは想像できます。
アジアのサロン風、腰バスタオル・・・・
確かに布って便利ですが、違う・・・・・絶対に何かが違うと思う・・・・
あ、でも私も寒いからって毛布をミイラみたいに巻いたまま、ぴょんぴょん歩いたりするから、同類なのでしょうか?
Commented by nihaoperio at 2007-02-04 21:53
>gilkoさま
もう風呂敷&手ぬぐいは手放せませんねー。
私も旅行へ行くときは必需品です。
かなり大き目の木綿風呂敷は、包むのにも、バッグにも(これは愛用)、猫包み(赤ちゃんの抱っこ紐風)にも、なりますし。
もしかしたら、近所で「風呂敷女」という噂をたてられているやもしれません。
gilkoさんもいかが~?(^◇^)
by nihaoperio | 2007-02-03 10:43 | 日常のひとこま | Comments(6)