福祉住環境コーディネーター

「福祉住環境コーディネーター」という資格に挑戦してみたいと思っている。
これは、高齢者や障害者が生活をしやすいように、医療面、福祉面、建築面からさまざまな提案をするアドバイザーだ。

ここ数年、親が入院したり、祖父母を自宅での怪我がもとで亡くしたり、親戚で自宅介護が必要になった人が出たり、といろいろと考えさせられる事が続いた。
それに、今後ますます近しい人がそのような状態になる可能性が増えてくる歳にもなった。
また、「人が家でいかに快適に生活をするか」というテーマは、私の中で昔からずっとあり、アロマテラピーや愛玩動物飼養管理士等、次々と手をだしてきたのだ。
そんなわけで、ますますこの資格が気になってきた。

参考書を見てみたら、大雑把にわけると医療面・建築面・福祉面になっている。その外に介護に関する法律など。
医療面は、アロマテラピーの資格試験の時とかぶる部分が多くとっつきやすい。
また、建築面は、仕事柄出てくる単語は耳慣れしているし、実際実物を見ることもできる。
うーん、これはかなり勉強しやすいかもしれない。

資格をとって、仕事にいかすうんぬんは、まだまだその後のこと。
まあとにかく、7月の2級試験まで、ちょこちょこ勉強してみよう。(^^)
[PR]
by nihaoperio | 2007-01-28 22:05 | ぺりお考える