中国語を再開しよう。

私は常々「中国語は趣味」と言っている。
勉強を始めた頃は、将来自分が優雅に中国語を使って会話したり、本を読んだりしている場面を思い描いていたけれど、やるにつれてだんだん目的は「文章を読むこと」に傾いてきた。
ようやくここのところ、小説を「びびる」ことなく楽しく読めるようになってきた。(もちろん完全ではないし、単語も調べ調べだけど)
あとは語彙力を増やして、文法のあやふやなところを処々チェックしていけば少しずつ理解も深まるかと思える。

で、最初の「中国語は趣味」のこと。
これ、時に中国語学習者の方をとても不愉快にさせてしまうフレーズなのかもしれない、と思う。
語学を学ぶということは、読む、話す、書く、聴く、トータルで語学を学ぶってことだもんね。
その中の「読む」だけに特化するって、ちょっと不自然かも。
もしくは、話せない理由を「読むことが目的なんだ、趣味なんだ」って言い訳してるというか。
なんとなく最近自分でも「ちょっといつまでもそんな事言っててもな・・・」って気になってきた。(遅い、遅すぎる・・)

年が明けて、私のまわりの語学仲間たちが次々と「やるぞ」宣言をし始めたので、私も負けじと!
今年は去年の“まったりモード”から一段階アップしてみようと思う。
オンラインレッスンもお試し受けたままだし。

気負ってもいけないから、とにかく継続。
いきなりいくつも手をつけず、決まった量を毎日やり、徐々に習慣づける作戦を。


・・・って、なんか真面目に書いちゃったな。。。。(-౪-)

e0072264_1904178.jpg

[PR]
by nihaoperio | 2013-01-22 19:15 | 語学