中国語読書。

先日、余華の『活着』を読み終えて感慨深く思っていたところ、思いがけずツイッターで知り合った方が、本とDVDをプレゼントして下さいました。

『伶人往事』と『覇王別姫』のDVDです!

e0072264_21292167.jpg


嬉しいわーーーー!\(^o^)/



『伶人往事』は、日本語版では『京劇俳優の二十世紀』という題で発売されています。

京劇俳優の二十世紀
京劇俳優の二十世紀

なんと中国では発禁処分になっているそう。
政治と京劇の絡みはタブーなんでしょうね。

355ページというかなりボリュームのある本ですが、少しずつ読んでみようと思います。

ああ、京劇みたいなあ。
10月に、赤坂ATCシアターで、坂東玉三郎が昆劇『牡丹亭』をやるそうなので、ちょっとピクピク。
こちらをクリック

(上記HPより)

◆「牡丹亭」特別番組
9月12日(日)午後4時30分~54分(TBSにて放送)
「坂東玉三郎、究極の愛。新たなる美への挑戦」
ナレーター:中村獅童

言葉の壁、高音で歌いながらの演技、誇り高い中国人俳優たちとの衝突。
立ちはだかる様々な困難。
上海万博で絶賛を博し、この秋、東京で初上演されるまでの1000日間におよぶ坂東玉三郎の挑戦にカメラは密着した。


これは見なくちゃ!


056.gif中国語の勉強

今週から『漢語口語習慣用語教程』に入ります。
テキストですが、私はその日本語版『中国語口語表現~ネイティブに学ぶ慣用語』(東方書店)を使うことにしました。
テキストの紙質(笑)もさることながら、活字が読みやすいのと、日本語訳があるので・・・。
単語を調べる手間がはぶけるのがなんといっても嬉しい。
いや、本当は自力で単語を調べ、訳文を考えるのが最もためになるというのはわかっているんですが、今の私の実力だとこの密度の濃さに負けそうなんです・・・。
ただ、日訳を読んでわかったような気持ちにならないよう、その点を気をつけつつ進めていこうと思います。

難点はテキストが分厚くて重たい事!!
思い切って半分にちょんぎりましたよ。 ☜(゚ヮ゚☜)
美術展のチラシとビニールブックカバーでばっちり。かわいいでしょう?
ブリューゲル展とボルゲーゼ美術館展バージョンです。

e0072264_21423515.jpg

[PR]
by nihaoperio | 2010-09-07 21:43 | 語学