土偶。

土偶博士、Saito様の土偶話を拝読していたら、無性に本物の土偶に会いたくなってしまった。(゜_゜>)♫

東京国立博物館でも見られるけど、何度も見ているのでちょっと別のが見たい。
青森の合掌土偶が見たいよーぅ。遠いよ~。

って事で、今候補にあがっているのは、ここ。
『浅間縄文ミュージアム』
GWに長野へ行った時、松本でこの「土偶展」のパンフレットをもらってきたのだ。

e0072264_198370.jpg

e0072264_1981683.jpg


ほらこの、気の毒~なイメージのポスター。
「私は壊されるために生まれてきた」だなんてー。
一体土偶の人に何が!? (ФwФ)ピポピピピ・・・

土偶って、未だ解明されない点が多くて実に興味深い。
何のために作られたのか、どのように作られたのか、一体何を模しているのか・・。

有名な遮光器土偶も、考古学的には約4500年前に作製されたもの、とされているが、一説によると20万年前の製作だそう。
当時は高次の文明があり、その時使われていたロボットを模した、だとか、宇宙人を模した、とか・・。(笑)
考古学って、歴史学的にもオカルト的にも検証できて、飽きないし、夢が広がって本当に面白い。

e0072264_1917503.jpg

愛用の「土偶マスク」。だんだん怪しげなコーナーになってきちゃったよー。
(左から、山王日枝神社お札、遮光器土偶マスク、チベットの魔除け、魔除けのヘマタイト石、角大師の護符)


この夏休み、土偶ツアーかな!
あ、さきたま古墳群も行っておかないとー!



056.gif夏休みの宿題(中国語版『厨房』)

这个词是如此鲜活生动地展现在我的眼前,我就是如同第一次切身感到“水”一词含义的海伦。
(この言葉は、まるで初めて「水」という言葉を身をもって知ったヘレンのように、生きた言葉で、今私の目の前で新鮮にはじけたのだった)

・・・小説を翻訳するのって、やはり文学的素養がないと到底無理だな、としみじみ思う。

我这是借口说上厕所才冲回来的。
(トイレに行くって言い訳してダッシュで帰って来たのよ)

・・・「冲」の使い方が良い感じ。こういうシンプルな文でも中作文できそうもないなー。


e0072264_9482638.jpg

「木造駅」遮光器土偶型駅舎。
電車が来ると目がピカーッと光ります!
(写真:wikiより)
[PR]
by nihaoperio | 2009-07-20 19:39 | 日常のひとこま