素敵な朝帰り。

昨日は、学生時代の友人と久しぶりに集まって思う存分おしゃべりを楽しんだ。
場所は地元の、これまた同級生のやっているお寿司屋。
ここは、いつ行っても誰かしら同級生がつどっている。
毎回心が癒される大切な「イヤシロチ」だ。

昨日もふらりと同級生が現れ、昔話から、熱帯魚、料理、映画、武道、うなぎ・・・等々大盛り上がり。
おいしいお寿司を思う存分食べ、おいしい焼酎やコニャックまで空にして、「さて、名残惜しいけどそろそろ・・」って事になった。

それがびっくり!

時計を見たら、なーんと0時20分!!Σ( ̄ロ ̄lll)Σ( ̄ロ ̄lll)Σ( ̄ロ ̄lll)

・・・・終電ないです・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)

はい。タクシー代ももちろんないです・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)

明日は仕事です。Σ( ̄ロ ̄lll)

短時間に脳をフル回転させる。


①ファミレスで始発まで。
②ネカフェで徹夜でゲーム&ネットし放題。
③ぺり妹の家へころがりこむ。
野宿
⑤近場のビジネスホテルに泊まる。

優しい友人たちは、家に泊まりなよ(女子)、とか朝までカラオケ行こうぜ(男子)と言ってくれたけど、ご家族もいるところ、こんな夜中にお邪魔できない。
次の日仕事のみなさんをカラオケ地獄に落とすわけにもいかないしー。
とりあえず妹にメールしたけど、やっぱり家族とはいえ深夜急襲はいかんでしょう。

ここはやはり、一番まっとうな案、ビジネスホテルに泊まることにした。

いやー、夜中の1時すぎにチェックイン。ちょっとわくわくしてしまった。
猫毛の1本もない清潔なお部屋で、アナログではないTVを見て、ベッドで眠る。
仰向けに寝ても、猫に踏まれるおそれもない。
すごいなー。どこぞのマダムみたい。ほーほほほ。(^◇^)

2時に寝て4時に起床。
始発で家に戻り、出勤。
帰った途端、猫たちが一斉に膝に乗ってきて甘えまくり、かわいかった。


そんなわけで、今日は少々芸能人気分で、眠たくも楽しい1日なのです。

おっ、休憩時間終了~。仕事に戻らねば。∠(゚ぺ ピシッ!
[PR]
by nihaoperio | 2009-07-03 14:15 | 日常のひとこま